<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

滝を巡り うどんを食す

b0076967_950403.jpg
b0076967_9505665.jpg
b0076967_9511019.jpg

河津の七滝巡りをしました。
林の中の散策路を歩くと、ところどころに滝が表れる気持の良いコースです。
水がとても澄んでいて、そこに木漏れ日がキラキラと反射していました。
片道1時間ぐらいの気軽なコースで、滝はかなりのスケールのものからミニサイズまで7つあり、
のんびり歩くのに良い所です。
途中にあずま屋があり、ここで休憩をしました。
古い民家を改装して、若いご夫婦で内装と料理を手掛けているようでした。
竹林を上手く入れ額縁のように仕上げた窓、手造り感溢れる内装、そしてとても美味しかった冷うどん。
素敵なご夫婦だなあ・・・と思いました。
そして最後の写真は、そこで買って帰った竹炭の鉢に入った寄せ植え。
今うちの家の和室で静かに成長を続けています。
苔やモミジと思われる苗木もあり、「きっと紅葉しますよ」とご主人。
置き場所のことも心配して色々教えて下さり、とても心温まるお買い物でした。
大切に育てますね、ありがとう。

*あずま屋で持ち帰りにして頂いたゆず味噌おにぎり、これがもう今回の旅で食べたお料理で、
  一番のお味でした。
*ちなみにこの寄せ植え、竹炭の鉢の長さだけで20cmはある大きさですが、700円でした。
  ここまで形にする手間を考えても、とても良心的なお値段だと思いました。
*実は、七滝巡りもこちらのあずま屋もそして7800円ホテルも、夏頃見たTVの旅番組で紹介され 
  ていた所です。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-09-30 10:23 | 旅が大好き☆ | Comments(0)

陽の沈む頃

b0076967_2047257.jpg

伊豆の松崎は西側にあるので、海に沈む夕日が見られます。
カメラを持って暫く居ると空が段々赤くなって、見事な夕日タイムでした。

今回泊まったのは格安ということで決めたホテルでした。
食べ放題2食付き一人7800円。
蟹と刺身も食べ放題で、やや不安ながらもやはり楽しみだったのですが・・・。
蟹は以外に美味しく、蟹酢で結構頂きました。
でも、刺身や他の物はかなり???なお味。
部屋はきれいで露天風呂も見晴らしが良く、値段を考えると・・・まあまあかな?
一人でフラッと行ったり、女同士安く上げようなんて時には良いかも。

*コンデジ写真、望遠にしたらやはり粒子荒いですね。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-09-28 20:59 | 旅が大好き☆ | Comments(4)

ペリーロード散策 (伊豆下田)

b0076967_17262944.jpg
b0076967_17264817.jpg
b0076967_17275146.jpg

3日間ほど留守にして、友達と伊豆に行っていました。
一時は毎年のように行っていた弓ヶ浜海岸。
通過だけは何十回としたことのある下田だったけど、今回は初めて街散策しながら、ゆっくりと訪ねてみました。
特にペリーロードと言われる700Mほどの通り。
1853年に日本に開国を求め黒船でやって来たペリー監督一行が、条約締結のため歩いた道とされています。
今では古民家を利用したカフェやレストラン、雑貨屋さんが続き、趣ある通りながらも楽しい通りになっています。
写真は特に感動するほど素敵だったカフェの外と中です。
それからペリーロードの一角。

*アイスランドの途中ですが、せっかくなので数回伊豆の写真が続く予定です。
 こうしていると旅ばかりしてるみたいだけど、アイスランドは6月に行った旅ですから・・・(^^;
 ちゃんと仕事もやっています!
 実は来年、大プロジェクトを抱えすでに準備に入り、大変な毎日なのですよ(本当)
*ちなみにカメラはコンデジです。
 以外にまあまあの写りで、最近コンデジの身軽さを痛感する日々です。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-09-26 18:09 | 旅が大好き☆ | Comments(8)

Jane Birkin

b0076967_16381212.jpg
b0076967_16382844.jpg

9月18日 金曜夜。
私の長い間の憧れの女性 ジェーン・バーキンと会う。
会ったと言っても、勿論あなたはステージの上。
私は客席の一つに座っていただけ・・・。

ジョン・バリーを経て、セルジュ・ゲンスブールを経て、ジャック・ドワイヨを経て・・・。
それぞれに一人づつ子供を生み、今は自由な一人。
音楽活動と政治的な活動・・・。
活き活きとキラキラと・・・堂々と生きる。
私の憧れ、そして手本。

