<   2009年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

チューリッヒ着きました

b0076967_23463153.jpg

無事着きました。 長い間貯めたマイレージ、いつもなら格安航空券で来るのに、思い切りスイスエアラインの直行便(^^; 早い~!! 即ルツェルンと言う街に向かいます。 空港から直行かと思っていたら、チューリッヒ市内で乗り換えがあって焦ったけど、親切なヒゲのお兄さんに乗り場まで連れて行ってもらい、無事乗車。 スイス人優しいわあ。 列車ではガイドブックに書いてあった通り、しっかり左側の席を確保。 湖が見えたり最高の景色。 案外ちゃかりとしっかり者の私(^^; どんな旅になることやら? ルンルン♪
[PR]
by jasminetea-m | 2009-06-30 23:46 | Comments(0)

スイス行って来ます

b0076967_19561767.jpg

自分で呆れているぐらいだから、人はもっと呆れるだろうな・・・。
アイスランドの写真もまだアップし終わってないのに、明日からスイス行って来ます(^^;

又携帯写真でブログアップ予定。
お時間ありましたら・・・見て下さい。

写真はアイスランドの海です。
海の色きれいでしょ?

[PR]
by jasminetea-m | 2009-06-29 20:03 | 旅が大好き☆

アイスランド ルピナス咲く頃

b0076967_1804351.jpg
b0076967_181419.jpg
b0076967_1811968.jpg

ルピナスの花です。
ガイドブックにも載っていた青紫の花。
行ったらちょうど最盛期でした。
岩ゴツゴツ、溶岩台地、地熱の煙・・・、そんな地球創世記的荒々しい景色の中に、この花の優しい色・・・。
とても強い花で、種となって毎年増え続け、いづれはアイスランド全体を覆い尽くすのではないかと
思えるほどの勢いで、どこでもこの花を見ることが出来ました。
それなのに、この可憐な色合い、立ち姿・・・。

日本でも種が手に入るようです。
来年はうちの庭をルピナスで埋め尽くしたい・・・、今計画中です。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-06-28 18:15 | 旅が大好き☆ | Comments(14)

アイスランド 地球の割れ目

b0076967_21505657.jpg
b0076967_21511096.jpg

ユーラシア大陸と北米大陸のプレートの真上にある国、アイスランド。
プレートは毎年数cmづつ広がり、その国土を広げ続けています。
そんな地球の割れ目は何か所かで実際に見ることが出来ます。
写真は北東に位置するクラプラそばの割れ目、「グリョゥタギャゥ」です。
こんな割れ目が何キロも続きます。
部分的に地下には温泉も湧き、ブルーがかった透明。
温度もちょうど良く、ここで泳ぎたかったけど、バスツアーで行ったので人が居て諦めました。
こういう時、「個人で行きた~い!」と激しく思います。
やっぱりレンタカーでの個人旅行が一番かなあ・・・?

ところで、上の写真の割れ目の深さ、20m以上はあるでしょうか?
「ここに落ちたら大変だなあ・・・、あの岩に頭打って死んでしまうだろうな・・・」と恐る恐る覗いていました。
そうしたら怖くなって、足がすくんで、思い切り転んでしまいました!
反射的に割れ目と反対側に体を向けたけど、焦った・・・。
周りに居た人も驚いて飛んで来ました。
やっぱり地球的規模の秘境には、足腰しっかりしてる若いうちに行かないとね。
歳取ったら、日本の温泉巡りでもゆっくりしよう・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-06-25 22:32 | 旅が大好き☆ | Comments(6)

アイスランド 大自然の中の生活

b0076967_810492.jpg
b0076967_8111437.jpg
b0076967_8112785.jpg

アイスランドから帰ってからは、マメな投稿と写真枚数アップ状態が続きます。
お伝えしたいことが一杯あるのよ。

この家達、山小屋でも海の家でもなく、普通に生活している一軒家です。
もの凄い環境下にあるのですが、又素晴らしい環境下でもあると言えます。
隣の家と何十Kmも離れた所にポツンとある家もあるのですが、冬は過酷な状況の中での生活も
夏は自然を一人占め状態になります。

アイスランドはよく「氷と火の国」と言われますが、総氷河面積が国土の12%、200を超す火山の国です。
氷河の下にも火山はあり、昔火山が爆発した時は氷河が溶け出し大洪水になったそうです。
ともかく何もかもスケールがデッカイのです。

