カテゴリ:そのほか( 124 )

生きた目 死んだ目

b0076967_08425566.jpg
自分があまり運動めいたことをしないせいか、ほとんどスポーツには興味なかった。
だけど、世界相手に戦うワールドカップ、これだけは別だった。
サッカーが好きと言うより、世界対日本という図式に興味があったのかも知れない。
そして、選手を見ていると、凄く良い目をしていることに気が付いた。
戦う男の目は良いなあ・・・。
活き活きしてるし、キラキラしてる、そしてどこか鋭い目をしてる。
イケメンとかそんなものとは関係なく、みんな魅力的だった。
生きてるっ!って感じだ。

反対に死んでると言うか、腐ってると言うか。
この頃TVを見ていると、凄い目を見る機会が多い。
あるスポーツ連盟の永久会長とか言う奴。
汚い目だなあ・・・。
ここまでの目付きになるまでに、どれほどの悪行を積んできたことか。
何を言われても、「自分は悪くない」の一点張り。
こんな目付きになってまで、私は生きていたくない。

*写真はヴェゾン・ラ・ロメーヌで泊まったシャンブルドットの窓を外から。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-08-07 09:28 | そのほか

ローヌ川は穏やかだったけど・・・

b0076967_09042305.jpg
アルルのローヌ川。
ゆっくりと船が流れる。
美術館の窓からそれを見てる静かな時間。

話は全然変わりますが・・・。
西日本の豪雨災害の中。
倉敷市真備町で水上バイクで15時間にわたって、取り残された人々を助けた男性がいらっ
しゃいます。
迫りくる濁った水に怯えながら屋根の上まで逃げた人々。
泳げないお年寄りを抱き抱え、水上バイクまで運び。
暗い中バイクが転倒しても未明の4時まで走り、その間に助けられた方達は120人。
本当に本当に頭が下がります。
彼の仲間も釣り用ボートで100人を救助し、そして今も彼等は炊き出しや片付けを手伝って
いるそうです。

今せめて、自分に出来ることは何だろう・・・?
現地に行っても体力がなくて、おそらく一番先に熱中症で倒れるだろう私にも、出来ることは
あります。
こんな私でも出来ることはあるのです。
自分に出来ることを一人一人がしたら、災害に合われた方達は少しでも救われるはず。
お時間のない方も、体力のない方も、せめて義援金だけでも・・・。
お願いします。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-07-19 09:22 | そのほか

大阪です

b0076967_12034035.jpeg
大阪に来ています。
可愛い孫子ちゃんと二カ月ぶりに再会。
今日は近所のカネフク明太子パークへ。
明太子の歌がガンガン流れています。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-07-12 12:03 | そのほか

世界がおかしい

b0076967_06450143.jpg
b0076967_06474762.jpg
豪雨だけでも沢山の方が被害に合っているのに。
沖縄の台風、大阪や千葉の地震。
元々災害の多い日本だけど、さすがに誰が考えても異常。

だけど、日本だけではない。
フランス滞在中も、「前と違う、気候がおかしい」と思うことがあった。
初夏のプロヴァンスはカラッとした気候。
暑いけど爽やかで、日影に入ると湿気がないから涼しくて。
だけど今回、雨が降ることも何回もあり、爽やかさはない。
雨の後晴れても湿気を帯びた空気が漂い、日本の梅雨とあまり変わらない。
日本だからジトジトしてるのではなく、条件が合えばプロヴァンスでもジトジトするんだ。
何だか意外だった・・・。

日本とフランスだけでなく、ハワイをはじめ世界中で火山が噴火してるし。
もう・・・地球が末期・・・。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-07-10 09:27 | そのほか

守ってなんかくれない

b0076967_09503867.jpg
新潟で7歳の女の子が惨いやり方で、短い生涯を閉じさせられましたね・・・。
そのあまりのやり方に、日本中が驚き哀しみに暮れた事件。
本人のその時の怖さ、親の気持ちを思ったら、もう・・・。

日本は何故本質的に子供を守れないのだろう。
学校やPTAからのうるさいほどの連絡事項は多いけど、そんなことではなく本質的に子供を
守る気はあるのか?
誰もが学校への登下校時に犯罪に巻き込まれることが多いと分かっているのに、集団下校とか
ボランティアの見守り隊とかでなく、もっと本質的に。
他の国のことは知らないけど、フランスのように親の学校への送り迎えを義務付けたら良いのに。
フランスではお父さんやお母さんと通学する子供の姿が、毎朝当たり前のように見られるのに。
仕事優先ではなく子供優先、当たり前のことではないのか?
それが出来ない日本企業、そして日本という国、おかしいよね・・・。
親にとって一番大切なのは勿論子供、それはこれから国を担ってくれる日本という国にとっても
同じはず。
出来ない話ではないでしょ?


