フランスのお茶目

b0076967_18141578.jpg

サン・ジェルマン・デ・プレ界隈を歩いている時、こんなウエディングドレスをショーウィンドウに飾っているお店を見つけました。「Je t'aime moi non plus」と書いてあります。これセルジュゲーンズブールの有名な曲。ジェーンバーキンとのデュエットで、当時物議を交わし有名になった曲。そしてかなり結婚にはそぐわない内容…。そのタイトルそのものを思い切り大きく刺繍したウエディングドレスを、堂々と飾るドレスショップ!。このお店、中にはいっぱいウエディングドレスやパーティードレスが並んだ、ちゃんとしたドレスショップなんですよ。このお茶目さがフランスの魅力そのものだと思えて、楽しくなってしまいました。明日もフランスで見つけたお茶目なものをお見せしますね〜(^-^)v
[PR]
by jasminetea-m | 2009-10-27 18:14 | 旅が大好き☆ | Comments(2)
Commented by pas-mal at 2009-11-02 22:55
je t'aime moi non plus
という映画、DVDで見たことあります
若い頃のバーキンが見たくて。。
私、十分オトナですが、かなりショッキングな内容でした
(子供は見ちゃダメ!)
でも、ボーイッシュなジェイン・バーキン、素敵でした
Commented by jasminetea-m at 2009-11-03 07:03
pas-malさん
私もその映画観ました、やはりDVDで・・・。
ジェーンさんは当時の長い髪とミニスカートの可愛いイメージと違っていて、
又別の側面から観ている気がしました。
セルジュは人を驚かしたり、問題提起するのが好きな人だから・・・。
でもシャルロットを見る父親の眼差しに、人間らしさを感じた私でした(^^;
<< ケーキ? 120歳のエッフェル >>