そんな訳で地熱発電が盛んです。
又、全ての家の蛇口をひねると「お湯マーク」の方からは温泉が出ます。
勿論全てのホテルも同じで、私が泊まった安宿も当たり前のように温泉でした。
そして自然を大切にする国であり、水資源にも恵まれた国なので水質も良く、「水マーク」の方をひねると
ミネラルウォーターと変わらないレベルの水が出るのです。
なんと、蛇口をひねると温泉とミネラルウォーターが普通に出る国なのです。
だからこんな野山の一軒家でも、普通に生活出来るのだろうな・・・と思います。
自然を大切にし、自然の恩恵と共に生きている国なのですね。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-06-22 08:54 | 旅が大好き☆ | Comments(4)

アイスランド 氷河湖

b0076967_2255554.jpg
b0076967_2261814.jpg
b0076967_2263383.jpg
b0076967_2264744.jpg

今回のアイスランドの旅で、一番行きたかったヨークルスアゥロン氷河湖です。
アイスランドで一番大きいヴァトナヨークトル氷河が流れ出した所に、地震でせき止められ海と隔離された
湖が出来、そこに無数の氷河の塊りが浮いています。
青白く輝く氷の塊りはかなり大きく、南極の景色にも通じるものがあります。
4枚目の写真の水陸両用車に乗り救命具を付け、私達は湖を4~50分巡ります。
今回の旅はどこへ行っても感動的だったけど、このボートツアーはかなりお勧めです。
もうワクワクが止まらなくなります(^^;

[PR]
by jasminetea-m | 2009-06-20 22:33 | 旅が大好き☆ | Comments(6)

アイスランド 赤い屋根の教会

b0076967_225062.jpg

ただいま、今日帰りました。
早速写真を一枚。
バスドライブ途中で見掛けた小さな街の教会です。
手前の紫色は咲き誇るルピナスの花です。
ちょっとメルヘンチックだったかな・・・(^^;

留守の間にもコメントをありがとうございました。
今日読ませて頂いてとても嬉しかったです。
ちょっと忙しく、すぐにコメントお返事出来ませんが、2~3日中にはきっと。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-06-17 22:15 | 旅が大好き☆ | Comments(6)

帰国です

b0076967_16282192.jpg

b0076967_16282144.jpg

今アイスランドの空港です。 充実した旅も終わりです。 アイスランド、素晴らし所でした。 又ぜひ来たいと思う国です。 いまいちの携帯写真に付き合ってくれてありがとう。 日本に帰ったら、続きを一眼レフ写真で見てください。 写真はこちらで出会った滝と、凄いスピードで回る回転寿司です(^^;  名付けて「空飛ぶ回転寿司」←jas子勝手に命名。
[PR]
by jasminetea-m | 2009-06-16 16:28 | Comments(0)

灯台岬まで

b0076967_1454550.jpg

b0076967_1454559.jpg

こちらに来てからもらったバスの路線図に、小さく灯台の絵が書いてあるのを発見。 どんな所だろう?、絵になる灯台かな? アークレイリに飛行機で行く時、ちょうど見えないかなと空から目を凝らして見ていた。 そうしたら、緑の草原の中にポツンとレトロな灯台が! 良い感じ!、レイキャビクに戻ったら絶対行こうと決めた。 又バスで行くのが少し不安だったけど、バスの運転手さんに聞きながら行ってみた。 写真は海側から撮ったもので、ちょっと草原とは違うけど…(^^;、とりあえず。 ここでしばらく海を見ていた。 旅出来ることに感謝しながら…。 良い時間だった。 2枚目の写真は途中で見つけた、巨大抹茶チョコロールケーキです。(実はこれから敷く芝らしい(^^;)
[PR]
by jasminetea-m | 2009-06-14 01:45 | Comments(8)

澄んだ大地

b0076967_864060.jpg

b0076967_864041.jpg

b0076967_864073.jpg

アイスランドの西側を巡るツアーに参加しました。 スナイフェルスネス半島を1日かけて走ります。 地熱温泉暖房システムにより、汚染されていない空気と、澄み切った空の国を実感する風景が続きます。 走るバスから撮っているのに、どこか景色がクリアでしょ? このことはアイスランドに着いて、外に出た瞬間に気付き驚いたことでした。 空気が美味しいんですよ~! 最後の写真は一面に咲くルピナスの花です。 こんな景色が続きます。 レイキャビクに戻ってからはパソコンが使えないので、コメントのお返事は、日本に帰ってからになります。 すみません。 でもあと5日で帰国です、まだまだ帰りたくない気持ちですが…。
[PR]
by jasminetea-m | 2009-06-13 08:06 | Comments(6)