<   2018年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

シャルル・アズナヴールに発音を直される

b0076967_02163457.jpeg

b0076967_02174472.jpeg

b0076967_02185535.jpeg

サン・レミ・ド・プロヴァンスのレストラン。
時々日本の雑誌でも紹介されてるみたい。
中もアンティークがいっぱい飾られて、とても素敵な雰囲気です。

今日ここでランチをしていた時のこと・・
シャンソン歌手で有名なシャルル・アズナヴールさんが来店して・・。
私はお顔を知らないので、そのまま食事をしていたけど、ちょうど
向こうの正面の席に座った方がそうだったみたい。
隣の席の3人グループがザワザワし出して、どうしたんだろうと思って
いたら、その中の男性が英語で教えてくれました。
おらら〜、シャンソンは正直あまり興味ないけど、さすがに有名な方
だからお名前だけは知ってました。
94歳で現役の歌手で、秋には日本にも来るそうです。
お会計を済ませ帰ろうとしたら、日本人が珍しかったのか店のオーナー
男性がシャルルさんを紹介すると言うので、ビックリしながら後を
着いて行きました。
だけど悲しいかな「Bonjour」以外の言葉が出ません。
その時店に貼ってあったセルジュ・ゲンズブールのポスターがパッと
目に入って「あっ! セルジュ・ゲンズブールだ」と思わず声が出た私。
大ファンなんです。
そしたら発音が悪かったみたいで、シャルル・アズナヴールさんと
お付きの男性と2人同時に「ゲッ!ンズブール」と発音を直されました。
それこそOhlala〜。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-31 02:15 | 旅が大好き☆

フランス人の大らかさ・大雑把さ

b0076967_00330680.jpeg

b0076967_00231929.jpeg

b0076967_00243246.jpeg

バスに乗って、今日からサン・レミ・ド・プロヴァンスにきました。

1枚目の写真は街で見つけた面白い雑貨屋さんの壁のディスプレイ。
オーナーのおじさんのバイクみたい。
バイクの似合う中年の魅力的なおじさんが店内にいました。

いつも思うことだけど、フランス人って大らかで親切。
だけどそれは大雑把さにも通じるみたい。
3枚目のバラの花の写真は、泊まったホテルの壁に飾ってあったもの。
中心になった花以外の全てのバラが、どれも全部少しずつ痛んでる。
これを撮ったカメラマン、それを商品に仕上げた人、それを売った人、
それを買った人。
その全員がバラの花の痛みなんて気にしてないのかなな・・。
私の入っているフォトサークルでは、1番最初に言われてすぐボツになると思う。
だって変じゃない?
これを飾り続けること・・、気になるよね。

2枚目の写真は、サロン・ド・テで頂いたティーセット。
このポット、見えるだけで4箇所ぐらい欠けてるけど、裏側も欠けてるの。
ちゃんとしたサロン・ド・テだったけど、こうゆうのを平気で出す。

まだまだあります。
おしゃれなレストランでトイレを借りたら、便座がなかったり。
数年後に行ってもまだ便座はなくて、付ける気は無いみたい。
ホテルのシャワーノズルに隙間があって、あちらこちらからお湯が
噴出して、湯加減を確認に行っただけなのに、服まで
びしょびしょ
になったり。
ホテルによっては1泊80ユーロは出してても、タオルがみんな
雑巾色に煮詰まっていたり。

大らかさは大雑把さ・・。
笑っちゃうこともあるけど、泣きそうなこともあります。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-30 00:31 | 旅が大好き☆

アルルはゴッホが愛した街

b0076967_03070269.jpeg

b0076967_03062278.jpeg

b0076967_03082792.jpeg

アルルは絵描きのゴッホに縁のある街です。
強烈なプロヴァンスの光に魅せられて、ゴッホはここに2年間住み、
その間に描いた絵は300点になるそうです。
ゴッホの絵が大好きなので、彼が描いた場所を尋ねました。
1枚目は日本でも有名な「夜のカフェテラス」のモデルになった
カフェです。
今でもゴッホに描かれたことを誇りして、店の色合いを当時の
ままに保っています。
アルル滞在中は天気が良くなくて、諦めて昼間に撮影。
星空は見えません(どっちにしてもカメラでは無理だけど)
2枚目はゴッホが入院していた病院の中庭を再現したもの。
タイトルは「アルルの病院の庭」だそうです。
ところがここで奇妙な木を見つけました。
まるで誰かが目を描いたようだけど、近くで見てもそうではなくて
自然に枝を切った後がこうなったみたい。
ちょっと不気味。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-29 03:05 | 旅が大好き☆

アルルのホテルと今日の出来事

b0076967_03413967.jpeg

b0076967_03410674.jpeg

今回アルルで泊まっているホテルの写真を少し。
入り口を入るとパティオになっていて、この季節はちょうどバラの
花が満開です。
ここで朝食が取れます。
庭で心地良い風に吹かれながら、食事をするのが大好きなので、
最初にニースで泊まったホテルと似てるかも。
値段も大体同じ80ユーロです。

今日1人で歩いていたら、向こうに少しロン毛のイケメンフランス人が。
やけにこちらを見てるなぁと思ったら、どんどん近づいてきます。
わあ!どうしよう・・ドキドキドキッ!
と思っていたら、ついに話しかけられました。
「おばさん、腹減ってんだけど、金くれない?」
ハアァァ・・! ざけんなよ!
何て言ってるか分からない⁈ とゼスチャーしてその場を慌てて
立ち去りました。
そう言えば昔のヒッピーみたいな、汚れたジーンズだし、何あいつ?
バカにしないでよ、フン!


