<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

妖しげなカタクリの花

b0076967_950332.jpg

b0076967_8485012.jpg

真っ白い雪の写真ばかりでも何なので・・・。

お散歩フォトサークルで花写真を撮りに行ったので、せっかくだからカタクリの花を。
カタクリを撮ったのは初めて。
こんどのカメラ(70D)ライブビュー撮影が出来るので、フル活用してみました。
地べたに這いつくばらなくても大丈夫なので、楽になったけど、やっぱりズボンの膝は
汚れます。
それにピントもファインダーを覗いた時のがすぐ合う。
もっと慣れれば大丈夫かなあ・・・。
もっといっぱい使って慣れなくちゃ。

まだ美瑛写真はあるので、4月になっても続く予定・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2014-03-31 09:01 | 緑とお花の日々

美瑛 鹿さんキツネさん

b0076967_1029539.jpg
b0076967_10301464.jpg

冬の北海道、色々な動物に巡り合えます。
鹿さん、キツネさん・・・。

春~秋には熊さんにも巡り合えることでしょう。
実際 何十年か前に知床に行った時、森の奥を熊が歩いて居たのにはビックリ。
ソーとソーと後ずさりして、車まで猛ダッシュで逃げたのでした。

北海道 自然の宝庫だわ。

[PR]
by jasminetea-m | 2014-03-28 10:39 | 旅が大好き☆

美瑛 親子の木

b0076967_9192753.jpg

「親子の木」と呼ばれていたのに、後から色々な木が生えて来て、今は「家族の木」
と呼ばれてるとか・・・(^^;

やっぱり陽は傾いた時間が一番。
上から照らされると全てが平面的になっちゃう。
朝の時間か夕方の時間。
夕方だと、夕焼けの後にマジックアワーのブルー、そして星空の時間も・・・。
壮大な宇宙の営み、自然の織りなす美しさ・・・。
地球の上に生まれたことに感謝する・・・そんな気持ちにさせられます。

[PR]
by jasminetea-m | 2014-03-25 09:34 | 好きな写真

美瑛 赤い屋根のお家

b0076967_10292842.jpg

ここシチューのTV・CMで使われて、ちょっと有名な場所。
赤い屋根のお家が2軒、草原の中に建ってます。
望遠で見ると実はかなり傷んでいて、昔建てた農機具などの物置きだそうです。
今は朽ち果てるのを待っている状態でした。

でもそんなことは今は関係なく、白い雪野原に赤い屋根がとても映えていました。
そばに立ってる木も向こうに立ってる木も、お家を素敵に引き立てていました。
丘のなだらかな形状もとても絵になる・・・。

こんな雄大な景色の中に居たら、心も雄大になれそう・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2014-03-22 10:46 | 好きな写真 | Comments(2)

美瑛 哲学の木

b0076967_10183450.jpg

ただただ感動・・・。
[PR]
by jasminetea-m | 2014-03-19 10:19 | 好きな写真

美瑛の太陽

b0076967_951484.jpg

先週は大寒波と吹雪に見舞われた北海道だったのに、何故か滞在中ほとんど晴れ。
おかしいな・・・普段の行いは全然良くないはずなのに・・・(^^;

特に撮影初日は、真っ青な空とギラギラ太陽。
現地ガイドさんもビックリの晴天でした。
こんなことは珍しいそう、美瑛もそろそろ春が近いのかな・・・?

東京のフォトサークルの先生に、雪を止めて写し込む方法をしっかり教えてもらって
来たけど。
こちらのガイドさんに、太陽から筋を出す撮り方を教えてもらう結果となりました・・・。
もう少し雪が降ったりもして欲しかったな・・・って贅沢?

[PR]
by jasminetea-m | 2014-03-17 10:15 | 好きな写真

美瑛の夕焼け

b0076967_15987.jpg

感動の4日間でした。
冬の美瑛・・・最高!

*クリックすると大きくなります、見て下さいね。


  
[PR]
by jasminetea-m | 2014-03-14 19:31 | 好きな写真 | Comments(2)

色がきれいだったから・・・

b0076967_1053917.jpg

ヴェルサイユ宮殿の里村散策中に見つけた窓・・・。
ガラスの厚みのある質感も、アイアンの装飾のクルクルも、積み上げられた書類の
色もきれいだったから。

明日から北海道の美瑛に行って来ます。
目的は撮影。
やや定番になりつつある美瑛の丘の写真だけど、やはり自分の目で見て自分で撮影
したいので・・・。
初夏~夏の北海道には好きで何回も行ってたけど、真冬はまだ2回目。
どんな写真が撮れるかな・・・?
フォトサークルの先生や他の男性が都合付かなかったので、女性だけの2人旅。
どんなドタバタ道中になることやら・・・?

[PR]
by jasminetea-m | 2014-03-10 10:17 | 好きな写真

一番美しいMETRO入口

b0076967_9461939.jpg

モンマルトルのMETRO、ABBESSES駅。
出入り口の美しいアールヌーヴォの装飾。
パリの中でも一番保存状態が良いらしい。
こんな装飾を施したMETROを当たり前に持ち、クラシカルな建物を持ち、パリの
町が輝いた時代の美しい産物・・・。
東京の地下鉄、名称だけはMETROに変えたけど、ちょっと根本的に違う。
今だって高層ビルは隅っこに追いやられ、町の景観を大切にしているパリ。
街中は昔のまんま。
だから芸術家が集まり、観光客も絶えない。
パリは特別な町。

クリスマスイルミネーションが施された夕方。
ちょうど人影が少なくなった所を撮りました。
実際は人の行き来が多くて、メトロの手前に人が入ってしまい難しい。

美しいパリの景観・・・大好き。

[PR]
by jasminetea-m | 2014-03-06 10:22 | 好きな写真 | Comments(2)

芸術橋のラブロック

b0076967_9365634.jpg
b0076967_9371428.jpg

Pont des Arts(芸術橋)の橋の欄干には、ロックされた鍵が無数にビッシリと掛ってます。
一人カメラ持って歩いていても、「ラブロック買う?」と鍵屋のおにいさんに聞かれます。
ラブロックと言うのか・・・。
どの鍵にもカップルの名前が書かれていて、ここで永遠の愛を誓うそうです。
二人の愛をパリの美しい景色の中で誓うのですね・・・。
でも暫くするとこの鍵、全部パリ市の職員に切られ撤去されるそうです。
おそらく凄い重さだろうからね、橋が落ちちゃうよ。
そうすると又、空いた空間に新たにどんどん鍵が掛けられていくそうです。

前にアップしたカップルの居るそばの外灯にまで、鍵が掛けられている(その上顔まで
書かれて・・・)
この二人、日本のお父さんが自分の娘と重ね合わせて不安になり、「公共の面前で
ふしだらな!」などと言っても、こちらでは当たり前の光景。
誰も目に留めません、当たり前だから。
そんなカップルをわざわざ隠し撮りしてるのも、日本人の私ぐらいです・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2014-03-02 09:42 | 旅が大好き☆