<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Train(トラン) の旅

b0076967_250288.jpg

列車の旅…。言葉に出来ない空気感。ガラスの天窓から差し込む光の中をアナウンスの声が共鳴して駅舎中に響き渡る…。私はスーツケースを引きながら、目的の列車のホームに向かう。共鳴し合うアナウンスと光に包まれて…。この街での思い出でと出会いを胸に秘め、次の街への期待に胸弾ませながら…。なんちゃって(^^;、実はこれ以上恥かきませんようにと願いながら。だけど、列車の旅はなんとも言葉にしがたい情緒と哀愁が混在し合って、たまらない魅力があるのです。止められません。写真は小さな田舎街のホームです。こんな田舎ばかり巡っていますヽ(^^)。<Amaryさん>そうかあ!全て遅れるのが前提…、そう思って予定立てないと確かに無理が来ますね。あの時はロン毛君が日本語教えてと言うので、3~4語教えただけです…。自分の知ってるフランス語しか教えられないから(^^;。<ヒロピーさん>毎回そんなに素敵な人ばかりじゃないですよ~。アビニョンの青年は人の良さがにじみ出た感じの良い人だったけど…。まあ普通の人。
<mayukuroさん>モンサンミッシェルのオムレツは大き過ぎて、一人じゃ無理で~す。写真だけ撮らせてもらったよ。モンサンミッシェルはちょっと日本人の団体が多くてびっくりしたけど。<hanaさん>心配して頂いて済みません。本当に無事で良かったですヽ(^^)。あのどしゃ降りの中、野宿はあまり好きじゃありません。
[PR]
by jasminetea-m | 2007-06-30 02:50 | Comments(0)

Le Mont Saint Michel

b0076967_1904130.jpg

かなりギリギリだったけど、一応無事です(^^;。この前TGVが遅れ路頭に迷いそうになったけど、パリに着いたら『遅れ証明書(?)』を配っていた駅員さんがいて、当日モンサンミッシェルまで行くチケットを見せたら「大丈夫だよ」と。「次のTGVで行って、バスはないけどタクシーで行けばいいよ」と。駅前にはタクシーも一杯いるからと言うので、高くつくけどそれで決定!。パリで次のTGV待ち時間3時間がちょっと不安を誘ったけど…、到着は夜9時30分ぐらいだよな…。それでもコーヒーなど飲んで時間をつぶし出発。列車に揺られポントルソンと言う駅に着いた時は、どしゃ降りの薄暗い夜。降りたのは私とロン毛の青年だけ。何故か駅舎の電気も消え真っ暗。駅前は闇に包まれタクシーなんて一台もない!、駅員のオヤジに騙された~!。焦る!焦る!。私の焦った様子にさっきのロン毛青年が「大丈夫?」と。「大丈夫じゃないっす!、死にそうです!」言葉が分からないなりに必死に説明。彼が駅前のBarに一緒に行ってくれて
タクシーを呼んでほしいと言ってくれるが、「電話番号分からないからあっちのホテルで聞いて」とつれない。ホテルに行ってリンを鳴らしても何故か応答なし。駅前の三軒のホテル全滅。違うBarに行ってみると親切に何軒かのタクシー会社に電話してくれたが、遅い時間なので全て断られる…。ウウウッ…泣きそう。ロン毛君(かなりのハンサムボーイ、今関係ないが…)は終始ニコニコと励ましてくれながら対策を考えてくれた。そして携帯電話をかけたかと思うと、「OK!」と満面の笑顔!。なんでもインターネットでタクシー会社を探してくれたそう。「15分待ってね」と。ありがとう~!、良かったあ。タクシーが来るまで記念に彼の写真を撮らせてもらったり、日本語レッスンなどして過ごす。別れる時こちらの習慣でハグしてくれようとしたのに、同時に右手を出してしまって握手で終わったのが今だに心残り…(・・;)。だけどモンサンミッシェルに着いたのが10時20分ぐらい、通りはさすがに真っ暗で誰も居ない。予約してたホ
テル併設のレストランにまだ一組お客がいたからなんとかなったけど、ホテルもあと少し遅かったら閉まってみんな帰っていたんじゃないか…?。と思ったらゾゾゾ~!。フランスと言う国の大らかといい加減さに乾杯!。<roughpoliteさん>と言う訳でかろうじて無事でした。だけど、ロン毛君に会えなかったら、ホテルレストランに人が残ってなかったら、と思うと心からゾゾ~とします。ちなみに今日からパリですヽ(^^)
[PR]
by jasminetea-m | 2007-06-27 19:00 | Comments(4)

