多摩美のシャガール

b0076967_23281026.jpg

もう数年前だけど、多摩美の文化祭に行った事がありました。
この絵はその文化祭で、生徒さんの一人が出していた物。
縦の高さは1.5mぐらいある大きな絵でした。
文化祭の会場はどのブースも楽しそうな生徒の賑わいで溢れていたけど、この絵の書き主のブースだけはシーンと静まり返って彼女一人。
だけど、一番心揺さ振られる絵だった。
ちょっとシャガールを彷彿させる不思議な構図と、優しい色使い。
持って行ったカメラを出して、「撮っても良いですか?」の質問に、言葉少なく「どうぞ」と一言。
絵描きさん特有のちょっと気難しい雰囲気と、だけどなんとも言えないオーラを持ったまだ当時二十歳ぐらいの人。
こんな素適な世界を持った彼女、今はどんな風に暮らしているのでしょう?
自分の世界を絶対曲げないタイプの人みたかったから、社会に馴染んで生きて行くのはしんどいだろうなあ・・・と時々思い出すのでした。

ああ・・・、この絵を見てたら解った気が・・・・。
羊は彼女。
狼は実社会・・・。
これから社会に出なければならない・・・不安・・・。
そんな気がしてならない・・・。

ああ、でももっと見ていたら、羊はこちらをしっかり見据えてる。
うさぎ(?)の団体のように逃げてはいない。
・・・何だか、しっかり彼女生きてる、と思えて来た。
[PR]
# by jasminetea-m | 2006-05-12 23:52 | そのほか | Comments(2)

我が家の雑貨たち

b0076967_20111631.jpg   ☆たまご入れ☆
卵は冷蔵庫に入れて冷やしてしまうより、常温保存が鮮度を保つ秘訣。
12個の卵が入るこのミニチェストは、きっと男の人には理解出来ないだろうけど、実用性も優れた使い易い雑貨。
ちょっとかすれた感じのミントグリーンのペイントが爽やかで、大好きな雑貨のひとつ。
数年前に日野の雑貨屋さんで。

b0076967_20241870.jpg   ☆ブリキの鉢植え☆
3連のブリキの鉢が、木の取っ手の付いたカゴに並んで。
どんな植物を入れようかと考えたけど、素朴なブリキにはわざと花の付かない観葉植物だけを選んでみた。
案外この素朴さがお互いを引き立て合ってる気がする。
馬喰町タンバヤさんで。

雑貨は生活に楽しさをプラスしてくれる。
どうせ卵を常温で置くならば・・・、どうせ植物を飾るならば・・・、せっかくだから見るだけで心が弾んで来る、こんな雑貨に囲まれて暮らしたい。
女の人はいくつになっても雑貨好き。
何故だかワクワクしてしまう。
うちの家の中は、まだまだ雑貨が一杯隠れてる。
少しづつ写真アップして行きますね~(^^)
[PR]
# by jasminetea-m | 2006-05-11 20:53 | インテリア好き | Comments(4)

行ってしまいたい・・・

b0076967_12205442.jpg

これは、フランスの片田舎、コートダジュール地方のサンポールという小さな街を旅した時に撮った写真。
夕方・・・色は何も手加えてない。
ソフトフォーカスにはした、回りぼかした。
こんなんがその辺にある。
夕方の街は、普通にこんな色・・・、光が違うのか・・・?

「この五角形の地には総てのものがある」と言ったフランスの誰かお偉いさん。
それは確かだ。
あっ、でもさ、日本の影響かなり受けてんのよ、あなた達。
ゴッホもモネも、日本の浮世絵にどれほど感化されたか。
それ以外でも芸術の根源でかなりの影響力を放った日本という国。
この前まで着物着てた日本人、それなのに今は世界中のバイヤーが日本のファッションコレクションに注目して、大金を出して買い付けに来るという。
日本は両極端に走ってると思う。
日本の家や街並みは最悪や。
もっと個人を大切にしたら良いのにと思う、村社会だった名残から抜け切らず、皆右に習えだ。
つまんない、個性なんかない、言いたい事も言わず「和」ばかり大事にする。
心のない「和」じゃ意味ないでしょ。

あっちを旅してる時の開放感は、「勝手にやったらいいねん」的な放任や個人主義から来てるのだろう。
それでいて、正直に困ってる人には凄い暖かい。
カッコ付けてたら受け入られない。

何年も前から短期で構わないけど、移住計画を企ててる。
数年・・・数ヶ月・・・でも良い。
いつも私の周りで放っておけない人が現れる・・・。
今年こそ・・・どうかなあ?
[PR]
# by jasminetea-m | 2006-05-10 13:01 | Comments(0)

 みどりの眼光

b0076967_1621523.jpg

やっとうちのルルがこっちを見てくれました。
もともと緑の瞳が、フラッシュに反射して光って見えます。
この妖しさが私は好き。
何か・・・ただ者でない空気感が漂って神秘的。
b0076967_16282788.jpg

でも、本当はこんなただのネコです。
勝手に毛が伸びてお嬢様風になってしまった、ただの雑種ちゃん。
そういえば、この前よその悪ネコにやられた時のケガは完治しました。
ご心配して下さった方、ありがとうございます。

今からエプロンサンプル一枚仕上げないといけないのに、逃げてます。
デザインは決まってるから・・・
あとは縫うだけ。
この頃ブログ作りが面白くて、PCの前から動かなくなってしまってる・・・。
元々写真を撮るのも、文を書くのも大好き。
なんて、私にマッチしているんだあ・・・。

いけない、いけないっ!
こんな事ではいけないっ!
[PR]
# by jasminetea-m | 2006-05-09 16:41 | そのほか | Comments(4)

    VANGELIS

b0076967_1642097.jpg

初めて書く「音楽生活♪」です。
多感な15歳の頃から、音楽はいつも私のそばにありました。

前と比べるとこの頃は優しい癒し系の曲を聴く事が多くなりました。
だけど、単に癒し系では飽きるのです。
好みは人それぞれだろうけど、私の場合は優しさや美しさにプラス、妖しさとかセクシーさがないとつまらなく感じます。
それは何にでも言える事で、創造するものは総てそれを加味する事で、一段と昇華され完成に近いものになる気がします。
写真でも絵でも音楽でも・・・芸術的なものは総て。
そして人も。
優しいだけではナメテしまいます。
単純でない奥行きと言うか・・・。

前にフランスの片田舎のルールマランという街を旅した時、そこの宿のリビングで掛かっていたVANGERISの曲。
石造りの古い建物を改装したそこで、厚い壁に反響して妖しくも物悲しく・・・たまらない存在感で曲は鳴り響いていました。
宿の方に拙い言葉で必死にCDのジャケットを見せてもらい、メモをして、帰りにパリで見つけて買って帰りました。
何人かの人に聴かせたけど、私と同じ感性で気に入ってくれた人は一人だけ。
聴く環境はとても大切な事で、出来れば薄暗い月明かりだけの部屋で、一人でお酒を飲みながら・・・が最高と思う。
心洗われる、私にとっては大切な一枚です。
[PR]
# by jasminetea-m | 2006-05-08 17:34 | Comments(5)