マリーさんが愛した田舎家

b0076967_9144597.jpg
b0076967_9145760.jpg

ヴェルサイユの宮殿は絢爛豪華で、見ている方も飽きるが、住んでいた当時の王妃
マリーアントワネットさんも癒されなかったらしい。
それで、こんな里村風田舎屋を何軒も造って、疑似農村生活をしていたそう。
可愛らしい田舎家の周りには大きな池や散歩道もあって、のんびり過ごすには良かった
のだろうと思われるけど。
そんな浪費がかさんで反感を買い、フランス革命になったのよね・・・。

鏡の回廊を見学したあとは、私もプチトランに乗ってすぐこちらに移動しました。
シャンデリアがザックザクや、キラキラ黄金色や、これでもかという装飾は疲れる・・・。
素朴で人の温もりが感じられるものが良いなあ・・・。

そんな訳で一度は行ってみようと思ったヴェルサイユだったけど。
もう二度目はないだろう・・・。
パリも良いけど、フランスは(ヨーロッパは?)田舎が素敵だから。
本当の田舎町巡りしたほうが良いし・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2014-02-23 09:36 | 旅が大好き☆ | Comments(2)
Commented by moon-pon at 2014-02-23 22:16 x
絢爛豪華なお城では、素の自分にはなれないですものね。
私はここは訪れていませんが、見てみたかったなぁ。
マリーさんも「ひと」だったのですね。
Commented by jasminetea-m at 2014-02-24 22:36
色々言われるマリーアントワネットさんですが、やはり
人として普通の感性も持ってもいたのですね。
田舎家は散歩してても良かったです。
キラキラには疲れましたが・・・。
<< 鳥飛ぶ国 パリのシンボル >>