旧白洲邸ー2

b0076967_23243695.jpg
b0076967_23245455.jpg

白洲邸の第二弾です。
私がその人間性に惚れた男 白洲次郎さん。

あまりにも有名な話しですが、彼のエピソードを少し・・・。
第二次大戦敗戦後のGHQ占領下の日本で、「従順ならざる唯一の日本人」と言われ、GHQに
対等に立ち向かったただ一人の人間です。
当時、終戦連絡事務局参与として働いた白洲次郎は、GHQ民政局長ホイットニー将軍の
「あなたの英語は大変立派ですね」という勝者としての奢りの込められた言葉を受け、「あな
たももう少し勉強すれば立派な英語になりますよ」と言い返したそうです。

他の日本人政治家はみなGHQの顔色ばかり見ていた時代の話しです。
この話しを聞いた時から、私はその男らしさに惚れました。
優しいから、イケメンだから、女は男に惚れるのではないのです。
今もこれからも、こんな男は日本に現れないでしょう・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2008-10-15 23:54 | そのほか | Comments(12)
Commented by TGokuraku-TOMBO at 2008-10-16 00:17
こんばんは。
白洲邸へは、一度行って見たいと思っていました。
知人のHPにリンクしてあるので、時々覗いては、素敵なセンスだなと思っています。
Tシャツ姿の白洲次郎さんは当時としてはなかなかのものですよね!
このような写真を見せてもらうと、小さくてもいいからこのような別邸欲しいなと思います。
Commented by mayukuro-hana at 2008-10-16 00:34
武相荘に行ってらしたんですね。
私もいつか訪れたいと思っている場所です。
あの時代にさりげなく白のTシャツにジーンズなんて素敵ですよね。
彼の美学を表すエピソードはたくさんあるようですね。
正子さんが愛した花器にさりげなくお花が、、、
白洲正子の世界をたまに引っ張り出して読んでます^^
素敵な写真にますます行きたくなりました^^
Commented by yacchi-fu at 2008-10-16 21:48
彼がヘンリー・プールにスーツの注文を出した時は60歳を
過ぎてからで、その訳はヘンリー・プールの仕事に自分の歳が
見合うようになったからだそうです。
お金を出せば当たり前のように誰もが何でも買える今では
こういうこだわりがとても大切なんだと僕も反省しました(笑)。
「格好が良い」という言葉が似合う数少ない日本人ですね。
Commented by bonjourboo at 2008-10-17 20:00
jas子さん、こんばんは~。お久し振り鰤です。ご無沙汰してました。
PCの調子がイマイチで…blogも暫らく放置プレイ状態でした(笑)。
若干、調子も戻りつつあって~ボチボチUpしていきますよ。
jas子さんはじめ、皆さんのトコにもやっとお邪魔し始めてて、
今日のお休み、色んなトコ覗いては、
これまでの過去の日記を一気読みしてましたー(笑)。

武相荘行かれたのですね!羨ましく思いながらも、
実は私は、もっとちょこっと年齢を重ねてから行こう!と決めています。
それは何故なのか自分でもわからないのですが、
ん、何だかそう思えて仕方がないのです。。。

私も、久し振りに本引っ張り出して読んでみようかなー。
読書の秋。ついでに食欲の秋だったりもします(笑)。
Commented by jasminetea-m at 2008-10-17 23:28
TGokurakuさん
ここを訪れた時、和の落ち着いた空気感に癒された気がしました。
フランスも良いですが、和も良いですね・・・。
白洲次郎さんのカッコ良さは内面から来ているものですよね。
若い時のイケメン風にはあまり反応しなかった私ですが、40過ぎてから
益々素敵になられてます。
是非一度行ってみて下さいね。
Commented by jasminetea-m at 2008-10-17 23:38
mayukuroさん
歳取ってからは内なるものが滲み出るので、自分の生き方や考え方
次第で素敵にもなるし、ただの年配者にもなりますね。
あのGパンのお写真の時、彼は49歳だったそうです。
若い時のイケメン風より魅力を増していますよね。
武相荘の中にも季節の花が一杯生けられていて、居心地良かったですよ~。
Commented by jasminetea-m at 2008-10-17 23:50
yacchiさん
私もそう思います。
自分が相応な年齢や風格にならず、ブランド物を身に付けても似合わないし、
かえっておかしいですよね。
白洲次郎さんの考え方が年齢と共に滲み出て、益々魅力的になったの
でしょうね。
Commented by jasminetea-m at 2008-10-18 00:07
boo子さん
オオ~、お久し振りです♪
PCの調子悪かったのですか、不便でしたね。

年齢を重ねてから武相荘に行こうと考えていらっしゃるのですね。
確かに年配の方が多かったです。

お茶処があって、予約制なんですがお食事もして来ました。
正子さんがお好きだったお店から取り寄せているようです。
質素ながら一つづつのお味がしっかりしていて、美味しかったです。
食欲の秋もしっかり堪能して来ました♪
Commented by miri_rn at 2008-10-19 08:05
jasmineteaさん、おはようございます^^
ご連絡いただいていたのに遅くなってごめんなさい!
やっと少し落ち着いてきて、PCの時間を取ることができました・・・。

武相荘、やはり趣のあるところですね。
正子さんの骨董や花を自由に、自分らしく愉しむ姿がとても好きなのですが、
その精神は受け継がれているのですね。よかったです。
私もboo子さん同様、もう少し年齢を重ねた頃に行ってみたいと思っています。
機会があればすぐにでも行きたいとも思うのですが・・・。

白洲次郎さんの人間性はとても魅力的ですよね!
彼らのような生き方ができる人はなかなかいない。
私にとって彼らは、持つべき心を思い出させてくれる大切な人です。
Commented by jasminetea-m at 2008-10-19 16:36
miriさん
いえいえ、とんでもないです。
お忙しかったのですね。

前にmiriさんのブログで白洲ご夫婦のことが記事になっていて、その時
ネット検索したんですよ。
そうしたらうちからすぐの町田市に武相荘があることが分かって・・・。
その時、すぐにでも行こうと思ったのですが、秋になって情緒の増す頃が
いいかなあ・・・と思い、10月に入って行って来ました。
紅葉にはまだ早かったのですが、時々小雨の降る日で、お庭を歩くのも
コーヒーを飲みながら見える窓からの緑も、とてもしっとりした日でした。

次郎さんのような方には尊敬もしますし、生き方には惚れてしまいますね。
Commented by ミニミニ at 2008-10-19 19:47 x
はじめまして、興味深いブログなので、思わずコメントさせていただきます。姫路から先月,武相荘に行ってきました。白洲次郎さんのカッコよさ。正子さんの洗練されたセンス!大好きで是非行きたかったのです。お昼は限定お弁当をいただき、白州ワールドに浸ってきました。フェルメール展と武相荘!!!大満足の東京でした。
Commented by jasminetea-m at 2008-10-20 17:33
ミニミニさん、こんにちは。
初めまして。
コメントありがとうございます。
私も夏頃から気になっていて、秋の到来を待って初めて行ってきました。
ミニミニさんは姫路からいらしたのですね。
そしてやっぱりお弁当の予約をされていらしたんですね。
それが結構楽しみだったりするんですよね(^^)♪
私フランスかぶれなんですが、日本のこういう所も大好きです。
良かったら又遊びにいらして下さいね。
<< りんごを育てる 旧白洲邸 >>