<   2016年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

モノクロームな町

b0076967_9422941.jpg

b0076967_9425937.jpg

フォトサークルで撮りに行った街並み。
小金井にこんな所あったのですね。
講評会では「白飛びしている。こういう場所は難しいので撮らないほうが良い。」
と先生のお言葉でした。
・・・ムムム。
確かにモノクロで撮ると、白から黒へのグラデーションだけで表現するので、薄い
グレィは白く飛んでしまいやすい。
晴天の日で光も強過ぎたみたい。
私は白飛び以外では結構気に入ってる写真なんだけど。
向うに一人立ってる人物も良い位置に居るでしょ?
二枚目はちょっと小さ過ぎるけど。

しかし、モノクロ撮影して色々勉強になりました。
いつもは いかに綺麗な色に撮らされていたことか・・・。
構図とか配置とか、色で誤魔化せないので、凄く気に掛ける。
私が写真をアートとして興味を持って撮り出した頃は、当たり前にモノクロだった。
引き伸ばし機で自分で焼くので、だいたいカラーは無理だったし。
これからは少しモノクロにも改めて挑戦してみようかな。
奥が深そう・・・。
[PR]
by jasminetea-m | 2016-05-30 09:55 | フォトサークル | Comments(6)

今年もありがとう

b0076967_9183463.jpg

b0076967_919325.jpg

昨年の母の日に息子夫婦からもらった薔薇の花。
今年もきれいな花をいっぱい付けてくれました。
やっぱり癒される・・・。
もらった時はハートの形にトピアリーされてたけど、お元気良すぎてボウボウ。
まあ いいのさ、元気なら。
だけど、何回か枯れかかったこともあった。
バラを育てるのが初めての私は、何も知らなくて・・・。
せっかくの贈り物、絶対枯らしたくなかった。
色々勉強して今はこんなに元気、嬉しいな。
良かった良かった。
息子達にもバラの写真送って見せてあげよう。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-05-27 09:33 | 緑とお花の日々 | Comments(6)

四次元に迷い込む

b0076967_9115140.jpg

この前撮ったモノクロ写真。
ちょっといじってみました。

講評会では「上と右をカットするともっと良い」と言われたけど、カメラ内機能で
トイカメラ風にしたので、カット出来なかった。
カメラ内でやった後、PCでカットするようなのでトンネル効果がカットされて
しまうので。
だけど全体が大きいのでトンネル効果も生きて、ちょうど良いかな・・・?

まるで人の居ない異次元空間みたい。
こういう不思議な、夢の中のような、ちょっと妖しい感じ大好き。
だけど根が明るくてアホなので、なかなか上手く撮れないことが多い。
[PR]
by jasminetea-m | 2016-05-24 09:24 | フォトサークル | Comments(4)

大菩薩でヨレヨレ

b0076967_7204920.jpg

b0076967_7211767.jpg

ルルが居なくなってから、出来るだけ家に居たくなくて、色々な用事を作って
出掛けています。
約束をどんどん入れていたら、筑波山の筋肉痛がやっと治まった頃、今度は
大菩薩に行くことに。
筑波山の時のようにグループ行動ではないし、友達と2人だからマイペースに
歩けるし、山小屋で一泊するし、昨年は筋肉痛もなく歩けたし、きっと大丈夫と
ルンルン♪と出発しました。
大菩薩に行くには二つの駅から二路線のバスが走っていて、それぞれ登山口
やもっと上にある中腹まで行きます。
昨年は友達の車で行ったので、横に乗ってるだけの私は地理的なことをまったく
把握してなく、当然上の登山口までバスが行くと思ってたんだけど・・・。
違った!
ずうっと下の登山口の方だった・・・。
この時期上まで行くバスは休みだった!
時間にしてプラス2時間半・・・、往復5時間・・・!
朝焼けと夕焼けの両方が峠の稜線から見えることが有名だったので、稜線の山小屋の
予約をしていて良かった・・・。
バス降ろされてから、プラス5時間じゃ日帰りは無理だった・・・。

写真は大菩薩峠から見た夕陽です。
「昨日は一年に何度もない素晴らしい夕陽だったんだけど・・・」と山小屋の
オーナーさん。
余計なこと言わんといて。
朝4時起きして撮った朝陽は・・・掲載もはばかれる程度のもの・・・。
一眼レフカメラと出発間際まで迷ったけど、スマホにしといて良かった。
悔しいので下山途中で撮ったミツバツツジも。
ミツバツツジはあちらこちらで見事でした。
山を登る途中から木々の色が変化するのも見事。
濃い緑から新緑色、そして峠の辺りはまだ芽吹きの頃。
2000mの山登ったんだもの。

でもプラス5時間はきつかった。
アスファルトの道路も思った以上に歩かされて、そこで一気に筋肉痛。
又々 家の中の20cmの段差と戦っています・・・(*´Д`)

[PR]
by jasminetea-m | 2016-05-21 08:27 | 旅が大好き☆ | Comments(10)

