<   2011年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

帰国後・・・

b0076967_2344328.jpg

予定通り26日に帰りました。
今日(28日)のカフェオープンに向けてメチャクチャ忙しかった・・・。

まだスーツケースも玄関にポイと置いたまま。
週明けにコメントのお返事させて頂きますね。

[PR]
by jasminetea-m | 2011-10-28 23:50 | 旅が大好き☆ | Comments(4)

さて帰るぞ〜

b0076967_21283868.jpg

b0076967_21283811.jpg

帰国の日です。
夕方の飛行機なので、それまで最後の散策。
まだちゃんとエッフェルを見てないと思い、METROに乗ってTrocaderoへ。
やっぱりフランス〜って感じ。
好きだなあ…美しい。
帰国の日なので、手持ち荷物が重たくて、早めに戻ることに。
ホテル近くのSt Paulを地上に出た所でビールを飲むことに。

昨夜は5年ぐらい前の旅で助けてくれたNathan君と再会。
音楽家を目指す彼はアヴィニョンからパリに出て頑張っています。
食事をしながら日本語でおしゃべり。
フランス語レッスンを交えた近況報告。
いつも笑顔を絶やさず、日本人以上に気配りの出来る日本大好きな彼。
又の再会を約束して別れました。
次はいつになるかなぁ…。
さて、そろそろ空港に向かおうか…。
長かった旅もこれでおしまい。
又来ますFrance〓
[PR]
by jasminetea-m | 2011-10-25 21:28 | Comments(4)

日記

b0076967_19175376.jpg

b0076967_19175379.jpg

昨日はヴァンブ蚤の市に、マリさんと待ち合わせして行ってきました。
何が何でも必要な物がある訳では無いし、荷物になるからね〜、などと話しながら堅実なお買い物。
mikoさんのお店で色々話しながら、写真のカフェボールと、他のお店で熊型キーを買いました。
mikoさんが、来年正月明けの日本での食事会に誘って下さったので、行ってみようかしら…?
マリさんはワーホリ終了後東京に住む可能性もあるそうで、又会おうね〜とお別れ。

今朝(蚤の市翌日)はホテルのプチデジュネが簡素で寂しいので、近所のカフェで朝食。
真っ赤な椅子と黒い内装がオシャレなカフェです。
さすがパリって感じ。
こうしてのんびりしていると、フランスを去りがたくなります。
[PR]
by jasminetea-m | 2011-10-24 19:17 | Comments(4)

何の祭り?

b0076967_3104110.jpg

b0076967_3104138.jpg

最初レストランでビールを飲んでいて、外があまりに騒がしいので気になる。
外を歩く人も皆見ているし、パトカーも来てる。
どうしても気になって、ビールの途中で外に出てみる。
とっ! 血だらけの人が!
オ〜! 事故!
と思いきや、後から後から血だらけの人が…!
最初驚いたけど、何かのパレードだと分かって、楽しくなって写真を撮らせてもらう。
意外とシャイだったり肖像権にうるさい彼等も、こんな時はカメラを向けると張り切る。
随分撮らせてもらった中から、とりあえず2枚を。

今テレビのニュースを見ていて分かりました。
ハロウィンパレードみたいです。
楽しいな〜!
[PR]
by jasminetea-m | 2011-10-24 03:10 | Comments(0)

マルシェ

b0076967_41507.jpg

朝起きたら、ホテル前でマルシェが開かれていました。
プチデジュネ後早速行ってみました。
アパルトマンを借りてた時は色々買い物したけど、今は無理…。
又いつかアパルトマンを借りるのも良いなあ…、と思ったり。
もういいかと思ったり。
[PR]
by jasminetea-m | 2011-10-23 04:15 | Comments(2)

早速モンマルトル

b0076967_20382857.jpg

モンマルトルのカフェでのんびりしています。
昨夜はブログ友達のマリさんと待ち合わせして、ディナーの後カフェでおしゃべり。
気が付くと夜中の12時を過ぎていました。
気が合って話しが尽きなくて、久し振りに日本語で楽しい時間を過ごしました。
やはり人って相性大事だなって思います。
まあ、そんな訳で今朝は寝坊(^^;
ホテルのプチデジュネはパスして、早々にモンマルトルまでやって来て食事しています。
やっぱり馴染むわあ〜、パリ。
このラテン系乗りと、自由さいい加減さ、憎めない感じ。

写真はモンマルトルの好きなカフェCoquelicotでの今朝の食事です。
グラタンとカフェオレ、美味しかったです。
[PR]
by jasminetea-m | 2011-10-21 20:38 | Comments(4)