TGVったら、もう~

b0076967_003157.jpg

今日はアヌシーからパリを経由して、モンサンミッシェルまで大移動の日。ちょっと長距離過ぎたかなあなどと思いながら乗車。ところが30分も走った所で急停車。アナウンスではセキュリティーチェックのため、少し待つようにとのこと。エエエ~!、パリで次のTGVに乗り継ぐのに、間に合うのか!?。こういう時語学力がないとさすがにに不安(/_;)。でもかなり余裕を取っていたから、きっと大丈夫だよ、30分もしたら走り出すだろう。中央線もいつもそうだもん。なんて思ってたら、いつまでも走り出さない。だんだん不安に…。次のTGVに間に合わなかったら、バスもなくなるし今日モンサンミッシェルに着かないよ~!、ホテル予約してるのにどうしよう?。などと考えて焦る。それでも一向に走らない、ああ~もう一時間経った、うわ~もうだめかも!。さらにジワジワと一時間!、もうダメだわ、乗り継ぎ時間一時間半しか取ってないもの~!、どうしょう!。やっと走り出したのは、二時間以上経った頃…。何がフランスの誇りTGVよ、前に
もこんなことあったぞ~!。ところがこのぐらい大変なことになると、なぜか開き直って変に冷静に。こんな時はまずカフェテリアに行ってコーヒーでも飲もう。それからどうするか考えよう。…って大丈夫か私?。無事だったら又ブログ書きますね。更新してなかったら、フランスのどこかで路頭に迷ってるってことで(・・;)。<hanaさん>私も前イタリアに行く時、飛行機の中からマッターホルンが見えて感激したことがありました。スイスの山は真っ白い雪山が多くて、それだけで旅情が増しますね。日本に帰ったら(無事だったら)hanaさんのブログに遊びに行きますねヽ(^^)
[PR]
by jasminetea-m | 2007-06-25 00:00 | Comments(1)

LAC LEMAN(レマン湖)

b0076967_2054085.jpg

b0076967_2054015.jpg

アヌシーから列車で二時間半ぐらいのレマン湖のほとりEvianに来ました。あの飲料水で有名なエヴィアンの、水源と工場のある街です。アヌシーでもそうだったけど、街のあちらこちらに仮設ステージが出来ていて、この時期音楽祭を開催しています。宣伝でミニパレードをしてる人達をパチリ。早速夜は教えてもらった場所に行ってみました。…ウッ!ウ~ン…?、あまり好きなジャンルの音楽じゃなあい。パレードの方が面白かったわ(^^;。早々に引き上げて夜のレマン湖を散歩。ちょうど夕焼けが最高でした。対岸にはスイスのローザンヌの街の灯りが瞬いていました。旅も3分の2を終え、そろそろ終盤です。少しは日本が恋しくなったかな?→そうでもないです。<ヒロピーさん>私ヒロピーさんのブログに遊びに行けないのに、いつもコメントありがとうヽ(^^)、とても嬉しいです。ところで自叙伝かあ~、それ面白いね!。次の生きる目標はそれにしようかな?。って誰が本買ってくれるだろう…(・・;)、それが問題だわあ!
[PR]
by jasminetea-m | 2007-06-22 20:05 | Comments(1)

marcheの街角

b0076967_2074418.jpg

b0076967_2074489.jpg

バスと列車を乗り次いで、スイスとの国境に近いAnnecyに来ています。旧市街は絵に書いたような川の流れる美しい街並み。ちょっとディズニーシーにも似ています(^^;。朝食を食べていたら、ウエイトレスのお姉さんがマルシェがあると教えくれたので散歩しながら行ってみました。ワイワイガヤガヤ楽しい雰囲気で、カメラを見せて「d'accord?良いですか?」と言うとニコニコと笑ってくれます。やっぱり笑顔は伝染するので、私も嬉しくてニコニコ。<Amaryさん>サントマリードラメールはアルルからバスで行きました、書き方詳しくなかったですね。やっぱりフランス語出来るんですね!♪、羨ましい~!。そうしたらすぐ友達出来ますね。私ですらみんな気持ち良く対応してくれますよ。しゃべれたら最高ですよヽ(^^)
[PR]
by jasminetea-m | 2007-06-20 20:07 | Comments(1)

ドキドキの毎日

b0076967_6314364.jpg

列車の同じコンパーメント(?)に、やけに絵になる芸術家風の青年が居たので「peut-on prendre des photos写真を撮っも良いですか?」と言ったけど通じない。「Ah ,You American」と言ったら、思い切りずっこけられた。えっ!、フランス人?。私の発音が悪いだけか、ハハハ…ハハ(^^;。たっ楽しいなあ。その上逆光で失敗したので、三回も撮り直しさせてもらった。相変わらずこんな感じで、冷や汗かきながら旅をしています。ドキドキの毎日です。写真はサントマリードラメールの教会屋根の鐘搭(?)とカモメです。<ヒロピーさん>お馬さんお好きなんですか?。カマルグと呼ばれるこの辺は、白馬がとても多くて、乗馬も出来るんですよ。私は馬ではなく自転車に乗りましたが(^^;)。<CKさん>こんにちは、いつも読んで下さってるの?ありがとうございます。私もドキドキの毎日です、やっぱりもう少ししゃべれないとダメですね。友達が出来ないのが残念です。今回田舎中心なので、本当にのどかな所が多いんですよ。
[PR]
by jasminetea-m | 2007-06-19 06:31 | Comments(1)

