「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夜のルーブル美術館

b0076967_09342860.jpg
夜のルーブル美術館をカメラ持って写真散歩。
ガラスのピラミッドに灯りが灯り、広場の灯りも輝いて。
空はまだブルーで素敵な時間。
かなりの人通りで、皆家路を急ぐ時間だったけど、向うから歩いて来た女性、
歩く姿が何故だか可愛くて。
他の人が画角から消える一瞬を狙って。

人を入れた写真は難しいな。
絵になる人が居る確率も、ちょうど良い場所に来てくれる確率も低い。
だけどジィッと待つ時間も楽しい。


[PR]
by jasminetea-m | 2016-12-27 09:58 | 旅が大好き☆

自然に優しい?

b0076967_09064736.jpg
年の瀬ですね。
10月に行ったフランスですが、まだフランス写真アップしている私。
せっかく撮った写真なので。
正月過ぎてもアップし続けるかも・・・(^^;

モンマルトルのカフェ。
自然に優しいというか、鳩が多いパリの街ですが、カフェのテーブルの上
にも鳩は飛んで来ます。
カフェに居たおねいさんの目、鳩睨んでます。
この後振り払っていました。

セーヌ川の上には何故かカモメと思われる鳥が飛んでいるし。
カフェやレストランの中にも犬を連れたマダムが普通に居るし。
列車の中でもカゴに入れられたネコが居たり。
鳥も動物も自然の一部だから、普通に一緒に居て当たり前なんだろうな。
そういう大らかさがフランスの魅力の一つだと思う。


[PR]
by jasminetea-m | 2016-12-22 09:29 | 旅が大好き☆

モンサンミッシェルの夜

b0076967_09392560.jpg
モンサンミッシェルの大通り。
走る男女。
オレンジ色の光。
中世の街並み。
何て絵になってくれるのだろう。

おそらくモンサンミッシェルの外にあるホテル行きの、最終バスに間に合うよう
走っているのでは。
これを逃したら、かなり長い距離を歩くよう。

宿の予約を島内にしていた私は、城壁の上をカメラ散歩。
周りにはほとんど人が居なくて真っ暗で。
でも寒い中、夜のモンサンミッシェルを散歩している人は時々居て。
そんな人は夜のモンサンミッシェルを撮ろうとしてる人が多いみたい。
「Here Best Position!」と教えると、イケメンのおにいさんニッコリ。
ラフな気持ちに自然となれるのが、フランスの楽しさ、魅力。


[PR]
by jasminetea-m | 2016-12-18 10:00 | 好きな写真

木陰で勉強

b0076967_09203556.jpg
パレロワイヤルに面した庭園の中に並木道があります。
チェイルリー公園やあちらこちらにある並木道ですが、ここもとても
落ち着ける素敵な場所です。
そこで勉強している学生さんに出会いました。
写真にするには、もうちょっとおしゃれして欲しかったけど、そんな
自分勝手なこと言えません(*´ω`)

基本的にフランス人って結構質素。
あまり服にはお金を掛けないそうです。
向うのブランドの何十万もするドレス、一体誰がいつ着るんだろう。
社交界とかセレブとか?
一般的な人や学生さんは、普通に質素です。
Gパンにトレーナーとかが普通みたい。
こうしてみると、日本人の女の子が一番おしゃれに気を使っているなと
思うのでした。


[PR]
by jasminetea-m | 2016-12-14 09:48 | 好きな写真

ここにいるよ

b0076967_09551850.jpg
Prism写真展には4枚の写真をアップしました。
この写真でおしまいです。

「ここにいるよ」とタイトルを付けたこの写真。
可愛らしく子供が「ここだよ、ここにいるよ♪」と言う訳ではなく、
「ここにいるよぅ・・・」とちょっと怖い雰囲気にしたつもり。
文字にするとその区別がつかなくなってしまうのが残念。
モンサンミッシェルの建物内で撮ったこの写真。
石造りの600年前に建てられた壮大な建築物。
子供のかくれんぼには似つかわしくない荘厳な空気感に満ちているのです。

実際には走り回っていてお父さんとはぐれ、たまたま一人になった途端に
知らない人(私)に、これはチャンスとバシャバシャバシャ!と写真を
撮られ、怖くて固まっているの図です。
可愛いフランス人の坊や、ごめんね。
でも良い写真撮れたよ、ありがとう。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-12-10 09:59 | 好きな写真

パリに生きる

b0076967_09085703.jpg
なかなかブログアップ出来なくて・・・。
すっかり間が空いてしまいました。

この写真もPrism写真展に出した一枚。
最初タイトルは「パリに暮らす」だったのだけど、「パリに生きる」に変更
しました。
「暮らす」より「生きる」の方が強いインパクトを感じたので。
パリでの生活はアートに満ちていて華やかで、おしゃれで・・・と、そんな
イメージがありますが。
生活するとなかなか大変なことも多く。
個人主義で他人に干渉せず、それぞれが自由に生きて・・・。
それがとても心地良い反面、年取ってからは寂しい状況になる方も居て・・・。

このお年寄りは、この写真を撮る前、大きなゴミ箱をあさっていました。
私に気が付き、去っていく後姿です。
闇に消えて行くお年寄り一人・・・。
おそらく彼女を心配してくれる身内は居ないのでしょう。
そんな、華やかさとはかけ離れたパリの一面です。

[PR]
by jasminetea-m | 2016-12-06 09:55 | 好きな写真

妖しいのが好き

b0076967_08251799.jpg
prism写真展に出していた写真が4枚あるので、その第二弾です。
夜のモンサンミッシェルをカメラ持って散歩していて、向うの
町灯りを撮ろうとした時、サッとネコが現れて。
ラッキーな状況に慌ててカメラ構えました。
この妖しい雰囲気が大好き。
きれいなだけじゃ何だか物足りなくて、そこに「妖しさ」が加わった
写真が好きです。
なかなかそういうシーンには出くわさないけど・・・。

明日、娘が孫ちゃんを連れて退院して来ます。
その前にどうしても行きたかった映画を、今日は絶対見るんだ。
明日で最終だから、今日しかチャンスはない。
映画終了後は、一か月ぐらい実家で生活する娘達の部屋作り。
赤ちゃんを迎える準備などなど・・・。
正月までバアバ生活暫く続きます。


[PR]
by jasminetea-m | 2016-12-01 09:01 | 好きな写真