アスパラのお皿

b0076967_22173673.jpg

ヴァンブの蚤の市でお皿を買いました。
初めて見た時、「綺麗なお皿・・・」と思ったけど、一枚の値段が35ユーロ・・・。
その日は悩んでしまって買わずに帰ったけど、やっぱり気になる・・・。
次にヴァンブに行った時探しても、どこにも見当たらずガッカリ。
クリニャンクールの蚤の市に行ったら、同じ物を見つけたけど何と130ユーロで売っていた。
それがショックで、やっぱり絶対ヴァンブで買えば良かったと大後悔。
それで又少ししてヴァンブに行ってみると、売っていた!
35ユーロをしっかり値切って30ユーロでお買い上げ(^^)♪
やっぱり凄く綺麗・・・。
アスパラ好きな私は、どうしてもアスパラサラダをこのお皿で食べたかった・・・。
一応アンティークの品なのですが、今までアンティークにあまり縁のなかった私は正直本物なのかも
解らない・・・。
裏のプリントを見てもさっぱり?
どなたかアンティーク好きの方、このお皿について知っていたら教えて下さいね。

b0076967_22161088.jpg
b0076967_22162990.jpg

[PR]
by jasminetea-m | 2008-06-02 22:36 | うちの雑貨達 | Comments(14)
Commented by y_and_r_d at 2008-06-02 22:45
こんばんわ。
騙し絵のようなお皿が面白いです。
こういうユーモアをセンスよくまとまるのが
フランス人なのでしょうね。
Commented by hiinachirimen at 2008-06-02 23:54 x
jasさん、こんばんは!!
ご無沙汰しました~~~^^
無事に個展が終わり今日はお世話になった方々のところへお礼の
メールや電話などをかけたりその他諸々のことをして一日が終了・・・。
で、一息着いてここへ。。。。

以前お話されていたお皿ですね♪やはり買われたのですね~~!
大正解@@

このお皿はたぶんバルボティーヌと言って
20世紀の初めにフランスで流行ったものだと思います。
果物や野菜、昆虫や植物をモチーフにレリーフが浮き彫りになった
柔らかな土で焼かれた陶器だと思います。
裏は刻印で窯元が記されているのだと思いますが・・・・。
間違っていたらごめんなさい・・・・。

とっても優しくて可愛くてそれでいておしゃれで大人の女性の雰囲気も
持ち合わせた素敵なプレート☆
jasさんと赤い糸で結ばれていたのですね、良かった♪
アスパラのレリーフにほんまもんのアスパラが憎い^^
Commented by jasminetea-m at 2008-06-03 17:29
y_and_r_dさん
そうですね、騙し絵好きなんですが、お皿も面白いでよす。
これにどーしてもアスパラサラダを盛りたかったのです(^^;
イタリアなどでもこれに近いお皿を見たことがありました。
Commented by jasminetea-m at 2008-06-03 17:43
キャー!chirimenさん
お帰りなさい~(^^)♪
個展でお忙しかったのに、早速来て下さったんですね。
ありがとうございます。

ハイ、執念で3回もヴァンブに通い、ついに買えました♪
一回目に見た時は30枚ぐらい(?)あったお皿が、3枚になっていました。
その中で一番状態の良い物を選びました。
やっぱり買って大正解です、一生大事にしたいです。
アンティークのお皿って清潔なのかな・・・?、なんてちょっと心配したけど
今のところ毎日使ってるけど、下痢などの症状もなし(^^;
無事です。
お皿情報色々ありがとうございました。
きっとそのバルボティーヌという物だと思います。
クルニャンクールにはそのシリーズが色々あったので。