Stes-Maries-de-la-Merの教会上

b0076967_22492234.jpg

b0076967_22492213.jpg

数日前にアビニョンからサントマリードラメールにバスで来ました。写真は移動中のバスの中から撮ったので、大きな画面で見たらブレてるかも(^^;。超のどかな海のそばの街です、携帯のアンテナも立たない…。だけど街一番高い教会の上に登ったら、アンテナが立ったのでそこから送ります。カマルグ湿原地帯ののどかな海と湖に囲まれた、野生のフラミンゴも生息する所です。フランスは少し街を離れると、こんな感じの田舎ばかり。だけどヨーロッパの田舎はとても美しいので、ホ~と癒やされるのです。<maquiさん>わ~お元気ですか?、お久しぶりです。ブログ投稿なんとか出来ましたよ~ヽ(^^)。ハーイ、螺旋階段引き続き気を付けまあす。<ヒロピーさん>私もちょっとドキドキだったんだけど、あまりにも良さげな人だったので家をみたい好奇心もあって行ってしまった。日本茶美味しかったよ~。心配してもらってありがとう。<hanaさん>初めまして、こんにちは(^^)。秋の恵みの季節のプロヴァンンスも良いでしょうね。今の時期花盛りで
キレイなんですが、けっこう暑いです。色々な季節に来れたら素敵ですね。これからも宜しくお願いします。<mayukuroさん>サンペネゼ橋の上で歌っちゃうなんて可愛いです~(^-^)v。私も歌えば良かったな。プロヴァンスの人って親切で暖かい人多いですよね。初めて来た時には感動して泣いちゃいました(T_T)。だから何回も来たくなっちゃうんだよね。<amaryさん>こんにちは、お久しぶりです。サンポールもカーニュシュルメールも行かれたんですね~!、私も凄く気にいりました。中世のままの街並み、のんびりした人達、ホ~とします。こちらに留学していたのですね!、もしかしてフランス語はペラペラ!♪、私はかなり苦労しています(/_;)
[PR]
by jasminetea-m | 2007-06-17 22:49 | Comments(2)

お返事忘れ、ごめんなさい

<roughpoliteさん>そうだよね~、何百年も前の石造りの建物は趣があるよね。残念だけど日本では有り得ない…(^^;。元々センスいいし地震ないし、羨ましいわあ。<ヒロピーさん>わっ私は日本語が得意…(^^;。あとは英語も含めて全滅なの。こちらでは会話集と身振り手振りと笑顔と度胸で乗り切ってます(T_T)
[PR]
by jasminetea-m | 2007-06-14 21:48 | Comments(0)

優しい人たち

b0076967_21311547.jpg

ニース付近のCote d'Azurと呼ばれる所から、Provenceのアビニョンに来ました。実はこの旅で唯一ホテルを決めてないままガイドブックの『素朴な港街』と言う言葉に惹かれてサナリーシュルメールに行ったのだけど、小さい街過ぎてガイドブックには地図もホテル案内もない上、列車を降りたら家もほとんどない野っ原。 さすがに焦って次の列車でマルセイユへ。やっと着いたマルセイユではどのホテルも満杯。困り果てていたら「大丈夫ですか?」と日本語が!振り返るとあきらかにフランス人の青年がいた。事情を話すと「僕はアビニョンに住んでいるので、そこならホテル知ってる」と言うので一緒にアビニョンに行くことに。日本に住んだこともあるそうで、けっこう日本語がしゃべれる上に大の日本好きの彼。私が切符を買うのを手伝ってくれて、自分の列車に乗り損ないそうになって、一緒に走った。TGV待ってもらって走った走った!、なんとか飛び乗った!、疲れた~!(x_x;)。アビニョンでは彼のおかげでホテルもすぐ決まり一段落。お礼に夕食をおごると言ってレストランに。日本語で色々な話しが出来て楽しかった。ところがどうしても食事代を受け取ってくれず、私の分まで払ってしまった。じゃあお茶をおごると言うと「僕の家にくれば」と。フランスの一般の人の家を見てみたかったのと、悪い人ではなさそうだったので、一時間の約束で行ってみた。ベランダから夕日の見える素敵なアパートで日本茶を入れてもらった。もちろんお茶を飲んで帰ったけど、彼の優しさにジワ~ン。メアドと住所を交換して、彼の好きな納豆と日本茶を送る約束をして別れた。個人的なことを長々すみません。あまりに嬉しくて(^^)、プロヴァンスの人の優しさを伝えたくて。
[PR]
by jasminetea-m | 2007-06-14 21:31 | Comments(5)

Cagnes sur Merの夜景

b0076967_19293218.jpg

これで『カーニュシュルメール』と読みます。『h』や『g』は基本的に読まないらしい。じゃあ付けなければ良いのにと思うけど、状況によっては読む…、難しいですフランス語 (^^;。写真は夕方(?)の9時30頃撮ったものです。今10時頃まで薄明るいです。空にまだ青さが残っていて、街灯がつき始まるこの時間…、とてもきれいです。実はここ、泊まっているホテルです。何百年も前に建てられた建物をそのままホテルにしています。中はエレベーターなどなくて、急な螺旋階段を使います。ビール飲んでると転げ落ちそう(@_@)
[PR]
by jasminetea-m | 2007-06-12 19:29 | Comments(3)