カテゴリ:そのほか( 134 )

神宮外苑が染まる頃

b0076967_22045621.jpg
b0076967_22052213.jpg
b0076967_22054655.jpg
フランス写真の途中ですが。
神宮外苑にカメラ持って写真仲間のtomoさんと行って来ました。
初め高尾山登山しようと言っていたけど、その前に足慣らしに行ったらあまりきれいな
紅葉ではなかったので、急遽変更。
神宮外苑の銀杏並木が染まる時期に来たのは初めて。
いつもは空いてる時期に来て、並木道沿いのレストランでランチしてました。
覚悟はしてたけど、平日でも結構混んでいました。
でも黄色い銀杏と黄色く染まった歩道はさすがに見事でした。
やはり良い時期に来ると素晴らしい景色に出会える。

今日は、tomoさんお薦めの和食レストランでランチ。
一つづつとても丁寧に作られたお料理で感激。
美味しい物を食べてる時は、やっぱり幸せ。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-12-09 09:07 | そのほか

一番嫌いなこと

b0076967_20135230.jpg
前から卑怯だなと思っていたことがある。
亡くなった方の悪口を言う事。
相手が絶対反論出来ない状況で、もう本当なのか嘘なのかそれさえも分からない状況で、
言いたいことを言う。
何でも言える、言ったもの勝ち。
そういうことを出来る人が大嫌いっ!
どれだけ卑怯なんだ。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-12-03 09:13 | そのほか

旅をして 3

b0076967_23192399.jpg
前回の続きです。

一番驚いたのは、数年前・・・。
雪がもの凄く降った冬のこと。
うちの家の庇に積もった雪が溶けだすと、下の住人の方の敷地にいつまでもポタポタと水滴が
落ち、困ると言われたので、庇の上にある窓から雪を落とし、まだ残った雪をホースで引っ
張ったお湯で溶かし洗い流した。
その時、お湯が道路を歩いている人にまで飛んでいないかと、とても気になった。
ぬるま湯になっているだろうけど、人にまで飛び服を濡らしたら申し訳ない。
その時普段から親しくしているお隣の奥さんが、道路を歩くのが窓から見えたので、お湯が飛
んでいないか確認してもらいたいと頼んだ。
奥さんは快諾してくれて、様子を見てくれた。
そして「大丈夫みたいよ」と言ってくれた。
ちょっと困った顔をしているのが気になったけど、取り合えず一安心。
私がその後も続けていると、「何するんだっ! 水が飛んで来るだろっ!」と男性が道路に立ち
怒鳴り出した。
私はビックリしてお湯を止め、謝り続けた。
男性は出社の時間だったのだろう、怒ったまま去って行ったが・・・。

一体あの「大丈夫みたいよ」は何だったんだろう?
何故本当のことを言ってくれなかったのだろう?
私に遠慮したの? 気を使ったの? 意味が分からない。

何故日本人はこんなつまらない気の使い方をするのだろう?
アジアを含め海外ではあり得ない。
本当のことをズバッと言ってくれる。
ケンカになっても、相手が気を悪くしても、そんなことより正直に自分の思いをきちんと伝える
ことが大事だと分かっている。
それが自分のためだけでなく、ゆくゆく相手のためにもなると分かっている。
つまらない忖度、辞めるべきでは?
世界中でこんなことしてるの日本だけだよ。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-10-19 09:25 | そのほか

旅をして 2

b0076967_22470257.jpg
たいして英語もフランス語もしゃべれないのに、行きたい国に一人でとっとこ行ってしまう。
語学力はあまりないけど度胸と行動力だけはあるみたい。
当然細かいことが理解できず困ることもある。
だけどおそらく、目の不自由な方が勘が鋭くなるように、言葉の代わりに勘が鋭くなるみたい。
勘が鋭くなると色々なことに気が付く、色々なことが見えて来る。
それが面白い。
国によって国民性が違う。
「ああこの陽気さ、フランスらしいな」とか、「この調子の良さ、イタリアぽい」とか、「わあ
この厳格さ、さすがドイツ」などなど・・・。
日本と同じ島国のイギリスは意外と人見知り、アメリカはちょっと大雑把。
見えて来るからつい比べてしまう日本。
日本は・・・。
おとなしくて親切、良いものをいっぱい持っているけど、表現するのが苦手。
そして、こんなに思っていることと言っていることが、違う国はない。
私は単純だから信じてしまいそうになる。
でもさすがにそれはないだろうと思うことがある。
人を傷付けないため優しく言うならまだ分かる、だけど「何のために?」と思うことがある。
おかしいよ、それって本当に何のためなの?

