赤い登山列車

b0076967_947798.jpg

クライネシャイデックから山歩きをスタートすると、色々な方向に歩くことが出来ます。
この日はヴェンゲンアルプを目指して、緩い道を歩きました。
このコース 花がいっぱいで、向うにはユングフラウに向かう赤い列車が見えます。
登山列車は高山病を避けるため、ゆっくりゆっくりと山道を登って行きます。
そんな列車を見送って、私も花を見たり写真を撮ったり、のんびり歩きます。
体力に自信がないので、やはりマイペースは大事。
自分のペースで歩けないと、山歩きそのものが無理になってしまう。
左側にそびえ立つのはアイガー北壁です。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-07-19 10:07 | 旅が大好き☆ | Comments(8)
Commented by aki-carvinglover at 2016-07-19 12:09
かわいい。
なんか動き出しそう。

雪山と グリーンと花と赤い電車、
もうたまらない景色ですね〜。
緑の丘?山?のカーブと電車のちょっと下カーブみ見える感じと…。
この実物の景色を見たjas姐さんが羨ましすぎる!
ステキな景色をありがとう〜(*^^*)
Commented by jinsnap at 2016-07-19 21:37
こんばんは。
PCのモニターにパッと写真が出た瞬間、
”おぉ~”
と声に出てしまいましたw
素敵な景色。
この景色の中にいらっしゃったんだよなぁ...、と羨ましく感じております。
素敵なお写真を拝見できて、とっても嬉しいですw
Commented by jasminetea-m at 2016-07-20 06:20
akiさん
おもちゃの列車みたいだね。
雪山と列車とお花の組み合わせは、この辺では珍しくないけど、
日本に帰って見ていると、本当に雄大さを感じる風景だなあと
思います。
アイガーは3970M、4000M近い山なんだよ。
富士山より高い山がゴロゴロしてる・・・。
Commented by jasminetea-m at 2016-07-20 06:30
jinsnapさん
ありがとうございます(*^-^*)
景色は本当にもう・・・最高でした。
こんな所で毎日過ごせたことに感謝です。
世界を旅する楽しみは、日本にはない景色、人々、その国特有の
風習や考え方など・・・、カルチャーショックも楽しいです。
刺激をもらって日本を改めて考える。
色々な意味で楽しみは尽きないです。
Commented by lily1406 at 2016-07-20 20:13
jasさん こんばんは~(^^)/
こんな雄大な景色の中にどっぷり浸かってみたいな~。
あまりにいつも自分が見ている世界と違いすぎるw
jasさんが写真撮っているところで標高何m?
↓のこれからの世界の写真も素敵だね~(*^^*)。
Commented by jasminetea-m at 2016-07-21 06:12
tomoさん
ここの高さはすでに2067Mだって(今調べた)
どうりで涼しいはずだわ・・・。
涼しい所に行きたいよ~。
日本にはなかなか無い景色だよね。
山奥行ったら近い感じの所あるかな?
だけどスイスみたくどこでも登山列車とロープウェイが通って
いる訳ではないから、自分で登らないとね・・・。
Commented by river_kingfisher at 2016-07-21 23:47
ここをスキーで滑ったぜ!

歩くのは・・・いいや(笑)
Commented by jasminetea-m at 2016-07-22 08:32
アルセドさん
エエ~ッ!
ここをスキーで! アイガー北壁を!

なんちゃって(^_-)-☆
手前の緑の所ね。
冬のスイスか・・・きれいだろうな・・・。
意外とスポーツマンなのね。
 ↑
意外が余計
<< 自然の花々 これからの世界 >>