ゴッホの部屋

b0076967_14202458.jpg
b0076967_14204666.jpg
b0076967_1421519.jpg

ゴッホの家の中の様子です。
一階のレストラン、二階のゴッホ関連商品お土産屋さんまでは普通にキレイなのですが、ゴッホミュージアムに行くための三階へのドアを開けた途端に、雰囲気は1890年の彼が生きていた時代にタイムスリップします。
ドア一枚開けた途端に飛び込んでくる時代の変化、一瞬たじろぎます。
①この天窓はなぜかとても儚げで、寂しい感じがしました。
 ゴッホはこの窓から空を見上げて、何を思いながら生活していたのだろう・・・。
②彼が生活していた当時の部屋です。
 ペイントされてきれいになってる部分もありましたが、当時のまま壁を保存している面もありました。
③ちょっと寂しい色ばかりなので、ゴッホの家の帰りに見た道端の花もアップしました。
 ゴッホもこんな景色を見ながら過ごした日もあっただろうに・・・

[PR]
by jasminetea-m | 2007-09-06 14:42 | 旅が大好き☆ | Comments(8)
Commented by CK_centaurea at 2007-09-06 15:15
ゴッホも空を見上げていただろう天窓。
何か、感慨深いものがありますね。
昔のままを保存するのは難しいでしょうけれど、
やはり遺してほしいものってありますね。
Commented by booskun111 at 2007-09-06 18:49
この暗い階段は部屋へのエピローグですね~
天窓の明かりの中で彼はどんな過ごし方をしていたのでしょう
jasさんの旅も想い出深いものになったでしょうね。
Commented by jasminetea-m at 2007-09-07 12:15
CKさん
そうですね・・・、私ゴッホの絵はアルル辺りからの後半がとても好きなんですが、終焉の地に選んだこの街での作風は又違ったものがありますよね・・・。
絶望感の中で、どんな気持ちでこの窓から空を見上げていたのでしょうか・・・。
Commented by jasminetea-m at 2007-09-07 12:21
ヒロピーさん
はい、そうですね。
フランスが好きで、カフェタイムも街の人も、自然も街並みも好きですが、印象派の絵も大好きなんです。
特にゴッホの張詰めたような感性や、それゆえに幸せになれなかった人生には共感してしまいます。
あっ、私はそんな才能もない代わりにポヨヨン♪なので、彼と同じ道を歩むことはないですが(^^;
Commented by azure_garden at 2007-09-07 20:18
こんにちわ

真ん中の椅子の写真好きですね
んー、カッコイイ!!
Commented by maqui-cafe at 2007-09-07 22:05
bonsoir
 写真を見た途端、ずきん・・・としました。
わたしの瞳をとおして、私自身が19世紀の空と<ぱちん>と一瞬重なったような気がします。
この窓が残っていて良かったですね。
光と影は、印象派には大事な要素だけれど、このお部屋にも
その両方がちゃんと見える。静かな空気も感じます。
嬉しい、ここで感じる事ができて・・・。merci
Commented by jasminetea-m at 2007-09-08 11:34
azureさん
ありがとうございます。
なかなか良いポジションで写真が撮れなくて、ここのミュージアムの案内写真を参考にしちゃいました・・・(^^;
Commented by jasminetea-m at 2007-09-08 11:44
maquiさん
こんちには、まあ!そんな風に言って頂いて恐縮です。
ありがとう♡
今回の旅は失敗もあるけれど、全体にはルンルン♪と楽しい旅を続けていたのですが。
この時はさすがに悲しい気持ちになりました。
100年以上も前に去った人の感情や感性みたいなものを、何だか感じてしまって・・・。
そういうパワーやオーラって今もここに残っているのですね、きっと・・・。
<< Provins フランスの自然... オーベル・シュル・オワーズ ゴ... >>