又長くなってしまったので、続きは今度。

*写真は大好きなホンワカボケ写真だけど、風に揺れてどこにもピントの合っていない本当
 のボケボケ写真になってしまった。
 だけど何となく好きなのでアップ。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-10-16 09:21 | そのほか

旅をして

b0076967_21002350.jpg
色々な国を旅した。
語学力は挨拶+α程度だけど、団体旅行は大の苦手で。
いつも飛行機とホテルを手配して個人で行く。
家族の中で唯一旅好きな娘が小さい頃は、一緒に旅をした。
中学生ぐらいになるとお約束の反抗期になって、生意気だから連れて行かなくなった。
旅仲間をネットで募集した時もあって、過去6~7人ぐらいの人と2人旅をした。
だけど海外は10日以上になることが多く、24時間一緒に居ると何かしら問題が起きる。
そんなことが続いてイヤになってしまった。
ある時思い切って1人でグランドキャニオンとモニュメントバレーを旅した。
これが、良かった。
全ての時間が自由で、自分のために使える。
相手を気遣って付き合ったり、無理をすることもない。
その上、一人旅をする言葉の拙い日本人の女性を心配してくれて、現地の人が良くしてくれた。
一人旅は寂しいのではとの危惧はあっと言う間に消えた。
何だか身軽で気楽で自由だった。
それからはいつも一人旅。
友達が「一緒に行きたい」と言った時も、寸前まで内緒にして一人で出掛けた。

まだ途中だったけど、長くなってしまったので続きは次回に。

*写真は昭和記念公園で撮ったコスモスです。
 昨日はコスモス最盛期でした。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-10-14 09:23 | そのほか

藤田嗣治の乳白色の肌

b0076967_08410375.jpeg
7月からやっていたのに終了間際になってしまったので、絵画好き友達を誘って慌てて行って来ました。
藤田嗣治の絵画展です。
数年前にも藤田嗣治の半生が映画になりましたね。
オダギリジョーさんが見事になり切って演じていました。

乳白色の肌の女性のヌード、初めて本物を見ました。
美しかった・・・。
絵の勉強をする学生は写真も学ばされるそうだけど、絵画と写真、構図や感性、互いに色々勉強になるはず。
実際絵画をやっていた人は写真も上手いです。
反対に写真を絵のように撮る写真家もいますが、とても幻想的に仕上げていて感動します。

良い物をいっぱい観る、観る、感じる、感じる、いつか自分の体の中に染み入って、自分の一部になって、
自分の作品に何かしら影響される、はず。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-10-05 09:34 | そのほか

40過ぎたら・・・

b0076967_08435140.jpg
「40歳過ぎたら自分の顔に責任を持て」という言葉があるけど。
本当にそれまでの考え方や生き方、今の考え方や生き方が顔に滲み出る。

子供の頃意地悪な子もずるい子も居た。
それが大人になる頃、皆良い人・普通の人になってた。
「意地悪な子はどこに行ってしまったんだろう?
 大人になって人として成長して、自分のことを反省したのかな?」と思っていた。
ところが付き合っていくうちに、隠しきれずちゃんと本来の性格が出てくる。
「上手く隠す技を身に付けただけなんだ・・・」と思った。
もっと長くその人を見ていると、年と共に段々隠しきれずその性格は顔に出てくる。
意地悪な人は意地悪顔、優しい人は優しい顔、卑怯な人は卑怯顔、お人好しはお人好し顔、
自分の意見を持っていない人はそんな顔、怖い人は怖い顔・・・。
面白いな。
だけど詐欺師は人の良さそうな顔をわざとしているから、そこは要注意。
ちょっとした時に本性が現れるけど、ほとんどの場合上手く隠している。

さて、私はと見ると・・・。
一見おとなしそうで楽しい人らしい。
得してるなあ・・・私。
その姿ははたして本物かな・・・?

