子育ての指針 3

b0076967_1193254.jpg

誰も「私は完璧な子育てが出来た!」と自信を持って言える人は居ないだろう。
私だって勿論同じ。
もっとああしてあげてれば・・・と反省するところもある。
勿論完璧なんてない。
でもね、せめて経験者として、今思うことを書きたい。

この頃聞くことが多い「子供虐待」、そのまったく180度反対にあるように見える「モンスターペアレンツ」。
でもどちらも根は同じではないか・・・と思うのです。
どちらも自分が一番。
自分が一番大切だから、言うことを聞かない子供(又は赤ん坊)が邪魔な存在に思えて仕方ない。
自分が一番大切だから、その自分の子は何をしても良いじゃない、こんな可愛い子他にいないわ。
そんな考えでいるのではないか・・・。
どちらも完全狂ってますけどね。

10年前まで10年間「雑貨屋さん」をしていた。
経営してる10年間の間に、どんどん親と子供の関係がおかしくなって行く・・・と思った。
まだ初めの頃(20年前)は、壊れやすい商品にさわっている子が居ると注意出来る親が居た。
それが段々注意しない母親が増えていった、それでも父親が居るときちんと叱っていた。
それが10年経った頃には父親もほとんど叱らず、食器など壊れ物も一杯ある店の中を走り回る子が
居ても、「うちの子は元気いいなあ」みたいな顔をして見ていた。
それから驚いたのは、母親は家事にパートに忙しく働いているのに、子供には何一つ不自由はさせたく
ないと、中学生になった娘に一切の家の手伝いをさせず、遠い塾の送り迎えまでこなし、「又迎えに行く
までの15分間が私の唯一の自由時間なの」と言い、慌てて買い物をしていた人も居た。
おかしい・・・おかし過ぎる!
母親は子供の奴隷か?と思った。
そういうふうに大切にされ過ぎ、好き勝手に育った子供達は、今自分が親になり、自分の自由にならない
子供を疎ましく思い虐待するのではないか?
又は自分がされたように大切にし過ぎて、「世界一可愛い自分の子が学校で辛い思いをしてる!」と、
学校に乗り込んで行き、道理の通らないことを叫んでいるのではないか?
と思えてならない。
続く・・・

*写真はリヨンで見つけた赤づくしのレストランです。
 ちょっと緑を入れて、赤を活かしている所が良いな。
 写真でも分かるぐらいこってり塗られた赤いペンキ、結構こういうの好きです。

[PR]
by jasminetea-m | 2012-02-09 12:15 | そのほか | Comments(8)
Commented by はるこ at 2012-02-09 17:06 x
この、こってり赤く塗られたレストラン、
ちっともどぎつくない、かといって、ちまちまと可愛くもない
、、、いいですね!

私は子供が居ないので子育ての経験はありませんが、
妹の二人の息子を7才から妹と二人で育てました.
子供たちが3才くらいの時、無理矢理自分の意志で離婚した妹は
ドイツで、ひとりで働きながら子育てしていたのです。
ドイツ人の元主人に見切りを付けた妹ですが、息子にはパパだから
自由に行き来させながら、、
で、ドイツ人は子供に厳しくていいなぁと思いました。
他人の子供をも??ります、その子の親が居る前で!!
大人の前では静かに、礼儀正しくする、、、これは大切です。
自由をはき違えて、子供の奴隷になっている親もたまにいますが
そういう親は、かならずこどもに避けられて、逃げられています、、
子供が可愛いという感情は自分が生んだからで、
自己愛の変形したものだと思います。
子供を??れない、、、これは狂ってますよね。
Commented by jasminetea-m at 2012-02-10 21:54
はるこさん
早速コメントありがとうございます。
「自己愛の変形」・・・、ああそういうことだわ、と思いました。
正しくそうなんだと思いました。
的確なお言葉にとても納得出来ました。
遺伝子学的にも自分の遺伝子を持つ子供は、遺伝子にとって大切な
乗り物なのだという話しを聞いたことがあります。
それとも通じますね。

妹さん、潔いのですね。
そして別れたお父さんに子供を自由に合わせる、という考え方にも
大賛成です。
そこが上手く行かず問題になる人も多いと思います。
Commented at 2012-02-12 14:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-02-12 14:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by クランキー at 2012-02-13 08:38 x
私も以前花屋さんで働いてましたが、5,6歳ぐらいの子供が商品の花に触ってボロボロにしていたので、「売り物だから触らないでね」と穏やかに声をかけたことがあります。そしたらそばにいた母親が「子供の手に届くところに商品を置く店が悪い」って言いました。
私は人間ができてないので、「買っていただかなくて結構ですからお引き取り願えます?」って喧嘩になりました(笑)。店長も私の味方してくれました。

うちは子供が2人いますが、周囲を見ると親が自分を子供と重ね合わせるというか、近寄りすぎて同一視しているような気がします。子供がちょっとしたごたごたに巻き込まれても、まるで親本人が侮辱されたかのように感じて、親のプライドが痛んじゃうんですね。それで子供といっしょくたになった自分を守ろうと過剰反応する感じ。
少し引いて冷静に子供のことを見守れなくなった人が増えているのではないかと・・・。
Commented by jasminetea-m at 2012-02-13 13:30
カギコメ14:35さん
・・・良く耐えてこられましたね・・・。
私には絶対出来ない。
3日で爆発、一カ月でさようならです。
我儘じゃありません。
我慢なんてもう充分過ぎるほど、充分されたでしょう。
もういいじゃないですか。
自分の思う人生歩んで下さい。
人間として当然のこと、これからは胸張って歩んで下さい。
応援しています!
私がそちらまで蹴散らしに行きましょうか?
旅行気分でルンルンと行きますよ。
Commented by jasminetea-m at 2012-02-13 13:32
カギコメ14:46さん
メールさせて頂きますね(^_-)-☆
Commented by jasminetea-m at 2012-02-13 14:04
クランキーさん
今も読んでいて下さったのですね、ありがとう。

お花をいじってボロボロにする子にも驚くけど、その母親強烈ですね。
お引き取り頂いて当然です。
今頃花の代わりに母親がボロボロにされていたりして・・・。
して良いことと悪いことの区別が付かないのだから、可能性大ですよね。

世の中には信じられない人居ますよね・・・。
このままどんどん悪くなって行ったら、まともな子が被害に合わないかと
心配になるぐらいです・・・。
<< 子育ての指針 4 子育ての指針 2 >>