人気ブログランキング |

いつだって一人で行けない世界もある

b0076967_18415581.jpg
ここまで書いて、ふと心配になった。
誰もがこんなふうに上手く行くとは限らないのでは・・・?
実は同じフランスで大変な思いをした友達が居るので、そのことも書いておきたい。

私がフランスから帰ってすぐ、友達に旅の話しをした。
「楽しかった、フランス人は皆親切だった、メトロも問題なかった、ちゃんと空気もあっ
呼吸も出来たよ♪」と。
するとその友達が数か月後に「私も行くことにした!」と言う。
添乗員さんと一緒に行動するパッケージツアーで、10歳の息子も一緒だと言う。
彼女の帰国後早速話しを聞くことにした。
「どうだった? 良い国でしょ?」
彼女の顔は複雑だった。
話しを要約すると、一日自由行動の日があって、メトロには何とか乗れたけど、乗り換え
でその後どう行けば良いのか分からなくて、怖い思いをした
息子が慣れない食事のせいか、途中で具合が悪くなって吐いて大変だった。
その時、添乗員さんが作ってくれたおにぎりが、旅の中で一番美味しい食べ物だった。
フランス人が冷たく感じて、最後まで馴染めなかった、などなど・・・。

そっ、それって・・・。
思い違いだと思うこともあるし、最低限のことは調べておけば良かったのにと思うけど。
馴染める国とそうでない国、人それぞれなんだなあ・・・と、初めて気が付いた。

*写真は今度買ったレンズベビーで初撮り、まだ試作ですが。


# by jasminetea-m | 2019-05-21 09:18 | 旅が大好き☆

いつだって一人で行ける世界中11

b0076967_19340283.jpg
あっという間の11日間。
帰国の日、この前と同じ日本人の女性がホテルに迎えに来てくれた。
帰るのは、凄く名残惜しかった。
帰りたくないと本気で思った。

初めてのフランス、とても良い旅だった。
一番の思い出は、フランスの人に気持ち良く接してもらったこと。
その次に、写真でしか見たことのない憧れの地に行けたこと。
一番はやっぱり、人との繋がり。
どんなに憧れの場所に行って、憧れだったものに出会えても、その国の人とどう関わったか、
それが一番大事だと思う。
その他はみんな付録の様なものだと感じた。
帰国してから思い出すのは、あの時道を教えてくれたおばさん親切だったなとか、カフェ
お兄さん面白かったなとか、フランスで出会った人達の笑顔だった。

そして又きっと、近いうちに行こうと決めた。

*写真は昭和記念公園で。
 ネモフィラの中に一本だけコクリコが咲いていました。


# by jasminetea-m | 2019-05-18 09:25 | 旅が大好き☆

いつだって一人で行ける世界中10

b0076967_21173937.jpg
私の拙い英語は、フランス人にも良く伝わった。
フランスの人は、ほとんどの場合が英語が話せない。
良く聞く話しに、「英語で話し掛けたら無視された」「本当は話せるくせに感じ悪い」などなど。
その度に「本当に話せないんだよ」と言ってみるけど、信じない人まで居る。
拙い英語の方がお互い同じレベルだから伝わるんだよ。
英語とフランス語はまったく違うものだから、話せなくて当たり前だと思う。
日本人だってまともな英語を話せる人なんてほとんど居ない、同じなのに。

例えば日本の街角で、早口で流暢な英語で道を聞く外国人が居たらどうだろう。
流暢過ぎて何言ってるか分からないと、焦ってしまうのではないか?
だけど拙い英語で一生懸命話し掛けられたら、どうだろう?
行きたい場所の地名は日本語なんだから、「あっちだよ」と指を指すことも出来る。
私がフランスで皆に良くしてもらったのは、おそらく英語が拙いから。
それから、この旅で凄くゼスチャーが上達したから。
勿論、一番大事なのは笑顔。
この人を何とか救ってあげたいと思ってくれるみたい。
元々、ラテン系で陽気な人ばかりだし、親切な人が多い。
一緒に居ると元気がもらえる。
だから何回も行きたくなってしまう。


