タグ:トルコ ( 15 ) タグの人気記事

雲がなくちゃダメ

b0076967_16573655.jpg
b0076967_1658267.jpg

ギョレメ滞在中に乗った熱気球の写真です。
一枚目・・・雲の間から朝陽が輝き出しました。
まだ明け切らない闇に抱かれ、雲を染め、陽は静かに昇り始めます。
二枚目・・・雲のないカラッとした空・・・。
ここには「朝」という現実があるのみ。
実は一枚目は、私が気球に乗った前日のものです。
たまたま早く目覚め、何とはなしに窓を開けたら、気球がフワフワと昇り始まっていました。
オオオ~ッ!と感動、カメラを出して窓からパチパチッ。
それだけではこの感動は伝え切らないと、パジャマのまま部屋の外へ。
ウ~ンもっと高い所!、と言うことでホテルの屋根によじ登って撮影。
感動的な空でした・・・。
そして二枚目、私が気球の予約をしておいた日。
まだ暗いうちからお迎えのバスに揺られて、ルンルン♪と気球乗り場へ。
少しづつ明るくなって来ると・・・ん!?、雲がないっ!
・・・ショック。
雲がないとこんな空・・・。

More
[PR]
by jasminetea-m | 2007-12-05 19:26 | 旅が大好き☆ | Comments(2)

ギョレメ 奇岩風景

b0076967_21405668.jpg
b0076967_21412563.jpg

カッパドキア一体に広がる奇岩風景。
岩に名前が付いているものもあります。
一枚目はキノコ岩と呼ばれる岩の一つ。
この付近の岩はどれもこんな感じのキノコ岩で、まるでシメジが上に乗っているよう。
その時代で地層の色が変り、長い間の風雨で削られこんな感じになるようです。
私の行った10月初旬、少し紅葉も始まっていて、ベージュ色ばかりの岩に色どりを添えていました。

いよいよ旅も終盤。
宿泊ホテルで起きたビックリ体験はMoreに・・・。

More
[PR]
by jasminetea-m | 2007-12-03 23:50 | 旅が大好き☆ | Comments(6)

ギョレメ キリム工場

b0076967_22361191.jpg
b0076967_22373165.jpg

b0076967_2244860.jpg

ギョレメの街の少し奥まった所に、絨毯やキリムを糸から染色して織り、製品に仕上げている所があると聞き行ってみました。
絨毯やキりムと呼ばれる薄手のカーペットは、トルコの特産品です。
草木染で染められたキムリの糸は、化学染料とは違う落ち着いた色合いで、新品の時から和む風合いです。

織っている女性のそばでネコと遊んでいたおにいさん、やはりラマダン明けの食事をしにいらっしゃいと言ってくれました。
知り合った人を気持ち良く誘ってくれるのは、こちらの普通の習慣のようです。
この前のことがあったので、念のため行かなかったけど・・・。
キリムを織っているおねいさん。
カメラを向けるとニッコリとしてくれました。
ここは大きな絨毯屋さんの中庭にあたる場所で、観光織物工場のようでした。

*トルコナンパ情報はMoreに・・・

More
[PR]
by jasminetea-m | 2007-12-01 23:27 | 旅が大好き☆ | Comments(6)

トルコの日常のひとコマ

b0076967_16181963.jpg
b0076967_1620778.jpg

トルコのちょっとした日常の風景写真です。
毎日ギョレメのホテルで出る朝食はこんな感じ。
色もキレイに並べられ、お味も良かったです。
他にパンも付くのだけど、このパンがとても美味しい。
ガイドブックによると、「トルコのパンは世界一美味しい!」とのこと。
味覚は人それぞれだろうけど、確かにフランスより美味しいかも知れない。
でも私は日本の焼きたてパンが一番好き、日本人は本当に器用な国民だと思う。
もう一枚はギョレメの街の絨毯屋さんです。
初め、毎日こんなに沢山の絨毯どうやってしまうのだろうと思ったけど、閉店後もこうして絨毯は出しっ放し。
ついでに右端に見えるラックに掛かってる洋服も出しっ放し。
夜それを見た時はかなり驚きました、治安は大丈夫なのかな?

この美味しい朝食を毎日出してくれるギョレメのホテル・オーナー夫婦。
二人仲良くニコニコと応対してくれて、私はすっかり和んでいたのだけど・・・。
最後の最後にビックリする出来事がありました。
それは順番に、トルコ旅の終わりに書きますね。
もう少しでトルコの旅も終わりです。

[PR]
by jasminetea-m | 2007-11-29 16:43 | 旅が大好き☆ | Comments(2)

ギョレメ 奇岩住居跡

b0076967_10555514.jpg
b0076967_10561727.jpg

トルコのカッパドキア周辺の奇岩住居跡です。
何千年もかけ柔らかい所が風雨で削られ、硬い所だけが残り出来上がった不思議な景観。
岩の内部を削り、住居として住んでいた跡がいたるところに残っています。
今も住居として住んでいる人も居るし、ホテルに改装してウリにしている所もあります。
二枚目の写真は内部の様子です。
階段も棚もニッチェも岩を削って作られていて、丸みをおびた作りが何だか和めます。
ちゃんと火を炊けるキッチンや、トイレもあったそうです。
でも岩の感触は冷たく、冬はかなり厳しい生活だったようです。
実際旅仲間となったマキちゃんは岩の洞窟部屋のホテルに泊まったけれど、秋口でも寒くてたまらなかったと言っていました。
でも面白い体験として、こんな部屋に一回ぐらい泊まってみたいですよね。
マキちゃんのモテモテ体験話しはmoreに・・・。

