カテゴリ:そのほか( 118 )

今日はPM2.5に注意

b0076967_06342214.jpg
モノクロも雰囲気良く撮ると凄く良いけど、モノクロばかりだと今度はきれいな緑にも惹かれます。
取り合えず尾瀬で撮った雫写真をアップして、場をしのぎます。

朝の番組、チャンネルによっては「PM2.5予報」をやっているんですね。
今日は地域によっては、喘息の方は外出は控えたほうが良いそうです。
何年か前に国際的に大気汚染が懸念され、警告を受けた中国の言い分は、「今まで散々、先進国
大気汚染に繋がることして来た。
我々がこれから高度経済成長しようする時に、それを阻む意見は無用だ。
我々のやりたいようにやる。」と言い切った。
確かに日本も高度成長期にスモッグを排出した時期があり、今はそれをコントロール出来る技術も
発達し、成長し続けながらも澄んだきれいな空気を手に入れた。
その技術を学ぼうともせず、ただ汚染物質を流し続ける中国。
その結果が真っ白に濁った中国の空、窓も開けれない生活。
好きなようにやったのだから、その結果を自分達で受け入れれば良い。
だけど、その汚い空気が日本に流れて来てる。
特に子供への影響は深刻で、喘息や最悪肺癌になる可能性が。
中国のせいで日本の子供が外で元気に遊ぶことも出来ないなんて。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-09-20 08:37 | そのほか

モノクロとか比べてみた

b0076967_09134470.jpg
b0076967_09140336.jpg
b0076967_09142250.jpg
b0076967_09144105.jpg
      
b0076967_09150612.jpg
モノクロの話しをしていて、カメラの機能を使って色々撮り比べてみたくなりました。
全てPEN-Fで撮影。
1枚目 ラフモノクロームⅠ
2枚目 ラフモノクロームⅡ
3枚目 MONO
4枚目 トイフォトⅠ
5枚目 ジェントルセピア
PEN-Fの表示のまま記載。

こうして比べてみると面白いですね、違いが良く分かる。
ヨーロッパはモノクロに適している街並みや怪しい人物が多いので、上手く使ってみたいな。
面白いことになりそう。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-09-17 09:45 | そのほか

心を澄ませたままで

b0076967_07035483.jpg
歳を取ると人はみんな、物事の機微を知り、まあるく優しくなって、人として熟成し、少し
づつ完成形を成して行くものと思っていた。
が、違う場合も多い、とこの頃思う。
女性に限って言うと、若い人の方が心が澄んでいる。
まあるく円熟しているはずの中年以上、初老の人と接した時、濁っている人が意外に多い。
今までの生きた過程で何があったのだろう?
人を嫉み、意地が悪く、巧妙。
自分の人生をひがんでいるのだろうか?

その話を友達にしたら、「そんなものだよ。年取って心が歪んでしまう人って多い。」と
すでに悟っていた。
そう言えば、「オバタリアン」なんて言葉も昔あったな。
ただぼうっと生きていると、嫉みだけの嫌な年寄りになってしまうのかも。
気を付けなければ・・・。

*少し早いけど、昨年撮った秋らしい写真。
 秋の訪れを歓迎して一枚。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-09-06 09:03 | そのほか

モノクロパリ

b0076967_07264140.jpg
渡辺英明(えいめい)さんの写真展に行って来ました。
パリの街をモノクロで撮った写真。
会場に行ってから知ったのですが、渡辺さんは昨年 パリ撮影の数か月後に亡くなられていたのです。
くも膜下出血、突然のことだったそうです。
52歳。

入口には彼の生前の写真が何枚もありました。
仲間と楽しそうに過ごしている写真ばかり。
皆から親しまれる方だったのですね。
突然終わってしまった彼の人生・・・。
仲間が今回の写真展を開催してくれたようでした。
「約束は果たしたよ」と寄せられた文の一つにありました。
良い仲間に恵まれて楽しい人生だったんだろうな、と思いました。
良い仲間に恵まれると言う事は、彼自身が人を引き付ける魅力ある方だったのでしょう。

会場の方に伺ったら、写真をアップで撮るのではなく、会場全体の雰囲気を撮るのは大丈夫と言って
下さいました。

*一緒に行った友達が撮ってくれた私の写真。
 「PEN-Fを通して見たパリ」の会場にて。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-08-31 09:23 | そのほか

明治神宮カメラ散歩

b0076967_09052706.jpg
b0076967_09055781.jpg
間が空いてしまったけど、原宿カメラ散歩の続きです。
とても暑い7月の初めのこと。
ネコカフェの次は目の前の明治神宮へ移動しました。
境内は背の高い木に覆われ、木陰を選んで歩いて移動。
何やらお目出たい日だそうで、平日だけどわずかな間に結婚式を行うカップルに4組も遭遇。
お幸せに🎶

だけど、やっぱり日向は暑い。
神宮の入口にあったカフェへ3人で避難。
大きな窓から神宮の緑がいっぱいに広がる開放的なカフェ。
冷房も効いて、ここは天国。
もう炎天下の外には出たくない。
「日影と日向は全然温度違うし、外は神宮みたく日影ないから、もうこのままここに居ようか」と私。
「えっ、そうなの? 温度違うの?」
「前に家で実験したら、家の中は35℃ぐらいだったけど、日向に置いた温度計は50℃近かったよ。」
という訳で、もう外に出ることはなく、ケーキ食べたりアイスコーヒー飲んだり。
良かった♪ 50℃近い炎天下の中歩きたくないよ。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-08-22 09:51 | そのほか

