梅色

b0076967_6533245.jpg

ハナネコノメと同じ日に行った木下沢梅林。
「きのしたさわ」ではなく「こげさわ」と読むそうです。

山の斜面に見事な梅林。
こういうふうに梅の花を見たのは初めて。
白から優しい薄桃色、そして見事な茜色。
美しいグラディーション。
梅ってこんなにも美しいのかと、改めて思った日でした。

*梅だからここはやはり日本の色で表現したいと思って、検索してみました。
 「和色」で探すと美しい色が日本の言葉で出て来ます。
 そこに付けられた色の名前に、花や植物の名が入ったものが多いこと。
 桜、梅、桃、牡丹、撫子、山吹、柳、竹、桑、枇杷・・・。
 日本の美に対する優しさ、審美眼、そして謙虚さのようなもの。
 日本って奥が深いなあ・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-03-19 07:38 | 緑とお花の日々 | Comments(6)
Commented at 2016-03-19 09:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by harurei at 2016-03-19 10:02
安らぐ色合い(^o^)
そうそう、花や植物の名前がついている色は
感覚的に色を想像できるんよね。
名前から手触りや匂いまで伝わる感じがするので
わしもよく小説の表現で多様してましw
Commented by jasminetea-m at 2016-03-20 08:05
カギコメさん
ありがとうございます。
了解です。
Commented by jasminetea-m at 2016-03-20 08:11
harureiさん
さすが。
私は昨日初めて知ったよ。
「桃色」とかいくつかの和色の名前は知ってたけど、あんにも沢山
あるとは驚きでした。
「手触りや匂いまで伝わる」というharureiさんの表現に、またまた
さすがと思いました(*^-^*)
Commented by lily1406 at 2016-03-20 11:52
jas姐さん こんにちは~(^^)/
見事な梅のグラデーションだね。
ここは高尾山から近いの?
梅林は行った事がないので来年行ってみたいな~。
和色の色鉛筆昔持ってました。
和色がついているだけで色に深みを感じるから好きでした(^o^)
Commented by jasminetea-m at 2016-03-21 10:17
tomoやん
はい、そうだよ。
高尾駅からバスに乗って、少し歩いた裏高尾という所。
私もこんなに一度に目に入る梅の群生を見たのは初めてで、感動
ものだったよ。
来年一緒に行きたいね(*^-^*)
皆「和色」知ってたんだね、知らないの私だけだったりして・・・。
<< ハナネコノメ2 緑の季節 >>