# by jasminetea-m | 2019-05-15 09:15 | 旅が大好き☆

いつだって一人で行ける世界中9

b0076967_21163810.jpg
b0076967_21162354.jpg
11日間のパリ滞在の間に私がしゃべったフランス語のフレーズは、ほんのわずか。
それでも両替をしてもらったり、買い物したり、メトロに乗ったり、外で人に道を聞いたり、
レストランで美味しい物を食べたり、不自由を感じることはなかった。
会話集で覚えたフランス語が、必要な時にスラスラ出る訳ではなかったけど。
「attendre 待って」と言うと、皆ニコニコしながら待ってくれた。
その間に会話集のページを探し、「あっ! これこれっ!」と必要な言葉を指差した。
すると「D'accord OK」と少し笑いながら、答えてくれた。
必死に意志を伝えようとする見たこともない東洋人に、皆とても暖かく接してくれた。
この国の人は皆オープンで陽気な人ばかりだ。
こんなこともしゃべれないの?という態度を示す人は一人も居なかった。
ただ私が、どんな時でも絶対欠かさない言葉があった。
「Bonjour」と「Merci」この2つ。
フランスの人は皆きちんと挨拶してくれる。
だから私もそれを真似した。
挨拶をしたか、しなかったか、それはとても大事なことのようだ。
白人特有の眼光の鋭さは少し怖いと思う時もあるけど、挨拶をすると返してくれる笑顔は
突然親しみのあるものに変わる。
これはホテルの人や町行く人など、立場とは関係なく皆がそう接してくれた。
道を聞いたおばさんも男性も、私がいまいち理解してないようだと感じると、一緒に目的地
まで連れて行ってくれたりもした。
おそらく心配だったのだと思う。
英語もフランス語もちゃんとしゃべれないのに、こんな所まで来ちゃって大丈夫?、そう
思ったのだろう。
前から好きだったフランスの文化。
それだけでなく、暖かいフランスの人々が大好きになった旅だった。

*写真は散歩中に見つけた近所の小道、白い花に埋め尽くされていました。


# by jasminetea-m | 2019-05-12 09:22 | 旅が大好き☆

いつだって一人で行ける世界中8

b0076967_00190360.jpg
パリの町はメトロで移動するのが一番便利。
バスはいまだに分かりずらいし、タクシーは高いのでもっぱらメトロを使う。
初めてのパリだったけど、路線図をコピーして来たのでそれで目的地を見つけ、乗り換え駅を探せば、
問題なく移動出来た。
目的地に無事着けるたびに、やれば出来るじゃない私っ! と、嬉しかった。
初めてのパリなので、メトロを利用してエッフェル塔や凱旋門、ノートルダム大聖堂を回った。
ノートルダム大聖堂に行ったのは、たまたまミサの行われる日曜日だった。
石の建物の中に讃美歌の歌声が共鳴して響き渡り、神秘的で感動的だった。
この前屋根を火事で消滅してしまった、・・・残念でならない。
ガイドブックで見て行きたかったロワール地方のお城は、交通の便が悪くて回るのには不便だった
ので、これはパリ発の一日バスツアーに参加して、3つのお城を見て回った。

憧れていたクリニャンクールの蚤の市も面白かった。
アンティークなガラスのシェードの、真鍮の電気スタンドまで買ってしまった。
持ち帰ることを考えると大変なのに、変に張り切っていたんだと思う。
勿論スタンドは今も大切に持ってます、・・・全然使ってないけど。

何も怖いことも心配なこともなかった。
行きたかった所へ行き、やりたかったことをやり、毎日楽しく過ごした。
こうして海外の旅に徐々に慣れて行った。

*写真は海の見える公園で、向うに小さく船が見えてます。


# by jasminetea-m | 2019-05-09 09:54 | 旅が大好き☆