でもあの日、ステージで見せた涙は・・・何だったのだろう?
きっと優しくてナイーブな人、そして感受性の強い人。
その美しさ、強さ、生き方・・・私は長い間あなたの影響を受けながら、あなたに少しでも近付きたくて・・・。
そして、生きてきたのです。

*一番上の写真、63歳になる最近のジェーン・バーキン。
  自分の生き方を確立し、自信を持って生きている人は美しいですね。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-09-20 18:06 | そのほか | Comments(4)

アイスランド 住宅街散策風景

b0076967_1074516.jpg
b0076967_108476.jpg
b0076967_1082695.jpg

アークレイリとレイキャビクの街が混ざってますが、良く歩いた散歩道の一部です。
北海道の初夏のようにいっせいに花が咲き、特にタンポポとルピナスが見事でした。
自然が豊かと言うより、自然の中に少しばかりの家があり、自然の中にお邪魔させて頂いている
という風景でした。
私が行った季節は初夏だったけど、買って帰ったアイスランドの写真集は、ほとんど冬の荒涼とした
風景の写真ばかりでした。
「寒い場所には寒い季節に行け」と言う言葉がありますが、まさにアイスランドの魅力は冬の荒涼
としたその中にあるのでしょう。
日照時間も一日にほんの数時間の闇の中での生活。
雪や突風で外に出ることもままならない中、そこにこそ本当の『生活』があるのだと思う。
私は気軽な旅行者。
アイスランドの本当の生活を知らないまま、良い所取りで帰って来てしまった・・・。
済まないな・・・と言う気もします。
出来たら冬にこそ行くべきなのでしょうね。
でも、道路も閉鎖され、移動手段はかなり厳しいものになります。
かなりの覚悟がなければ、冬のアイスランド遂行は難しいだろうな・・・。
私にはもう少し覚悟が必要なようです・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-09-18 10:35 | 旅が大好き☆ | Comments(2)

コンデジ写真 フランスランチ

b0076967_19124923.jpg
b0076967_19132032.jpg
b0076967_19143718.jpg
b0076967_1916833.jpg

アイスランドの途中ですが、ちょっとお休み。

先週、国立新美術館で行われた二科展に行って来ました。
どんな写真が入選しているのか見てみたかったのです。

ちょうどランチタイムだったので、まずはレストランへ・・・(^^;
美術館内にある ブラッスリー ポールボキュール ミュゼと言う、舌を噛みそうなフランス三ツ星のレストラン。
一度行ってみたかったのです。
ランチタイムとあって、外に並んだイスは順番を待っている人々で埋め尽くされていましたが、せっかく
だからと私にしては珍しく待つことに。
メニューをまだちゃんと見てなかったので、お隣のマダムに席の確保を頼み、入口まで行って確認。
戻ってイスのお礼を言うと、マダムはニッコリ「お一人ですか?」と。
それからお話しをしていると、「良かったら一緒にお食事しましょ」と誘われました。
「実はここのレストランの株を持っているの。20%オフになりますのよ」と。
食事をしながらも色々なお話しをして・・・、まるで旅先での出会いのようで楽しかったです。
日本でもこういうこともあるのですね。

写真は私が頂いた プリフィクスコース です。
とても美味しかったです。
さすがフランス三ツ星の味は絶品です。

最後の写真は二科展に来ていた美しい女性。
携帯が鳴って「Oui, Ca va, et vous?」としゃべっているのが聞こえました。
フランスの方なのね・・・さすがステキ。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-09-15 20:11 | 旅が大好き☆ | Comments(4)