chirimenさんの個展の様子も、お時間出来たら教えて下さいね。
今月19日には私も日本です。
次回東京や横浜での展覧会には絶対行きますよ~♡
Commented by まる at 2008-06-04 00:18 x
これいいですね~。かわいいかわいい。
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2008-06-04 00:53
アスパラ&アスパラとは笑っちゃいました。
流し込みで造りながら、ちょっとプリミティブで面白いお皿ですね。
大事に使って楽しんでください。
Commented by bonjourboo at 2008-06-04 03:23
Bonsoir~jas子さん!こ、こ、これは・・・既にレスも付いていますが、
19世紀の「バルボティン陶器」で、春の旬であるアスパラガスを食べる為だけに
専用の陶器を使って食べた・・・と言う、何とも優雅な人々の残した陶器であります。
私の持っているあんちーく本('97年)では、まだフランの頃でも3,000Fで
蚤の市で取引されていた代物ですので…当時約6万円弱!それを30ウーロとは、
かなりのお値打ちですわよっ、奥様!(笑)。
しかもですね、「K&G St.CREMENT」の刻印は…「Badonviller」窯が、
「Luneville」窯と1920年頃に合併する前のもっと前のものですので…
もしかしたら、1800年代の頃のものなのかも鴨しれません!
って、何でも鑑定団ではないので詳しい事はわかりかねますが(笑)、
いずれにせよ、古い一部のとても贅沢な人の為だけに作られ使われた陶器で
ある事には変わりはありませんので…是非とも大事にお使いくださいませ~。
19日にお戻りとの事。また色々お話聞かせて下さいね!
Commented by jasminetea-m at 2008-06-04 03:45
まるりんさん♪
  ↑イメージピッタリ、こんどからこう呼ぶね~。
私はぜひ「ケイト」でヨロシク~(^^)/
何やらお値打ち物だという情報あり!
家宝にして大事に使うわ。 
Commented by jasminetea-m at 2008-06-04 03:48
TGokurakuさん
凄い品らしいですよ~!(ご自分の下のコメント読んでね)
笑ってる場合ではないです。
Commented by jasminetea-m at 2008-06-04 04:00
booさん
エエエ~! ガギグゲゴ~!
そっそうなんですか!?
私って見る目あるなあ(^^;
初めて買ったアンティークですよ、奥様!
10年前で60000円~!
あっ、でもクリニャンクールで130ユーロだったから・・・20800円。
値段下がってる・・・ (・・;
でもでも、値段が価値ではなく、柄と質感が好きで買ったんだ。
大事に使うわ・・・一生。
家宝にするんだ(^^)♪
booさん、アンティークに詳しいんだね。
又何かあったら教えて下さいね、ありがとう Merci!
Commented by trico-travil at 2008-06-04 12:45
↑さすがマダムboo!

質感、色共にコンディションも良いですね〜♪
Commented by jasminetea-m at 2008-06-04 17:37
tricoさん
済みません、お忙しいのに来て下さったんですね。
ありがとうございます。
ハイ、booさんのおかげで解りました。
大切に使います♪
Commented by bonjourboo at 2008-06-04 21:20
きゃ~~~jas子さん、ミスが、が、が、が、がぁ~~~!!
昨日のコメント…やっぱ、あの時間帯は(深夜3時)ヤバイ。
'97年当時の価格に間違いが!
お皿6枚+大皿、計7点セットでの価格の間違いでした(汗、汗)。
なので、1枚単価割り出したら、むしろ価値は上がっているのですよ~。
何だか色々すみません。。。真夜中の書き込みは2度3度、要チェックですわぁ~!
Commented by jasminetea-m at 2008-06-05 04:19
再びBooさん
お知らせありがとうございます。
そっそうですか・・・・。
でもいいんです、柄と優しい質感が好きで買った物なので。
高プライスはおまけだと思っていました。
どちらにしても大切に使います。
それよりクルニャンクールとヴァンブの値段の違い、凄過ぎませんか?
一体どっちの値段が正当なのか・・・?(-"-)
Booさん何回もありがとうございました。
又何かの時はヨロシクね~。
<< お花屋さん巡り プロヴァンへの車窓から >>