<   2007年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ブルーモスクの光

b0076967_10365262.jpg
b0076967_10373277.jpg

写真はブルーモスク内部の様子です。
ステンドグラスを施した260個もの窓からの光と、何千個もあるだろう内部を照らす照明がとても美しい寺院です。
又二万個以上あるブルー系の模様のタイルもここの大きな特徴で、その荘厳な美しさには圧倒されました。
日曜日に行ったため、内部ではお祈りのため集まった方達が一杯でした。
信者の女性は皆髪の毛が見えないようにスカーフをし、長いコートのようなワンピースを着、それは私に本当に遠いイスラムの国まで来たのだ・・・と思わせるものでした。
でも寺院の外では、スカーフをしていても普通の服の人、又はスカーフなしでGパンにTシャツの若い方など、服装はかなり自由なようでした。
若い方ほど自由な服装で、年配の方は今でもしっかりとスカーフで覆ってる方が多かったです。
この写真だけを見てると・・・本当に異国ですね。
イスタンブールでの私の体験談はMoreに・・・。

More
[PR]
by jasminetea-m | 2007-10-31 11:47 | 旅が大好き☆ | Comments(7)

イスタンブール スルタンアフメッド・ジャーミィ

b0076967_11585137.jpg
b0076967_11593083.jpg

旅した順にイスタンブールの写真からアップします。
ジャーミィとは寺院のことです。
トルコの自然に触れたくて行った旅だったけど、この寺院だけはさすがに写真に収めました。
ガイドブックには「トルコを代表するイスラーム寺院」と書いてあります。
建物内側には美しいブルー系の模様のタイルが張りめぐらされ、そのため通称「ブルーモスク」と呼ばれています。
高い位置にある屋上レストランに行ったので、そこから夜景を何枚か撮りました。
一枚目は自然な状態での撮影ですが、二枚目はカメラにちょっと細工をして、空の色を思い切りブルーにしてみました。
この街ではビックリするような出来事が次々起こり、私はカルチャーショックにやられました。
旅前に読んだガイドブックの注意書き以上の出来事でした。
長くなるし、不愉快に思う方も居るかも知れないので、「More」にそのことは書きますね。
読まれる方は覚悟してMoreボタンを押して下さい(^^;


More
[PR]
by jasminetea-m | 2007-10-29 13:01 | 旅が大好き☆ | Comments(8)

トルコの自然

b0076967_1201412.jpg

今日からトルコの写真と一緒に、私の感じたトルコという国のこと、この国での人々との出会いなど書きます。
友達が旅したトルコの写真を見せてくれた時、いったいどの辺にあるのかさえ知らなかった国。
その中の自然を写した写真にとても惹かれました。
それからたまたまテレビで見たトルコを紹介する番組。
その雄大で不思議な景観・・・益々トルコの自然に惹かれたのでした。
最初に飛行機で到着したイスタンブールを飛び越して、この写真はパムッカレという所です。
石灰棚の白い層・・・それだけでも凄いのですが、この日は今にも雨が降り出しそうな怪しい空。
空は色々な表情を見せますが、私は雨一歩手前のこんな雲のある空が大好きです。
この写真はパムッカレのほんの一部です、これからどんどんアップしますね。

*私事ですが・・・
フォトスクールの写真展を目指すコースに21日から通い始まりました。
来年1月には渋谷のギャラリーでグループ写真展を開催します。
それで今回は、それに合わせて17日の帰国だったのです。
その時は又お知らせしますね。

[PR]
by jasminetea-m | 2007-10-27 01:57 | 旅が大好き☆ | Comments(8)