アイスランド 不思議の自然大国

b0076967_830368.jpg
b0076967_8302973.jpg

友達と話しをしていて、アイスランドは不思議の国なのでは・・・と言う思いがして来ました。
上の写真はディムボルギの奇岩群の一部です。
火山の爆発で噴出された溶岩が湖に流れ込み、こんな奇妙な岩山の数々が出来上がりました。
今湖は干上がり、溶岩で出来た奇岩がまるで迷路のように、数キロに渡り広がります。
下の写真はシンクヴェトリルのギャウ(地球の割れ目)です。
ユーラシア大陸とアメリカ大陸のプレートが出会う谷間です。
この割れ目が毎年数センチづつ広がり、今も大きく成長し続けるアイスランドの大地です。
一応観光地のようになっていて歩けますが、周りにあるのは広大な草原と山々の自然だけで、
そのスケールの大きさはやはり心ときめくものがあります。
私は毎日ワクワクしながら歩きました。
空気も澄んでいて、遠くまでクリアに見えるんですよ。
この日は曇り空だったけど・・・(ボソッ (^^; )

[PR]
by jasminetea-m | 2009-09-13 09:03 | 旅が大好き☆ | Comments(2)

アイスランド 灯台岬・謎の花とオブジェ

b0076967_9552778.jpg
b0076967_9555479.jpg
b0076967_9561167.jpg

灯台岬のNo,2です。
不思議な花が咲いていました。
同じ茎から別れた枝の先に咲く花、姿形が全然違うのです。
白い花が咲くもの、青い花がいくつも咲くもの・・・、不思議です。
日本ではこの品種、まず見れないのでは・・・?

そして、謎のオブジェ。
灯台の野原にゴロッと転がっていました。
一辺が1Mぐらいはある大きなコンクリの塊です。
貝殻模様はきちんときれいに作られていています。
ほとんど人も来ないような場所に、何故こんな立派なオブジェが・・・?

ミステリアス・アイスランド!?
それがアイスランドの魅力なのかも?

[PR]
by jasminetea-m | 2009-09-11 10:09 | 旅が大好き☆ | Comments(4)

アイスランド 一人歩いた灯台岬

b0076967_16504388.jpg
b0076967_16511658.jpg

ほとんどガイドブックのない国アイスランド。
現地に行ってから情報を収集することも多い。
インフォメーションでもらったレイキャビックの市街地図に、灯台の絵を見つけた。
アークレイリに飛び立つ飛行機の中から、目を凝らして見つけた白い灯台は、緑の草原にポツンと立ち、
とても絵になっていた。
「絶対行ってみよう!」飛行機の中で思った。
レイキャビックに戻ってから、バスの路線図を辿りながら行ってみる。
これが一人旅の良さ、気楽さ、自由さ。
バスを降りてから少し歩くらしい。
バスの運転手さんがとても親切に行き方を教えてくれる。
歩いて歩いて・・・遥か先に、細長い白い灯台が見えた時は嬉しかったっけ・・・。
ほとんど人もなく、その代わり無数のカモメが空を飛ぶ。
海沿いに転がる岩に座って、暫く時を過ごした。
今回の旅で一番良い時間だったと思う。

*写真は灯台と、その反対側にあった赤い屋根の家です。
とても空がきれいな日でした。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-09-08 17:18 | 旅が大好き☆ | Comments(4)

アイスランド 黒猫と雑貨屋さん

b0076967_1429387.jpg
b0076967_14292195.jpg
b0076967_14293498.jpg

さてさて、忘れていたアイスランド(^^;

そのでっかいダイナミックな地球的規模の大自然には、人を魅了して止まないものがありますが。
そこは私・・・。
美しい自然の造形にも感動するけど、ネコや雑貨も大好き。
と言う訳で、久し振りのアイスランド写真は、まずネコと雑貨から・・・。

首都レイキャビックから飛行機で飛んだアークレイリ。
人口2万以下の小さい町だけど、泊まったホテルのすぐそばに本格的アンティークの雑貨屋さんがありました。
ホーローのほど良く味の出たパンプレートなど、ほしくなる物もあったけどここはガマン。
家に使い切れないほどの食器を持ち、今回の目的(自然に触れる)を遂行するためガマン、ガマン。
でも、秘かに写真だけは撮影(^^; (店の外だけど)
撮影していると、その反対側の民家の庭先には黒いニャンコ。
可愛いね♡君(目付き悪いとも言う)
一緒にカメラに収まって、一緒に日本に帰ろうね。

[PR]
by jasminetea-m | 2009-09-06 14:48 | 旅が大好き☆ | Comments(2)