*写真はフランスのサンポール村のオープンレストランで食べたサーモンマリネ。
 美味しかった・・・。
 真似して作ってみたけど、ドレッシングが上手く出来なかった・・・。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-09-25 09:11 | そのほか

Nadar Gallery

b0076967_2230420.jpg
青山のNadar Galleryで開催されているkirinさんの写真展に、「光りのほそ道」仲間3人で
行って来ました。
今回一緒に行ったメンバーはtomoさん、mocoちゃん。
写真展会場の写真は、皆さんのお写真が写ってしまうのでパスです。
久し振りにお会い出来ると思っていたkirinさんは、風邪のため今日はお会い出来ず。
残念でした。

会場でゆっくり過ごさせて頂いたあとは、246号沿いのカフェの集まる面白いエリアへ。
入口はそんなに広くないけど、奥に続く細長い路地にたくさんのカフェやレストランが。
全てがオープンエアになっていて、ベンチやテーブルが所狭しと置かれています。
そこでビールと簡単ランチを頂いて、そのあともビールのお代わりをバンバンしてワイワイ
夕方まで過ごしました。
良い写真展にはどんどん行きたいな。
写真展とオープンエアでビール、良い一日でした。

久し振りにコメント欄開けますね。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-09-22 09:27 | そのほか | Comments(8)

電車の中で

b0076967_09172370.jpg
昨日出掛ける時、電車の中で見た気になる ある様子・・・。
私は優先席の前に立っていて、そこには赤ちゃんを抱っこしたお母さんが座っていて。
そこまでは普通、だけどその横には別の親子の子供が二人座っていて。
それぞれ親は別で、子供は10歳ぐらいと5歳ぐらい。
走り回っちゃうので5歳の子を座らせるのはまだ分かる。
だけど10歳の女の子、優先席に座らせる意味ってあるのかな・・・?と思っていた。
そこへ途中から2歳ぐらいの男の子を連れたお母さんが乗って来て。
男の子がぐずり出したので、お母さんは抱っこをして。
男の子は抱っこされたらおとなしくなったけど。
お母さん重たいだろうな・・・、電車が揺れる度に足元がフラフラ、危ないな・・・。
と思って私のほうがハラハラ。
だけど、座らせてる子供の二人の母親は知らんぷり。
「大きい子供を座らせてないで、こちらの親子に席を譲りなさい!」と言ってやろうか、
他人の私が出しゃばらない方が良いのか・・・?
その思いは暫く続いたけど、さすがに私も言えなかった。
私が途中の駅で降りるまで、その光景は変わらなかった。
「優先席」の表示には「お年寄りの方・体の不自由な方・乳幼児を連れた方・妊娠中の方」
と書いてある。
「子供の方」なんてどこにも書いてない!
表示の前に立ってたお母さんにはちゃんと見えているはず。
その母親にも、結局何も言えなかった自分にも腹が立つ。
情けない国だなあ・・・。

*写真はフランスのシャンティイ城に行く途中の公園。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-09-16 09:51 | そのほか

「お届け物です」

b0076967_23565930.jpg
それは、とある夏の暑い昼下がりのことだった・・・。
突然「ピンポーン」とインターホンが鳴った。
出ると女性の声で「お届け物です」と。
私は「ハーイ」と玄関に向かった。
だけどアマゾンの発注もしてないし、一体どこからのお届け物だろう・・・?
玄関を出て門のフェンスの所まで行くと、明らかに配達員の服装ではない普通の女性が居た。
その時、サッと門の影に隠れる男一人。
家の前の路上には見慣れない青い車、中にはやはり男のシルエット。
エッ! 何? 白昼堂々荒手の強盗団!?
女性が言った「これどうぞ」、手には大きな液体洗剤らしきボトル。
「えっ、どこからのお届け物ですか?」と私。
「〇〇新聞からです」とその女性。
「全然話が違うじゃない」と言って、とっとと玄関に戻る私。
後ろから「これっ、これあげますよ~!」と女性の声。
「要りません!」と言って玄関ドアを閉めた。
新手の新聞勧誘員だった・・・。

新聞離れが大変な状況とは聞くけど、ネットでニュースは充分だし。
こんなやり方したら益々新聞離れしちゃうよ。
前に宅急便配達員を装った強盗も本当に居たし、これからはどこからの届け物か確認した方が
良さそう・・・。

*写真はシャンティイ城の中庭の建物と怪しい空。
 レンズが調子悪かったのが良く分かる写真になっちゃった・・・。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-08-16 09:26 | そのほか