田舎家暮らし

b0076967_8243614.jpg

b0076967_8251549.jpg

「江戸東京たてもの園」三弾は、園内に生っていたさくらんぼ風の実から。
さくらんぼ風は真っ赤なのを一つ食べたけど、苦いっ~。
写真にして眺めてる方が良いみたい。

田舎家で過ごすおじいちゃんの日常風景も。
縁側に面した和室の窓をいっぱいに開けて、日向ぼっこしながら折り紙を折っていました。
母の実家に行くと今でもこんな風景に出会えます。
子供の頃は従兄弟と縁側や囲炉裏端を走り回っていたな・・・。
もしかしてあれは夢だったのかな・・・と思えるほど遠い、懐かしい時間。

そんな思いに駆られる時を持てる「たてもの園」でした。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-06-12 09:05 | フォトサークル | Comments(2)
Commented by lily1406 at 2016-06-13 21:16
jas姐さん こんばんは~(^^)/
ここの場所もソフトフィルターで撮ったんだね。
私もこのお写真を見て昔を思い出しちゃった☆
祖父の家もこんな感じでみんなで走り回っていたな~。
そう言えば呼び方だけどJas姐さんよりJasさんの方が良いかしら(^^)?


Commented by jasminetea-m at 2016-06-14 07:08
tomoさん
コメントありがとう。
たてもの園は全部ソフトフォーカスで撮っちゃった。
子供の頃の体験と相まって、ホッと出来る空間だね。
私の呼び方?
どちらでも良いよ。
そう言えばアルセドさんが、「上品な人はそう呼ばれない」と
言っていたね(^^;
「jasさん」のが普通で良いかな・・・。
ヤクザの親分みたいかも・・・(*_*;
<< 海の見える公園 緑の窓と・・・ >>