<   2012年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

帰って来ましたが…。

b0076967_217502.jpg

27日昼頃日本に着きました。
スペインのスリ騒々以外、とても良い旅でした。
旅は心の栄養剤な気がします。

が、家のパソコンが接続出来なくなっていました(>_<)
明日どうするか考えます。
実は携帯メールは凄く苦手。
直るまでお休みします。

写真はフランスのクリニャンクールとヴァンブで買ったアンティークの食器。
手持ちにして持ち帰りました。
宝物が増えました。
[PR]
by jasminetea-m | 2012-06-28 02:17 | Comments(4)

スペインから帰国

b0076967_632430.jpg

いよいよ明日帰国です。
残念な気がしないのはここがスペインだから…?
実はスリ未遂2回以外にも、カフェやレストランで強制的にチップを取ろうとしたり、お釣りを誤魔化そうとしたり…(=_=;)
色々ありました。
当然全て取り返したけど(チップは請求額の半分だけ渡した)
取り返したから良いと言う訳ではなく、楽しい気分台無しだよね。
ガイドブックにもチップは義務ではなく、サービスに対して感謝の気持ちで出すもの、と書いてある。
接客一度も受けなかった人が支払いの時だけ出て来て、「チップ チップ」って言うなんて。
フランスではこんなこと一度もなかったな…。
いくら不景気でも益々人を遠ざけて、益々不景気になるよ。
7年前はこんなことなかったのに。

ところで今日マドリッドの気温38℃だったそう。
スペインのどこかでは44℃だったそう…。
本当に温度差30℃以上になってしまった。
乾燥してるので日陰に居れば意外に平気だけど、日陰以外は歩けません。

写真はフランスのアルビの一角です。
フランスはやっぱり良いな…。
[PR]
by jasminetea-m | 2012-06-26 06:03 | Comments(2)

カフェコンイエロ

b0076967_5442692.jpg

少し間違いがあったので、訂正も兼ねて…。

昨日の2回目の方のショッピング中のスリだけど、思った以上に素早くて危機一発だったことが分かりました(>_<)
バックの中の財布を入れてるポケットのファスナーが、1cmぐらい開いていたのです。
その時はちゃんと閉めてなかったかな?と思ったけど、それから何回実験してもファスナーの滑りが良くて、閉めそこなうことがないのです。
私が気付く前からバックの中に手を入れて探っていたみたい。
やけにそばにピタっと付いていて、商品が見づらいなあ〜と思ったのは、スリと気付く20秒ぐらい前からだから、すでにその時はバックに手を入れてたのでは…?
しかし素早い!さすがプロだわ…。
私が気付くと一人はサッと店を出て行って、もう一人が私に何か話し掛けて来て、ちょっと気まずそうにしながら色々しゃべっていた。
あれは財布を取った方が逃げる間の時間稼ぎな訳ね。
何も被害がなかったから良いけど、1日に2回スリに狙われるなんて!
スペインは不景気で大変とは聞いているけど…。
気分悪いなあ…もう。

もう一つは昨晩のばくちく騒ぎだけど、バルセロナは「サンファンの火祭り」だったそうです…。
朝歩いていると、ばくちくや花火の燃えかすが広場や道路に散乱していました。
祭りに便乗した若い人達が騒いでいたのね。
夜中にも凄い音で一度目が覚めたけど、3時ぐらいだったと思う。
日本とはパワーが違うな…。

写真はカフェコンイエロ。
アイスコーヒーみたいな物だけど、一度熱いエスプレッソをいれ、それを氷のコップに入れ冷やして飲みます。
[PR]
by jasminetea-m | 2012-06-25 05:44 | Comments(2)

スリとばくちく

b0076967_6375724.jpg

時差の関係で、私的にはさっきの投稿と同じ日です。
サグラダファミリア後にスリに囲まれた後、同じガウディ設計のグエル邸を見学に行きました。
その後ショッピングしている時、又々スリに遭遇。
今度は女の2人組み。
買い物客を装おい、やや混んだ店内で自然に私のすぐ隣に。
やはり一人が他から私を遮り、もう一人が私のバックをあさろうと手を出して来た様子。
バックが急に重たくなったので気付いた。
私が今回持って来たバック、ファスナーではなくボタンで留めるタイプ。
それで目を付けられ易いかも…。
中にはファスナー付きのポケットがあり、そこに財布とカードは入っているので、意外と見た目より安全ではあるけど。
私が気付くと、バツ悪そうに去って行った。
何て国なんだスペイン!
でも2回とも純粋なスペイン人ではない顔立ちだった、南米系と言うか…。

