タグ:色 ( 182 ) タグの人気記事

モノクロの光

b0076967_09362389.jpg
モノクロの良さをジンジン感じる写真を撮りたいと思いながら、今回パリとプラハを旅した。
きれいな色で誤魔化せない写真。

写真はプラハのカフェ。
ちょうど光が差し込むテーブルで。
光りは時間と共に移ろうので、その一瞬を上手く捉えなければ。




b0076967_09540088.jpg
と、カッコ付けてみたけど・・・。
もう~! 和食の味には何もかも敵いません。
海外に行ってジンジン郷愁の念を抱くのは、何と言っても日本の味。
ああぁ・・・醤油味、白いご飯、味噌汁・・・。
と言う訳で、毎日和食作って喜んでます。
(ある日の朝食から)


[PR]
by jasminetea-m | 2017-11-03 09:40 | 好きな写真

台風後の怪しい空と湖

b0076967_09110934.jpg
台風の直撃間際に東京を出発。
ほとんど不安しかない撮影旅行への出発でした。

1日目 台風からの大雨、ううう・・・帰りたい・・・。
    「雨の日は良い写真撮れますよ」の言葉に、撮るしかない。
2日目 夜中に台風通過。
    朝食を食べ終わる頃には台風一過後の晴天。
    それでも怪しい雲が流れ、ドラマチックな写真撮影に。
3日目 撮り足らない私達5人グループは延泊希望。
    他の40名ぐらいが帰る中、残って撮影。

という訳で、高速道路で車が飛ばされることもなく、撮影三昧の3日間を過ごし、昨夜
無事帰りました。
まだ写真整理してないので、取り合えず松原湖で撮った1枚を。
前後しますが、次回から又 パリとプラハの写真に戻ります。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-10-25 09:20 | フォトサークル

今日はPM2.5に注意

b0076967_06342214.jpg
モノクロも雰囲気良く撮ると凄く良いけど、モノクロばかりだと今度はきれいな緑にも惹かれます。
取り合えず尾瀬で撮った雫写真をアップして、場をしのぎます。

朝の番組、チャンネルによっては「PM2.5予報」をやっているんですね。
今日は地域によっては、喘息の方は外出は控えたほうが良いそうです。
何年か前に国際的に大気汚染が懸念され、警告を受けた中国の言い分は、「今まで散々、先進国
大気汚染に繋がることして来た。
我々がこれから高度経済成長しようする時に、それを阻む意見は無用だ。
我々のやりたいようにやる。」と言い切った。
確かに日本も高度成長期にスモッグを排出した時期があり、今はそれをコントロール出来る技術も
発達し、成長し続けながらも澄んだきれいな空気を手に入れた。
その技術を学ぼうともせず、ただ汚染物質を流し続ける中国。
その結果が真っ白に濁った中国の空、窓も開けれない生活。
好きなようにやったのだから、その結果を自分達で受け入れれば良い。
だけど、その汚い空気が日本に流れて来てる。
特に子供への影響は深刻で、喘息や最悪肺癌になる可能性が。
中国のせいで日本の子供が外で元気に遊ぶことも出来ないなんて。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-09-20 08:37 | そのほか

モノクロは上手くやればきっと面白い

b0076967_08241557.jpg
b0076967_08243238.jpg
両国撮影会で撮った写真の中に、同じ場所をモノクロとカラーで撮ったものがあったので、
一緒にアップしてみます。
正直、街撮りは苦手です。 
京都とかパリとか趣のある街並みを、良いシャッターチャンスを狙って歩くのは楽しいけど、
東京の町って、正直何を撮って良いのか分からない。

取り合えずスカイツリーなどを・・・。
モノクロに特化してるというPEN-Fの機能を使って、コントラストの強いモノクロを一枚。
ザラザラと粒子の荒れた感じは、結構好み。
もっと怪しい場所で撮ったら、雰囲気のある一枚になるだろうな。
太陽の下の健康的なところより、夜とか室内とか、怪しい人とかにマッチしそう。
そう言う状況で積極的に撮ってみたい。
パリの夜のカフェとか、パリに良く居る怪しげで魅力的なおじさんとか。
絵になってくれそう。
カラーは自分が肉眼で見ているいつもの風景。
「良いお天気ですね」とか、「雲が良い感じですね」とか、普通の感想。
これと言ってインパクトはなし。
こうしてみると、モノクロで遊べるPEN-Fは面白いかも。

話しは変わるけど、「厳重に抗議した」とか「断じて容認できず」とかいう言葉、つくづく飽きた。
黒電話受話器の頭にミサイル落としてやれば良いのに。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-09-15 09:20 | フォトサークル

モノクロパリ

b0076967_07264140.jpg
渡辺英明(えいめい)さんの写真展に行って来ました。
パリの街をモノクロで撮った写真。
会場に行ってから知ったのですが、渡辺さんは昨年 パリ撮影の数か月後に亡くなられていたのです。
くも膜下出血、突然のことだったそうです。
52歳。

入口には彼の生前の写真が何枚もありました。
仲間と楽しそうに過ごしている写真ばかり。
皆から親しまれる方だったのですね。
突然終わってしまった彼の人生・・・。
仲間が今回の写真展を開催してくれたようでした。
「約束は果たしたよ」と寄せられた文の一つにありました。
良い仲間に恵まれて楽しい人生だったんだろうな、と思いました。
良い仲間に恵まれると言う事は、彼自身が人を引き付ける魅力ある方だったのでしょう。

会場の方に伺ったら、写真をアップで撮るのではなく、会場全体の雰囲気を撮るのは大丈夫と言って
下さいました。

*一緒に行った友達が撮ってくれた私の写真。
 「PEN-Fを通して見たパリ」の会場にて。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-08-31 09:23 | そのほか

