スイス Eigerを見ながら・・・

b0076967_226158.jpg
b0076967_2261638.jpg

b0076967_14583553.jpg

スイスは一番向こうに真白い雪を被った4000m級の山、手前に緑の低山、足元に咲き誇る花々と言う、
ある一定のパターンを持った写真がどうしても多くなります。
毎日歩いている時は山の稜線の美しさ、氷河の荒々しさ、美味しい空気、咲き乱れる花、突然現れる
緑色の湖など、まったく飽きることはありません。
でもあとで写真を見ると、その一定のパターンに集約されてることが多いと気が付きました・・・(^^;
写真はベルナーオーバーランド地方を代表する山の一つEirer(アイガー)です。
少し左側のfirst方面から見たものと、グリンデルワルトの街から見た正面の写真。
自分でも「本当に同じ山?」と思ってしまいます。
左側からは三角に尖った山で、正面からは台形っぽい山に見えます。
山の形って場所によって変化するから、覚え辛い・・・。

涼しい風を受けながら、毎日こんな道を歩いた日々・・・。
歳と共に、海より山にどんどん惹かれて行くのは何故だろう・・・?

[PR]
by jasminetea-m | 2009-08-11 22:45 | 旅が大好き☆ | Comments(2)
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2009-08-13 22:16
アイガーって聞くと身震いしてきます。
北壁なんて無理だけど、通常ルートだったらガイド付きで登れるでしょ。
グランドジョラスやマッターホルン、憬れですね。
ヨーロッパ・アルプスとヒマラヤ山系の有名なところ、
山頂までは無理としてもB.Cまでは行って見たいです。
高度馴化が心配ですけど。
Commented by jasminetea-m at 2009-08-14 19:27
TGokurakuさん
山がお好きなのですね・・・。
私みたいな山歩きとはまったく違った本格的な山登りなのですね。

日本人で初めてアイガー北壁登頂に成功した方ご存知ですか?
私は現地で今回初めて知ったのですが、その日本人をガイドしたスイス人
の孫に当たる方が経営してるホテルに泊まったようです。
向こうで知り合った日本人ガイドさんに教えて頂きました。
お孫さんと言っても、もう40歳ぐらいの女性の方ですが。
その方にはとても良くして頂いて、素敵な思い出になりました。
<< スイス グロッセ・シャイデック... Astier de villat >>