ところで、今日スペインのサッカーが勝ったみたいだけど、今現地時間夜中の23:30だと言うのに、さっきからばくちくと花火が凄い音で鳴り止まない!
子供達の騒ぐ声もする。
なんてうるさい国なんだ!
せっかく夜風が気持ち良いのに、窓を開けると騒音の嵐。
まったくもう!
[PR]
by jasminetea-m | 2012-06-24 06:37 | Comments(8)

本当に居たスリ!

b0076967_23213664.jpg

b0076967_2321361.jpg

サグラダファミリアを見学。
実は7年ぐらい前にも来たことがあるのだけど、その時は床の工事中で中は普通に歩けず、板張りの歩道があって、そこしか歩けなかった。
それから大部工事が進んで、床全部と外観も大部出来上がっていた。
ガウディさんが見たら、どれだけ喜んだか…。

それはいいとして、その帰りメトロのエスカレーターでスリに囲まれた!
右側に立ち昇りエスカレーターに居ると、たいして混んでないのに女が3人左側を上がって来てピタと私の横で止まった。
2人が外から私を遮るように立ち、1人が私のバックの上にジャケットを掛けた。
ハッと気付きバックを動かすとアッサリ諦めて、そばから離れた。
エスカレーターを降りてから振り返ると、3人でこちらを見ながらひそひそ。
「チェッ、しくじったな…」って感じ?
睨み返しやったけど、考えたら怖〜!!
本当に居たわ、スリ。
話しには聞いていたけど…。
気を引き締めて行動しないと。
あと3日で帰国、そろそろ日本が懐かしいかも。
[PR]
by jasminetea-m | 2012-06-23 23:21 | Comments(2)

トラベルはトラブル

b0076967_6403281.jpg

トラベルはトラブルと上手いこと言った人がいるけど。

ペルピニャンは一泊だけだったので駅の目の前のホテルを取ったので余裕だった。
ゆったり駅に行き、スペイン行きのTGVを待つ。
すると何やらアナウンスが。
良く分からないので隣りのおばさんに聞くが、スペイン語で益々分からない。
向こうのベンチに居る青年の所に行き、筆談して列車が20分遅れると分かる。
やれやれと思って待っていると、又アナウンスが。
するとさっきの青年がわざわざ来てくれて、遅れが40分になったよと教えてくれる。
途中で一度乗り換えがあるのに、もう完全に間に合わないわ、参ったな…。
やっと来たTGVに乗り、どうしようと思いながら居ると又アナウンスが。
良く分からず近くの席に居る女の子に聞くと、バスで振り返え輸送になったと教えてくれる。
驚いていると「大丈夫、私もバルセロナに行くので、一緒に行こう」と言ってくれる。
ありがとう!
こうして色々な人に助けられて、何とか旅が出来る…。
思い出すと、いつも大変なことが起こったり、困っていると誰かが助けてくれた。
過去の旅でもいつもそうだったっけ。
その時々の色々な出来事や助けてくれた人達のことを思い出す。
それが旅の一番の思い出になっていて、けして忘れることはない…。
だからこそ旅なんだな…。
団体旅行や観光旅行なんかじゃ出来ない、本当の旅。
この思い出と出会いが旅の良さであり、旅の醍醐味なんだと思う。

写真は無事着いたバルセロナで食べたタパス料理のオープンサンド。
フランスから来ると、スペイン物価安くて驚きてす。
この具沢山オープンサンド(私はサーモンや蟹や海老を)4つとビールで10ユーロです。
スペイン良い所だ♪
[PR]
by jasminetea-m | 2012-06-22 06:40 | Comments(8)