More
[PR]
by jasminetea-m | 2007-11-27 12:06 | 旅が大好き☆ | Comments(2)

ギョギョッ!な街ギョレメ

b0076967_19504563.jpg
b0076967_19511593.jpg

写真はギョレメの街の様子です。
街中に岩の住居が点在している不思議な景観。
すでに廃墟のものが多いけど、今も住居として使われているものもあります。
何千年も掛けて出来上がった奇岩風景、今回パムッカレとこの景色を見るために遙々トルコまで来たのです。

パムッカレから夜行バスに揺られて約10時間。
カッパドキアの大きな街ネバシュヒルから、又バスで30分ぐらいのギョレメ。
トルコの地名って面白いんだけど、覚え辛いのが多い・・・(^^;
夜行バスは初めて乗ったけど以外と眠れました、目覚めも爽やか~。
起きたら目的地に着いているのは、時間もホテル代もかなりの節約。
昼間トルコの広大な自然を見ながらの移動も楽しいし、どちらもそれぞれ良かったです。

オトガル(バスターミナル)で西さんとマキちゃんと3人揃った記念撮影をして、夕食を一緒に食べる約束をして、それぞれ予約済みのホテルへ。
ホテルに着くとオーナー夫婦がニコヤカに出迎えてくれました。
当日の朝食は付かないはずなのに、「食べていきなさい」と言ってくれて。
嬉しい~♡、こういう心配りが嬉しい。

こんど岩の住居跡の中の様子や、他の奇岩風景もアップしますね。

[PR]
by jasminetea-m | 2007-11-17 20:47 | 旅が大好き☆ | Comments(8)

パムッカレに沈む陽

b0076967_1359713.jpg

b0076967_13593729.jpg

パムッカレで撮った夕日です。
石灰棚の水色の水も薄赤く染まっています・・・。
少し雨もパラつき、厚い黒い雲に覆われていた空ですが、待つこと数十分・・・雲の間から静かに赤い光を放し始めました。
光のすじ・・・それは除々に勢いを増し、輝くばかりの荘厳な光と変わっていきました。

そばでやはりそれを待っていたフランス人のグループからは口笛と歓声が。
このフランス人のノリが好き。
私も一緒に「ヒューヒュー☆ ワ~イワ~イ♪」

ここで出会った人達のお話しはMoreに・・・。

More
[PR]
by jasminetea-m | 2007-11-13 14:00 | 旅が大好き☆ | Comments(4)

パムッカレで・・・戦う

b0076967_1221384.jpg

b0076967_2174154.jpg

パムッカレ写真第二弾です。
温泉なので水着で浸かってる人もいます。
ややぬるめの水色の温泉。
でも浅いので全身が浸かれる訳ではありません。
実は私も今回、このために密かに水着を持参。
ビールでも飲みながらのんびり浸かろうかなと思っていたけど、写真撮るのに夢中でついに入り損ないました・・・。
もし又いつか行くことがあったら、その時は絶対入りたいなあ・・・。

この素晴らしい景色とは裏腹に、ここではちょっと問題勃発だったのです。
その話しはMoreに・・・。
少し長くなるかも・・・。

More
[PR]
by jasminetea-m | 2007-11-11 03:12 | 旅が大好き☆ | Comments(6)

パムッカレ 白い大地

b0076967_1419681.jpg
b0076967_14212122.jpg

この場所に下手な説明はいらないですね・・・。
・・・と言いながら説明を・・・(^^;

石灰成分を含む温泉が湧き出し、長い年月を掛けて出来た白い大地、パムッカレ。
棚田のように白い大地は広がり、不思議な景観を見せています。
ここに立ちたかった。
小さな一枚の写真やテレビの画面などではなく、自分自身の足でこの地に立ちたかった・・・。
素晴らしい景色に圧倒され、言葉には言いつくせない感動・・・。

ここで聞いたトルコ事情話しはMoreに・・・。

More
[PR]
by jasminetea-m | 2007-11-08 15:58 | 旅が大好き☆ | Comments(6)

怪しかったのは・・・?

b0076967_05554.jpg

イスタンブールからパムッカレへ向かう朝。
まずトルコリラに両替に近くの両替所に。
すでに何人か並んで居たけれど、私のすぐ前に日本の女の子らしき4人組みが。
「いくら両替しようか?」などと4人でワイワイと・・・。
こんな若い女の子達・・・、大丈夫かなあ。
こちらの男性は色んな人が居るから、気を付けるように注意してあげようかな・・・と思い、私は「日本の方ですか?」と声を掛ける。
すると短い沈黙のあと、「No Korean」とお返事が。
エッ!
「今、日本語しゃべっていましたよね・・・?」と言っても返事がない。
あれ?、私の聞き間違い・・・?
う~ん、じゃあいいや・・・、私韓国語しゃべれないし。

両替が終わり、トラムとフェリーを乗り継いでいよいよオトガル(バスターミナル)へ。
ここから約10時間、次の目的地パムッカレへ向う。

・・・ところで、さっきの4人組みの女の子、やっぱり日本人だよなあ・・・。
絶対日本語しゃべっていたもの・・・。
「流暢な日本語で話し掛けて来る人には要注意!」とはよく海外を旅していて聞くセリフ。
・・・あっ!そうかあ、怪しまれたのは・・・私!
えええ~、私怪しかったんだ・・・ちょっとショック・・・。
でもきっと、彼女達は無事旅するだろうと確信出来た、頑張れ日本の女の子!♡

*写真はホテル屋上に絡まっていた植物です。
 日本より少し早く紅葉が始まっていました・・・。

[PR]
by jasminetea-m | 2007-11-07 00:44 | 旅が大好き☆ | Comments(6)