フランス核廃棄物処理施設爆発

b0076967_8561884.jpg

日本時間昨夜、フランスのプロヴァンス地方マルクールという所の放射性廃棄物処理施設で爆発が起こったそう。
アヴィニョンから20kmの距離だそう・・・。
そこには数年前の旅で知り合って、今も時々メールをしてる友達が住んでいます。
彼は日本語が堪能で、旅先で困っていた私を助けてくれた人。
福島原発爆発の時も心配してくれてすぐメールが来て、個人でも出来る対処法を教えてくれた。
今どうしているのか・・・、まだ連絡が付きません。

日本は、世界は、原子力発電などに依存していたら、地球ごと滅びるのでは・・・そんな思いがする。
一部の人間の金儲け。
原子爆弾を作るための材料集め。
それが原子力発電の本当の存続理由。

今回のフランス旅はプロヴァンス地方を巡る予定だったので、行けるのかどうか検討中です。
「当面は放射性物質の外部漏出はない」と、仏原子力庁は言っているらしい。
「当面」って何!?
どこかで聞いた「ただちに・・・」と同じセリフ?

日本でも真実を暴く本が一杯出版されたり、デモが起きているけれど原発廃棄への動きは起きていない。
どこかおとなしく、真実を知らない人も多いけど。
フランス人は黙っていないだろう。
大騒ぎになる。
それが日本にも波及するだろう。
当然世界中に波及するはず。
そういう意味では意味のあることなのかも・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2011-09-13 09:31 | そのほか | Comments(2)
Commented by c-d-miel at 2011-09-13 18:11
今この時に・・・・なぜ??!と思った。

だけど 皆の関心が一気に高まって
もっともっと 脱原発に向かってほしい。

大騒ぎして欲しい!!
意味があるんだよ。きっと。

jasさんのお友達が無事でありますように。

Commented by jasminetea-m at 2011-09-14 11:46
mielさん
本当にこの時に・・・。
昨日夜のTVニュースで見たのが最後ですが、もうネットニュースの
トップにはこのこと出てないですね。
どうなったのか・・・?

アヴィニョンの友達とは連絡取れました!
やはり「大丈夫だよ」と書いてありましたが・・・。
<< フランス近し・・・ 和食カフェ >>