フランス最後の日

b0076967_22113781.jpg

b0076967_22113752.jpg

昨日はルルドのキャンドル行進で感動し、昼前の列車でもうトゥールーズに戻って来ました。
ここで次の乗り換え列車3時間半待ち…!
せっかくなので駅に荷物を預け、トゥールーズの町を散策しようと、町に出ました。
乗り換えで利用するだけだったので、地図がなくまったく分からないまま歩いてみると、まずアラブ人多発地区(>_<)
違う道を歩いてみると娼婦街(>_<)
でも凄いボインの気の良さそうな娼婦のおばさんが話し掛けてくれて、私の被っている帽子を誉めてくれました。
嬉しかったけど、早々に駅に戻り、駅前レストランでビールを。
一泊だったけど昨日泊まったホテルはこんな所。
これで70ユーロ。昨日と今日の状況差に驚きます。
写真のマヨネーズはパリで買って、ずっと持ち歩いたマイマヨネーズ。
朝食ビュッフェで出るハム用に(^^ゞ

さて今からフランス最後の町、ペルピニャンに向います。
旅も終盤、スペイン5日間を残すだけになりました。
[PR]
by jasminetea-m | 2012-06-20 22:11 | Comments(0)

ルルドまでの長い道

b0076967_1384388.jpg

アルビからバスに乗りトゥールーズに着きました。
アルビのSNCF国鉄駅で発見したポスターによると、期間限定2ヶ月間だけ列車が動かず、バスによる代行運転中とのこと。
宝くじなんて当たったことないのに、よくもまあこんな時に当たったものだわ(>_<)
トゥールーズでは1時間の乗り換え列車待ち。
PAULを見つけナスのパイを食べたけど、これが味無し!
塩くれ〜と叫びたかったけど、店の人忙しそうだったので我慢。
次に乗る列車のホーム案内が出たので、向かおうとするともの凄い数の登り階段が目の前に…!
うろたえていると、通りかかった夫婦のおじさんがスーツケースをサッと持ってくれて、あっと言う間に上まで運んでくれた。
「Oo〜!Merci♪」と何度も言う、本当にありがとう。
ホームに着いたけど、行き先も列車ナンバーも違う列車が止まっている!
ホームに居る数人に聞くけど、皆良く分からない様子。
こんな時に限って電光掲示板は壊れているし、駅員も居ない…!
私の焦る様子をニコニコ見ていたお兄さんが、「大丈夫ルルド止まるよ」と教えてくれた。
ああ良かった。
とりあえず無事列車に乗りました。
やれやれ大変だったわ。

でもこうして着いたルルドはこんな所。実は夜キャンドルを持った数千人の人々の行進があるのです。
その様子は又今度、日本に帰ってから。
[PR]
by jasminetea-m | 2012-06-20 01:38 | Comments(2)

突然爽やか

b0076967_21171035.jpg

Albi2日目です。
昨日は気温37℃と書いたけど、実は定かではありません。
私の体感温度です(^^ゞ
暑さに弱いので、私的にはそう感じたけど、温度計を見た訳ではないので…。
適当ですみません。
ところが今日は突然爽やか〜♪
少し遠出して、昨日とは又違うアングルで橋と聖堂の写真を撮って来ました。
ここからの撮影はかなりのビューポイントらしく、ガイドブックでも紹介されていました。
ホテルから歩いて10分ぐらいなんだけどね…(^^ゞ
途中日陰がなく、あの灼熱地獄の中重い一眼持っては、体力ない私には無理だったのです。
最近疲れ易くて困ります。
やれやれ…(>_<)
[PR]
by jasminetea-m | 2012-06-18 21:17 | Comments(0)

温度差30℃

b0076967_1215294.jpg

トゥールーズは乗り換えに利用しただけで、そこからバスに乗ってAlbiに来ました。
数年前に旧市街全体が世界遺産になった町です。
レンガの美しい赤い町。
パリからはTGVで5時間半、それから何故か列車がなくバスで1時間半。
スペインにも近い小さい町です。
ブルージュの朝は7℃だったのに、ここはなんと37℃!
その差数日で30℃、暑い…!!
乾燥してるので木陰に入れば、なんとか大丈夫だけど。
ジュースとアイスクリームの消費率上がります。

どころで、コメント頂いているかも知れませんが、見れません。
日本に帰ってからお返事させて頂きますね。
ごめんなさい。
[PR]
by jasminetea-m | 2012-06-18 01:21 | Comments(0)