PEN-Fで遊ぶ2

b0076967_09211065.jpg
b0076967_09204603.jpg
横浜に行った時、変わった形のオブジェを発見。
ここはモノクロかなと思って撮ってみました。
PEN-Fはモノクロの画質だけで3種類から選べます。
一枚目、アートフィルターの「ラフモノクローム」で撮った写真。
二枚目は普通に撮ったモノクロ。
一枚目はコントラストがかなりハッキリして、粗い仕上がりになりました。
フィルムをiso感度上げて撮影して、フィルム現像もやって、引き伸ばし機で焼くと
こんな粗さのある表現が出来たっけ。
この感じ結構好きです。
昔時間をかけてやっていた事が、今はカメラ内で出来てしまうなんて、凄いなあ。
便利になったというか、お手軽になったというか。
苦労して時間をかけてやっていた時もけして悪くなかった。
仕上がるまでにドキドキして、出来上がったものを見てワクワクして、楽しかった。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-03-13 09:43 | そのほか

New Camera

b0076967_09192330.jpg
b0076967_09194156.jpg
b0076967_09200921.jpg
モンサンミッシェルの朝、霧に包まれた修道院は神秘的でした。
修道院側とは反対の橋の上にも霧が立ち込めていました。
こんな幻想的な霧の朝を初めて経験しました。
修道院をカメラの画角に収めるため、どんどん橋を歩いて行くと、霧の中から
人影がボーと浮かび上がりました。
一人で何してるのかな・・・?
カモメも飛んでいて、朝焼けがうっすらと見えて・・・。
ここまで旅して来て良かった・・・、こんな朝があるなんて・・・。

カメラ買いました。
オリンパスのPEN-F。
この美しいデザインに惚れました。
ライカに似てると思った時もあったけど、カメラの原型の昔からあるデザイン
で、オリンパスはそれを大事にしてるそうです。
ミラーレスです、軽いです。
実はフランスでCanon 70Dが重たくて重たくて、半分は撮影目的で行った旅
なのに、20日間の旅でカメラ持ち出して出掛けた日は7日ぐらい。
もっと気軽に持ち歩けるお散歩カメラが欲しくなるお年頃の私。
Canon M5と迷った時もあったけど、色々調べてこれに決まりました。
やはり愛着持てるデザインって大事。
勿論機能も優れ物です。
レンズは25mm標準と14~150mm望遠の2本を買いました。
70Dと合わせて一生大事にします(*'▽')

それにしても70Dに100mmマクロで撮ったこの写真。
あまりのボケの美しさに、やはり凄い・・・と心揺らぐ私でした。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-01-08 09:47 | そのほか | Comments(12)

フラメンコ

b0076967_13471727.jpg

フラメンコ始めました。
私、結構決まっているでしょ?
何てウソ。

新宿にあるフラメンコを見ながら食事の出来るお店に、誘われて行って来ました。
オーナーの男性がステージに上がりギターを弾き、それまでウエイターさんで注文
を聞きに来ていた男性やウエイトレスだった女性が、やはり突然ステージに上がり
演奏を初め、お客さんかと思っていた女性が踊り出し・・・。
「エッ!?」って感じでした。
フラメンコを踊る女性は素敵な方だったけど。
飲み放題のはずのビールが途中切れたり、お料理がビックリするほどお粗末で・・・。
泣きそうでした。
もう行かない。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-08-01 09:33 | そのほか

虹の橋

b0076967_71819.jpg


         「虹の橋」

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまは降り注ぎ、みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
まるで過ぎた日の夢のように・・・

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶようにあなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。

*ペットを亡くして悲しむ人の間では、とても有名な詩らしいですね。
 本当だったら良いな・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-05-04 09:11 | そのほか | Comments(10)

旅立ちました

b0076967_8261331.jpg

b0076967_8264668.jpg

昨日の夜、ルルが旅立ちました。

一昨日まで立たせて支えてるあげると、水を美味しそうに飲んでいたのに・・・。
昨日は朝からほとんど動かず、横になっていました。
意識があるのかなと心配になって顔を覗くと、目が合って、今までみたくキラキラ
した目ではない弱々しい目だったけど、ちゃんと私のことを見てくれて。
「ルル、お母さんだよ、ここに居るよ」と声を掛けても、でもほとんど反応はなく。
亡くなる二日前からトイレに行けなくなってしまって、マットの上に小さなシミを
残して、そのまま逝ってしまいました。
とても几帳面な子で、足が不自由になっても、一生懸命トイレまで行っていたのに。

昨日の夜、いよいよかなと思った時に、抱っこをしてあげたけど、痙攣して手足を
バタバタするので、かえってきつくて可哀想かなとマットの上に寝かしてあげて、
それからあっという間の出来事でした・・・。

今まで心配して下さって、コメントやメールを下さった方、ありがとうございました。
ルルは幸せだったと思います。
幸せな子だったと思います。

写真は少し回復して、もう大丈夫かなと思った2月初めの頃のものです。
食事も出来るようになって、食後のお手入れしてるところです。
可愛いでしょ?
可愛くて可愛くて・・・、可愛くて。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-04-06 09:13 | そのほか