筑波山でヨレヨレ

b0076967_9303153.jpg

b0076967_931439.jpg

懲りずに又加入してみた山歩きサークル。
前入っていた市主催のサークルは結構本格的だったし、今度はもっと楽そうなのに
しようと「ハイキング」と名の付く所にしてみました。
がっ!参加してみて、どこがハイキングなんだ~!と焦る。
筑波山は入門クラス並みと言うし、初参加には良いかなあと思ったのに。
筑波山の標高は877m、登り始める地点の標高から引くと約610mの登り。
これがほぼ全て階段。
ちゃんとした階段もあるし、大きな石がゴロゴロで両手を使ってよじ登る場所も多い。
だけど610mほとんど階段って何よ!
サークルに入ってしまうと勝手に休む訳にいかないし、付いて行くのに必死。
正直「もう無理なので、ここから一人帰ります、サヨナラ」と言ってリタイアしよう
と何回も思ったけど、皆さんが良い人で何となく言い出せないまま・・・。
おかげで昨日・今日と20cmの段差降りるのもヒーヒー。
筋肉痛と戦っています。
サークル主催者からは「体調はどうですか? 筋肉痛にはなってないと思うけど」と
メールが来て、かえって傷付く・・・。

それでもこの関東平野を一望する景色と、奇岩の宝庫。
なかなか感動的だったけど。
自分のペースで登れない団体行動ということ自体に問題があるんだな。
自分の自由で休み休みだったら、もっと楽しく行けたよね・・・きっと。
私の体力ではサークルには向かないのかも知れない・・・。
と改めて気付くのでした・・・。

*写真はスマホです。
 山には軽いスマホと決めました。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-05-16 09:58 | 旅が大好き☆ | Comments(4)

モノクロの小道

b0076967_9222251.jpg

b0076967_1423566.jpg

昨日晴れたので、モノクロ写真の撮り直しに行って来ました。
先生のいうところの「光を意識した」「影を重視した」「光と影のバランスを意識した」
写真に少しは近づけたかな・・・?

緑の小道に置かれたベンチ。
本を読んでいたおじさんを盗み撮り。
小道と草の上に降り注ぐ優しい木漏れ日模様・・・。
せっかくなので、カラーで撮ったものもアップしてみました。
どちらが良いかな・・・?
アッ!ムムム・・・、おじさんの頭から木が生えてる。
前も言われたのに、何でこうなんだろう・・・。

暫くモノクロ写真続くかも・・・。
[PR]
by jasminetea-m | 2016-05-13 09:31 | フォトサークル | Comments(4)

モノクロに挑戦

b0076967_9535680.jpg

珍しくモノクロ写真をアップ。
フォトサークルで撮影に行った時、「今日はモノクロ撮影します。次回講評会で3枚提出して
もらいます。」と突然のお告げ。
渡されたプリント用紙には注意点が。
1 光を意識しましょう。
2 影を重視しましょう。
3 光と影のバランスを意識しましょう。
4 画面構成を意識しましょう。
5 質感描写を意識しましょう。
6 モノクロに合うものか被写体を観察しましょう。
などなど。
モノクロを取るのはウン十年振り・・・。
その頃の師匠には、「黒は真っ黒にしっかり締める」と教わる。
ボヤンとしたグレィになってはいけない、画面が締まらなくなる、と言われたっけ。
だけど突然のウン十年振りのモノクロ・・・!
何だかな・・・かな。
近々撮り直しに行ってくる。
講評会で恥かきたくない。
[PR]
by jasminetea-m | 2016-05-10 09:50 | フォトサークル | Comments(6)

自然の力

b0076967_6381237.jpg

自然はきっと凄く偉大
自然は人を癒してくれる
でも怒らすと大変
簡単に人の命を奪ってしまう

それでも人の心を潤してくれる自然の力に
人々は救われている

*少し前にフォトサークルで行った裏高尾です。
 二輪草やスミレがいっぱいでした。

 
[PR]
by jasminetea-m | 2016-05-07 06:47 | フォトサークル | Comments(4)

虹の橋

b0076967_71819.jpg


         「虹の橋」

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまは降り注ぎ、みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
まるで過ぎた日の夢のように・・・

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶようにあなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。

*ペットを亡くして悲しむ人の間では、とても有名な詩らしいですね。
 本当だったら良いな・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-05-04 09:11 | そのほか | Comments(10)

色温度

b0076967_9274590.jpg

b0076967_9281672.jpg

晴れたのでソフトフォーカスフィルターを付けたカメラを持って、近所の公園に行って
みました。
が全滅・・・、良い写真撮れなかった・・・。
それで、ああでもないこうでもないと、家でカメラをいじっていて撮った写真をアップ。
一枚目 晴れた日の午前10:20頃撮った写真。
二枚目 同じ日の昼の12:30頃撮った写真。
一枚目を撮った後、花が小さくて寂しいかなと撮り直したのが二枚目です。
並べてみると植物の違い以上に、向うの壁の色が違うことに驚く。
一日晴れていた日なので、時間以外の条件は同じなんだけど。
前に渋谷のフォトスクールに通っていたことがあって、そこで教えてもらった「色温度」
の違いってやつだ! と気が付いた。
暫く忘れて意識してなかったけど、こんなに違うんだね。
何と言ったら良いのかな・・・。
時間帯で空気の色が違うのです。
私達は普段意識してないけど、カメラを通すとハッキリと表れてくれる。
一番顕著に表れるのは、夕方のオレンジ、その後太陽が沈んだ後のブルー。
ビックリするほど違うので、驚いたことがあったっけ。
このことを忘れてると、暖かい写真やクールな写真を撮りたいと思ってても、出来上がりが
ヘンテコになっちゃう。
知ってた?

[PR]
by jasminetea-m | 2016-05-01 09:47 | 緑とお花の日々 | Comments(4)