サービス向上のフランス

b0076967_19552121.jpg

二年振りに来たせいか、フランスのサービスが向上していて驚きました。
まずレストランでは必ず無料でお水が出るようになっていた!
それもかなりの大ビンでたっぷり。
何かの空きビンだと思うけど、キレイな形も多く楽しい。
前は有料で、「ノンガスS・V・P」なんて言っていたのに。
もっと驚いたのは、レストランのトイレに便座拭き用の消毒液が置いてあったこと。
なっなんと清潔に気を使うようになったことか。
便座なんて壊れて、無いレストランも普通にあったのに。
ホテルのプチデジュネ(朝食)に、ハムやチーズ、果物やヨーグルトがつく所も増えました。
やっぱり朝は栄養付けたいよね。
パンとカフェオレだけの朝食は寂しくて、今まではカフェに食べに行くことが多かった。
今回泊まったフランスのホテル5ヶ所全部そうだったので、おそらく全体の傾向だと思う。

今パリに向かうTGVの中です。
いよいよ旅も終盤、最後の訪問地です。
パリのホテルのプチデジュネの傾向はどんなかしら?
又レポートしますね〜。
写真はTGVの中からです。
[PR]
by jasminetea-m | 2011-10-20 19:55 | Comments(2)

リヨンに居ます

b0076967_1363578.jpg

美食の町として有名なリヨンに来ています。
どのレストランの入り口ドアにもほとんど、何かしらの評価を獲得したらしきステッカーが貼られています。
それでいて結構気さくな雰囲気。
写真はサンジャン教会前広場から見上げたバジリカ聖堂です。

秋らしい写真が撮りたいのだけど、あまりキレイな紅葉してません。
プロヴァンスは緑真っ盛りだったし(^^;
パリに期待しよう…。
[PR]
by jasminetea-m | 2011-10-19 01:36 | Comments(0)

St Remyについてない

b0076967_1364199.jpg

b0076967_1364198.jpg

アヴィニョンから日帰りでサン・レミ・ド・プロヴァンスに行ってきました。
この前のようなことがなく、バスは往復時間通り順調だったのだけど…。
前に行った時、写真の素敵なレストランがとても気に入り、再訪問だったのだけど、土曜日のせいかランチはやってなく、ディナーだけと言われて。
最終バスに間に合わないので、諦めました。
前に一度食事したことはあったけど、雰囲気が大好きでせっかく又来たのに、ついてない…。
せめて開いてた窓から、中の様子をパチリ。
何回でも来たくなる気持ち分かるでしょ?

可愛いプロヴァンス雑貨の店が一杯なので、せめて何かうちのカフェで使える物を探すことに。
色々歩いて、アンティークな作りの黒板など買い物。
置く場所を考えたりしてウキウキ。
ところが店を出る時階段を踏み外して、思い切りコケる。
そばにいた女性が駆け寄って助けてくれた。
ケガはしなかったけど、派手な転び方をして注目の的…、恥。
なんだかついてないなあ…と思いながらも、又の再訪を誓うのだった。
[PR]
by jasminetea-m | 2011-10-17 01:36 | Comments(4)

セニョンを後にして

b0076967_21415899.jpg

b0076967_21415883.jpg

3泊したセニョンを後にしてアヴィニョンに向います。
どこでも男性は優しく、女性は厳しいものだけど…(^^;
ホテルフロントでせっかくだからと、知ってるフランス語を駆使して話そうとしたけど、ちょっとややこしい話しになるとまったく通用せず…。
いつもニコニコと対応してくれてたフロントの女性が、ある時ヤレヤレまったくみたいな顔をしたのを見てしまって、かなり気持ちがダウン気味…。
レストランのお兄さんがシャイなりに優しいのが救いでした〓
チェックアウトの時、精算に行くと例のフロント女性がやけにニコニコ愛嬌が良くて、ちょっと違和感を覚えたけど、「セニョンの滞在は如何でした?」と言うので「C'est bon」などと答える。
「タクシーを呼んでくれますか?」「どこまで行くの?」「Aptのバスステーションよ(タクシーで10ユーロぐらいの所)」と会話してると、ホテルの車で送ってくれると言う。
それだけでも驚いたけど…。
まだバスの時間があるから、ホテルのカフェでカフェオレを飲み待つことに。
するとフロント女性はクロワッサンまで付けてくれて、「フリーよ」と。
益々驚き、それでもホテル前のカフェで優雅に過ごす。
小さな街セニョンで知り合ったレストランのおじさん、他のレストランのお兄さんなどが次々と通り「Bonjour!」
ウキウキ過ごしていると、ホテルレストランのお兄さんが車で迎えに来てくれた。
フロント女性にカフェのお会計をしようとすると「non」と。
ええ〜!、心の底からビックリ。
だけどお言葉に甘えました〓
ホテル前で記念にお兄さんの写真を撮らせてもらって、バスステーションまで送ってもらって、「Merci Aurevoir」
やはりプロヴァンスは誰にでも優しい所なのか…?
フロント女性、呆れた顔を見られて名誉挽回か?
まあ、最後は暖かい気持ちで過ごせたから、良いとしよう。
写真はセニョンの街のニャンコと、ホテルレストランのお兄さんです。
ハゲてる訳ではなく、ロン毛を後ろで束ねてます(^^;
[PR]
by jasminetea-m | 2011-10-14 21:41 | Comments(0)