「ありがとう」

b0076967_2333742.jpg

何回も書くのは恥ずかしいのだけど、私は外国語オンチです。
学生時代も一番苦手が英語。
そんな私ですが、どこの国に行っても必ず覚える言葉があります。
それは「こんにちは」と「ありがとう」
これだけは絶対現地の言葉でニコッとしながら言うようにしています。
そのあとは拙い英語でなんとか会話します。
今回トルコに行きましたが、トルコの言葉で「こんにちは」は「merhaba メルハバ」、「ありがとう」は「tesekkur ティシュクレ」。
これは行った国の方々に対する最低限の挨拶かなと思っています。
この言葉を使った途端に現地の方もニッコリしてくれます。

フランスで現地の方の様子を見ていると、店に入った時はまず「Bonjour こんにちは」、店を出る時は買った方のお客さんも「Merci ありがとう」、そして「Au revoir さようなら」と続きます。
私も真似してそう言うようにしています。
お店の方もニッコリしてくれます。
海外を旅していると、「ありがとう」という言葉は頻繁に耳にします。
日本は「ごめんなさい」も「ちょっとどいて頂けますか?」も「ありがとう」も、便利な「済みません」という言葉で済んでしまうことが多いけど、せっかくなら「ありがとう」と言ったらとても場が和む気がします。
日本に居て「済みません」はよく聞くけど、「ありがとう」はあまり聞くことありません。
私は心掛けて「ありがとう」と言いたいと思っています。

写真はプロヴァンで見た朝の霧です。
泊まった部屋の窓から庭を見下ろしています。
これでフランス写真はお終いです。
こんどからトルコ写真と一緒に、トルコの面白くデンジャラスな旅の話し書きますね。

[PR]
by jasminetea-m | 2007-10-26 00:26 | 旅が大好き☆ | Comments(2)

守られる子供

b0076967_1325882.jpg
b0076967_1331671.jpg

パリで泊まったホテル・・・、朝早く目が覚めてしまったので窓の外に目をやると、まだ街は闇の中にたたずむ不思議な世界。
だあれも居ない・・・、遠くで車の音・・・。

日曜日には華やかな結婚式が行われていた向いの教会、月曜日その隣の建物が学校だと分かりました。
朝8時半頃になると、登校してくる子供達。
そして一人づつそれに付き添う親達。
母親も居るけれど、出勤前の父親もたくさん。
子供達は小学生ぐらい・・・。
フランスの学校状況をまったく知らない私は、その光景を少し不思議な気持ちで見ていました。
日本では小学生を親が送り迎えすること、まして出勤前の忙しい父親までが参加することは考えられません。
けして治安が悪いとは思えないパリだけど・・・。
そして登校時間が終わると、入口の重たい扉がピタッと閉められ、そこが学校だとはちょっと気が付かないぐらい。
子供達の下校時間にもおそらく親のお迎えが義務付けられているのでしょうね。
その時間には私はいつも出掛けていたので、その光景は見てないのだけど・・・。
子供達は親に学校に社会にしっかり守られているのですね・・・。
父親も仕事優先ではなく一番大切なのは家族だと認識し、会社もそれを当然とする時間体制を作り。
ということは当然、フランスという社会がそれをバックアップしてくれて成り立っているはず。
国をあげて子供を守ろうとする姿勢、それは自国民を守ろうとする姿勢。
とても素晴らしいことだと思いました。
少なくても登下校中の誘拐などの犯罪、授業中の凶悪犯乱入事件などはないのでしょうね。
平和だと言われていた日本だけど、ここ数年今までと違った種類の犯罪が多発しています。
この世で一番大切なのは自分の家族、一番守りたいのは自分の家族、そんな当然なことを全うさせてくれない日本社会。
状況は刻一刻と変化します、それに機敏に対応しなければ、日本は犯罪の温床になってしまうと危惧しています。

[PR]
by jasminetea-m | 2007-10-24 13:57 | 旅が大好き☆ | Comments(3)

