ルーブル美術館にて

b0076967_09464544.jpg

b0076967_09471588.jpg

ルーブル美術館の外を歩いていると、絵になる人を見つけました。
一人は男性、コートと帽子が決まってる。
もう一人はスタイル抜群の女性。
そこに居るだけで凄い存在感。

いつも思うのだけど、スタイルや整った顔以上に惹かれるその魅力・・・。
思わずカメラを向けてしまいたくなるのは、おそらくその表情。
顔つきというか、目のインパクトさというか。
良い表情しているから。
おそらく自分の個性を潰すことなく、自由に発信出来る国だから。
「みんな仲良く」の教育ではなく、「自分の意見を持って、それを臆せず発信
出来る人に」の教育を受けているから。
学校でも仕事でも、ものおうじせず自分の意見を持ち発信することが当たり前
の国だから。
取り合えずここは問題にならないように、我慢して人に合わせてなんてまったく
考えてないから。
だから意思を持った魅力ある表情の人が多いんだよね。
フランスに限らず、日本以外の国はほとんどそう・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-11-09 10:13 | 旅が大好き☆ | Comments(4)
Commented by harurei at 2016-11-09 23:22
女性ほんとかっこいい・・・
ちょっとルーブル行ってくる!
Commented by jasminetea-m at 2016-11-10 10:11
harureiさん
行ってらっしゃいませ~☆
カッコ良い女性居たら写真撮ってね(*'▽')
Commented by aki-carvinglover at 2016-11-10 21:00
脚、長っ!
本当に素敵な人だね〜。
Commented by jasminetea-m at 2016-11-10 21:57
akiさん
血の違いかな?
日本人のスタイルに限界を感じるよね・・・。
<< パリの日常 高尾山オフ会 >>