暑い夏とレンゲショウマ

b0076967_06165797.jpg
b0076967_06172426.jpg
暑いですね・・・。
私が子供の頃の夏は、最高気温でも31℃ぐらいだった記憶が。
「今日は31℃になるって、言ってたよ」
「わあ、暑そうだね」なんて会話したのを覚えている。
その頃家にはエアコンはなくて、でも扇風機で過ごせる気温だった。
和室で座っていると、足にジワッと汗をかく程度だった。

二十歳の頃・・・。
「一番好きな季節はいつ?」と聞かれて。
「夏・・・、夏の夜」と答えたことを覚えている。
その頃の夏は、昼間は暑くても夜には涼しい風が吹いていた。
窓を開けっ放しにして、照明を落として、好きな曲をかけて、開放的な夏の時間を楽しめた。

今は夜すら窓を開けれない日が続く。
これからの夏 気温は益々上がり続け、人々は耐えるだけの夏になってしまうのか?

*御岳山のレンゲショウマを撮りに行ってきました。
 霧が凄い日で、雨は降ってないのに、レンゲショウマには滴がいっぱいでした。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-08-25 09:15 | 緑とお花の日々

尾瀬で救助ヘリコプター

b0076967_06305917.jpg
b0076967_06313440.jpg
尾瀬では7月末のこの時期、もうトンボが飛んでいました。
トンボって結構じっとしていてくれるので、撮る時はとても助かります。

尾瀬滞在中、実は救助ヘリコプターに遭遇しました。
大江湿原をカメラ持って歩いていると、ビジターセンターの救助係の方に声を掛けられました。
「今からヘリコプターが到着します。強い風が吹くのでこの辺から離れて下さい。」
何でも急病の方が出たそう。
少し離れた所からその様子を見ていました。
この写真はヘリコプターから救助隊の方が降りて来るところ。
この後、タンカに横たわった男性が、タンカのままヘリコプターに運ばれました。

運ばれた人と一緒に尾瀬に来たという男性が居て、心配する私達に話をしてくれました。
昨日一緒に燧ケ岳に登り、戻ってくると苦しそうな様子だった。
今朝からは意識が朦朧として、救助を呼んだとのころ。
66歳の男性だそうです。
昨日まで元気に登山をしていた方が・・・。
その後どうなったのか知ることは出来ませんが、無事に回復されてると良いけど・・・。
救助された男性の連れは40代ぐらいの方だったから、無理してしまったのかな?
登山はマイペースでしなければと改めて思いました。
山サークルに入ったこともあったけど、皆さん健脚で健脚で・・・。
あのまま無理していたら、私もどうなっていたことか・・・?
体力は一人づつ違うのだから無理は禁物、マイペースって大事だよね。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-08-08 09:16 | 旅が大好き☆

尾瀬の朝2

b0076967_06062841.jpg
b0076967_05074530.jpg
滴写真はオゼヌマタイゲキの花が終わって実らしきものが付いたもの(と思う)
朝露の付く時間に尾瀬ヶ原をカメラ持って散歩中に発見。
この時間を逃すことは、尾瀬の魅力を半分逃すこと。
朝は滴が輝いたり、霧が尾瀬ヶ原を包んだり・・・。
一番素敵な時間。
曇りが多くて、夕方や夜は雨が降ったりで、カラリと爽やかではないけど、ともかく涼しい。
山特有のヒヤッと冷たい空気。

二枚目の写真は「THE尾瀬!」という感じの、尾瀬ヶ原から燧ケ岳を望んだもの。
雲がモクモクと湧く様子が魅力的な朝です。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-08-05 09:04 | 緑とお花の日々

尾瀬の朝

b0076967_05081520.jpg
b0076967_05323697.jpg
尾瀬に泊まった何日目かの朝、雨上がりの日に早起きして、カメラ持って散歩に出掛けました。
雨は上がっていたけど、霧が結構出ていて大江湿原は幻想的に靄っていました。

昼間見るとちょっと控え目なカラマツソウという白い花の蕾。
どの花よりも滴がいっぱい付いて、滴が付き易い花みたい。
それもコロコロに真ん丸で、とても可愛い滴。
そばに咲いているニッコウキスゲも、滴にたくさん写り込んでいます。
こんな幻想的な朝を体験出来ることは、普通に暮らしていたらなかなかないな・・・。
すっかり夢中で写真を撮り続け、朝食に30分も遅れてしまいました。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-08-02 09:07 | 緑とお花の日々

ニッコウキスゲでオレンジ色に染まる

b0076967_07564946.jpg
b0076967_08463375.jpg
昨夜予定通り尾瀬から帰りました。
5泊6日の尾瀬。
尾瀬は好きで何回も行っているけど、こんなに長いのは初めて。
のんびりのんびりカメラを持って歩きました。
初日は新宿バスタからのバスで、午前11時頃に戸倉着。
そこから無公害バスで「鳩待」に入り、歩き始めました。
撮影しながら歩くこと約80分、「山の鼻」に到着。
今日はここにある山小屋の一つに泊まります。
我ながら凄いのんびりコース。
でもこんなので良いの。
無理はしないしない。

写真は後半行った尾瀬沼東側の大江湿原の様子。
今回の旅はこのニッコウキスゲの時期に合わせて行きました。
早起きしてこの時泊まった小屋から数分歩き、5時半には湿原まで行ってみました。
昨夜の雨や朝の霧に包まれて、しっとりした湿原。
滴写真も沢山撮ったので、今度アップしますね。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-07-30 09:12 | 旅が大好き☆