フランス語の発音

b0076967_1371334.jpg

今回短いパリの滞在だったのであまり欲張りをせず、のんびりブラブラと散歩したりして過ごしました。
booさんと待ち合わせしたア・プリオリ・テの入っているパサージュや、その周辺に素敵なショップが一杯あったので、もう一度ゆっくり訪ねてみることにしました。
パサージュにある雑貨屋さんで、可愛いエッフェル塔のミニチュアを見つけたのでお買い物。
色んな色があったけど、私用にはこの抹茶色のを。
本当はワイヤーで出来たちょっと使い込んだようなエッフェルがほしかったけど、でもこの可愛さに免じて買ってみました。
上にちょこんと付いてるのはカードホルダーです。
旅の思い出の写真を飾ってもステキと思いました。

そう言えば、携帯で現地投稿したヴァンブで買った赤い缶。
日本に帰って缶に書いてある文字の意味を調べてみました。
「coreine」は各当する言葉が見つからないので、どうもメーカー名みたいです・・・。
缶に書いてあった「semoule」はセモリナ小麦のことらしい。
どこかのメーカーの小麦が入っていた缶のようです。
開けた時少し粉っぽく、とても良い香りがしたので「?」と思っていました。
フランス人は母音のキツイ発音が耳障りに感じる国民だと聞いたことがありますが、色んな言葉が英語と同じスペルでも読み方が違くなり、とても優しい響きになります。
美しい響きを持ったフランス語、、世界中の沢山の女性を魅せる一因なのでしょうね。
勿論芸術などの勉学を試みる沢山の男性もフランスを目指しました。
色々な円熟した文化を持つフランスという国。
これからも人々を魅了し続けるのでしょうね。

[PR]
by jasminetea-m | 2007-10-23 13:54 | 旅が大好き☆ | Comments(2)

フランス人も、人生変えたければ英語レッスン・・・?

b0076967_20414756.jpg
b0076967_20425856.jpg

一枚目の写真は、プロヴァンのシャンブル・ドットの私の部屋の窓に掛けられていたリースです。
マダムの細かい心配りが感じられます。

二枚目のちょっとブレブレ写真は、滞在中に携帯カメラで撮ったもので、少し暗いメトロの通路にあった人の背丈以上ある大きなポスターです。
このポスター、メトロの列車内などいたる所で見掛けました。
よく聞く話しに、「フランス人は英語で話し掛けると無視する」「プライドが高いので、フランス語以外では返事してくれない」などなどありますが・・・。
私は英語もほとんど出来ないけど、フランス語もかなり出来ない(^^;
でもそんな意地悪をされたことはなく、皆とても親切で気持ち良い対応をいつもしてくれます。
だからこんな噂、ウソか大袈裟なんだろうと思っていました。
フランス人と話をする時、ほとんどフランス語が出来ない私は、英語で話すこともあるのだけど、「英語話せますか?」と聞くと、話せない方は皆とても恥ずかしそうにします、そして「少し」を意味するゼスチャー。
「Me too」と私が言うとニコッとしてくれます。
そしてこのポスターに書いてある、「あなたは英語が話せますか?」と「あなたの人生を変えよう!」の文字。
これらを総合すると・・・
フランス人は本当に英語が出来ない人が一杯いる。
それを恥ずかしいことと思い、何とかしなければと思っている。
だから流暢な英語で話し掛けると、照れもあって知らん顔する。
と、こうなったのです。
これが当たっているか間違っているか、その確認は出来ないのですが、今までの一杯の私の体験ではおそらく・・・間違っていないと思います。
私がいつも良くしてもらえて、良い旅が出来るのは私が上手に英語しゃべれないからかなあ・・・と思いました。

[PR]
by jasminetea-m | 2007-10-21 22:18 | 旅が大好き☆ | Comments(5)

本当は・・・寂しい?

b0076967_1729151.jpg

長く住んだこともない一旅行者の私ですが、・・・何となく感じたのです。
フランス人の心の底に漂う、寂しさを。
言葉オンチの私、旅も笑顔とゼスチャーとカンで乗り切っている。
だからカンが鋭くなってしまう・・・。