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-13 09:51 | そのほか

ボケ写真

b0076967_09331260.jpg
六本木の夜景撮影の時に撮った写真。
「ボケボケッ!?」と言われちゃうかな?
カフェから漏れる明かりと、カフェの外に立つ男性。
結構ボケ写真好きなんだけど・・・。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-02-05 09:19 | そのほか

今日はPM2.5に注意

b0076967_06342214.jpg
モノクロも雰囲気良く撮ると凄く良いけど、モノクロばかりだと今度はきれいな緑にも惹かれます。
取り合えず尾瀬で撮った雫写真をアップして、場をしのぎます。

朝の番組、チャンネルによっては「PM2.5予報」をやっているんですね。
今日は地域によっては、喘息の方は外出は控えたほうが良いそうです。
何年か前に国際的に大気汚染が懸念され、警告を受けた中国の言い分は、「今まで散々、先進国
大気汚染に繋がることして来た。
我々がこれから高度経済成長しようする時に、それを阻む意見は無用だ。
我々のやりたいようにやる。」と言い切った。
確かに日本も高度成長期にスモッグを排出した時期があり、今はそれをコントロール出来る技術も
発達し、成長し続けながらも澄んだきれいな空気を手に入れた。
その技術を学ぼうともせず、ただ汚染物質を流し続ける中国。
その結果が真っ白に濁った中国の空、窓も開けれない生活。
好きなようにやったのだから、その結果を自分達で受け入れれば良い。
だけど、その汚い空気が日本に流れて来てる。
特に子供への影響は深刻で、喘息や最悪肺癌になる可能性が。
中国のせいで日本の子供が外で元気に遊ぶことも出来ないなんて。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-09-20 08:37 | そのほか

モノクロとか比べてみた

b0076967_09134470.jpg
b0076967_09140336.jpg
b0076967_09142250.jpg
b0076967_09144105.jpg
      
b0076967_09150612.jpg
モノクロの話しをしていて、カメラの機能を使って色々撮り比べてみたくなりました。
全てPEN-Fで撮影。
1枚目 ラフモノクロームⅠ
2枚目 ラフモノクロームⅡ
3枚目 MONO
4枚目 トイフォトⅠ
5枚目 ジェントルセピア
PEN-Fの表示のまま記載。

こうして比べてみると面白いですね、違いが良く分かる。
ヨーロッパはモノクロに適している街並みや怪しい人物が多いので、上手く使ってみたいな。
面白いことになりそう。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-09-17 09:45 | そのほか

心を澄ませたままで

b0076967_07035483.jpg
歳を取ると人はみんな、物事の機微を知り、まあるく優しくなって、人として熟成し、少し
づつ完成形を成して行くものと思っていた。
が、違う場合も多い、とこの頃思う。
女性に限って言うと、若い人の方が心が澄んでいる。
まあるく円熟しているはずの中年以上、初老の人と接した時、濁っている人が意外に多い。
今までの生きた過程で何があったのだろう?
人を嫉み、意地が悪く、巧妙。
自分の人生をひがんでいるのだろうか?

その話を友達にしたら、「そんなものだよ。年取って心が歪んでしまう人って多い。」と
すでに悟っていた。
そう言えば、「オバタリアン」なんて言葉も昔あったな。
ただぼうっと生きていると、嫉みだけの嫌な年寄りになってしまうのかも。
気を付けなければ・・・。

*少し早いけど、昨年撮った秋らしい写真。
 秋の訪れを歓迎して一枚。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-09-06 09:03 | そのほか

モノクロパリ

b0076967_07264140.jpg
渡辺英明(えいめい)さんの写真展に行って来ました。
パリの街をモノクロで撮った写真。
会場に行ってから知ったのですが、渡辺さんは昨年 パリ撮影の数か月後に亡くなられていたのです。
くも膜下出血、突然のことだったそうです。
52歳。

入口には彼の生前の写真が何枚もありました。
仲間と楽しそうに過ごしている写真ばかり。
皆から親しまれる方だったのですね。
突然終わってしまった彼の人生・・・。
仲間が今回の写真展を開催してくれたようでした。
「約束は果たしたよ」と寄せられた文の一つにありました。
良い仲間に恵まれて楽しい人生だったんだろうな、と思いました。
良い仲間に恵まれると言う事は、彼自身が人を引き付ける魅力ある方だったのでしょう。

会場の方に伺ったら、写真をアップで撮るのではなく、会場全体の雰囲気を撮るのは大丈夫と言って
下さいました。

*一緒に行った友達が撮ってくれた私の写真。
 「PEN-Fを通して見たパリ」の会場にて。


[PR]
by jasminetea-m | 2017-08-31 09:23 | そのほか