プロヴァンのシャンブル・ドットの優しいマダム、私がほとんどフランス語分からないと分かっているのに、どんどんフランス語で話し掛けて来る。
焦る私、冷汗ビッショリで必死に対応する私。
それは滞在中3日間続いたっけ。
息子さんと二人暮らしみたいだけど・・・。
お掃除の行き届いた清潔なお家だったけど、いつも一人でお掃除して過ごしているのかな・・・。

パリのカフェで・・・
軽くランチしようと思って、どんなメニューあるのかなあ・・・と。
メニュー読むより人の食べてる物見た方が早いので、食事していた青年の食事をチラ見。
すると目が合って、「bon?(美味しい?)」と私。
ウンとっても美味しいよと彼も。
空いてる席がその隣だけだったので、隣のテーブルに座りニコッと私。
私が言葉が上手くないことはすぐ分かってくれて、彼もゼスチャー混ざりの会話。
なんとなく二人ニコニコと並んでお食事。
・・・だけど、何となく感じたのです、彼の孤独さを。
笑みを絶やさず優しそうな方なのに・・・何故か寂しさが伝わって来たのです。

かなり前だけど「淋しいアメリカ人」だったと思うけど、本が出たことがあった。
寂しいのはアメリカ人だけではないのですね。
個人主義の発達した欧米、フランス・・・。

そう言えば、6月にフランス旅した時にマルセイユで助けてくれたナットン君も言っていた。
「日本は長寿だけど、あまりお年寄りが幸せじゃない」と私。
「それはフランスも同じ」とナットン君。
彼とはお礼に緑茶を送ってから時々メールを交わしている。
音楽家の彼、・・・彼もどこか寂しそう。

皆一人が嫌い、皆友達か家族を欲しがっている。
それはどこの国も、人間だったら当然のこと。
だけど正直な裏表のない国民性(と私は思っている)のフランス人。
とても分かり易いのです、凄く伝わって来たのです。
ちょっと悲しい気持ちになりました。
なんだか、皆に幸せを届けたくなりました。

[PR]
by jasminetea-m | 2007-10-19 18:14 | 旅が大好き☆ | Comments(6)

ただいまです

b0076967_23493638.jpg

予定通り今日帰りました。
帰って来てしまいました・・・。
いつも思うことは「帰りたくない!」、だけどいつも帰る・・・。
いつか帰らないで良かったら、どんなにか嬉しいだろう。
夢は見るものではなく、叶えるもの。
そんな言葉があるけれど、本当にそうだと思います。
強い思いは必ず叶う。
勿論そのための努力や行動は必要不可欠、自分で叶えるものだから。

写真はパリからトコトコと列車で一時間ちょっとのプロヴァンです。
紅葉が少し始まっていました。
エキサイティングなトルコの旅、色々考えさせられたフランスの旅・・・。
拙い写真だけど、撮った写真と一緒に除々にアップしますね。
この頃旅写真ばかりだけど、良かったらお付き合い下さい♡

[PR]
by jasminetea-m | 2007-10-18 00:18 | 旅が大好き☆ | Comments(10)

帰りたくなあい~!

b0076967_17211725.jpg

いよいよ帰国の日…早っ!。 帰りたくなあい~!。 帰ったって仕事とネコが待ってるだけだもの。 え~い!暴れてやる!、グレてやる~!(^^; 写真は今日のパリの朝焼け です。 もう明日からは見られない…。 日本でもきれいな朝焼けしてるだろうけど、日本で早起きはイヤ! パリだから頑張って起きてるのよ! なんちゃって、これ朝8時半ぐらいなんだよね…(^^; この時期こちらの朝は遅いので。 まあ、ネコも心配だし帰るとするか…。 では、次は日本で~。 「パリ事情あれこれ」の続きは帰国後書きますねヽ(^^)
[PR]
by jasminetea-m | 2007-10-16 17:21 | Comments(4)