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-28 03:40 | 旅が大好き☆

リル・シュル・ラ・ソルグの街並み

b0076967_06015092.jpeg

b0076967_06025477.jpeg

b0076967_06033723.jpeg

リル・シュル・ラ・ソルグから列車を乗り継いでアルルに来ました。
まだリル・シュル・ラ・ソルグの写真を載せ終わっていないので、
何枚かアップして、明日からはアルルの写真にします。
リル・シュル・ラ・ソルグは本当に美しくて住み易そうな町でした。
今回アンティーク市の立つ日曜日には滞在出来なかったけど、又
いつかきっと訪ねると思います。
とても心惹かれる町でした。
その様子が少しでも伝わったら嬉しいです。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-27 06:01 | 旅が大好き☆

凄いレストラン

b0076967_22000302.jpeg

b0076967_22005840.jpeg
凄いレストランに行って来た。
はじめ見た時はおしゃれな内装で素敵だなと思って、テラス席
でランチをすることに。
メニューは3つしかなくて、甘そうなタルトと黒くて硬いベーグル
はパスして、残されたのはこの写真のセットだけだった。
オーナーらしい女性は「good!」と言い、お薦めらしかった。
だけど何の味もしない。
塩をもらってドバドバかけて食べてみたけど、やはり美味しくはない。
その上忙しいランチタイムが終了したみたいで、オーナーとバイトの
女の子が私のすぐ隣の席で自分たちの食事を始めた。
ちょうど私のほうにオーナーが向いてる位置で。
まずい顔もできず、残すこともできず、逃げることもできず、仕方なく
美味しそうに食べ続ける私。
じっ地獄だった!
ここまで美味しくない食事はさすがに生まれて初めて。
生涯忘れられない味。
その上初めて見る銘柄のビールも、口をつけたらなぜか濁ってしまった。
ビールって普通最後まで茶色の透明だよね?

いったい何だったんだろう・・。
せめて店名は出さずにおきまね。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-26 03:34 | 旅が大好き☆

初めての買い物

b0076967_02481031.jpeg

b0076967_02491945.jpeg
今日は 1日リル・シュル・ラ・ソルグの街を散策してきました。
アンティークショップや土日の蚤の市で有名な街なので、
常設店も面白い店がいっぱいあります。
ここのアンティークショップ、裏に流れる川に椅子を置いて、
コップまで置いて、まるで誰かが座っているよう。
こういうユーモアがフランスの楽しさそのもの。
ここで買ったのは缶の入れ物2つ。
アンティークではないけど可愛い柄だったので。
2つで 14ユーロでした。
黒い部分は黒板になっていて、中身を書くようになってます。
もう何も買わないと決めて日本を出発してきたので、スーツ
ケースはわざと小さめ。
もう何も入れられない状態できたけど、つい買ってしまった。
何とかこのぐらいなら入れられるよね・・?

風邪がようやく少し改善。
早く元気になりたいなぁ・・、何となくまだいつもの調子が
出ない。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-25 02:46 | 旅が大好き☆

リル・シュル・ラ・ソルグのホテル

b0076967_02095235.jpeg

b0076967_13514585.jpeg

b0076967_02333568.jpeg
リル・シュル・ラ・ソルグで泊まっているホテルの写真を。
こちらでは1部屋いくらと言う値段になっているので、1人で借り
ても2人で借りても同じ値段です。
部屋には大きなダブルベッドがあるので、確かにもったいないん
だけど・・。
このホテルの1番の魅力は立地条件と安さ。
1枚目の写真の川に架かる橋の上で、朝食をとることもできます。
2枚目は私の部屋からの景色。
心が洗われる気がします。
3枚目は私の部屋です。
それにニースのホテルより5ユーロ高いだけの80ユーロ。
部屋の大きさは2倍はあります。

実は風邪が悪化。
早く治してスッキリしたいな・・。
この頃の体調考えると、もうこんなに長期の旅はできないと思う。
それでも予定通り動いて、ランチにはビールも飲んだりしてるん
だけど・・ハハハ・・。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-24 02:08 | 旅が大好き☆

一番好きなプロヴァンス

b0076967_06473139.jpeg

b0076967_03113639.jpeg

ニースからTGVとローカル線を使ってリル・シュル・ラ・
ソルグと言う街に来ました。

写真はニースで泊まったホテルの入り口と、二階からがアパートに
なっているようで、入り口の外にあるエレベーターです。
どちらも素敵だったので、写真を撮っておきました。
このエレベーター、アンティークでドアも自分で開けます。
アンティーク好きにはたまらない味わいがあります。
私も一度乗って、用も無いのに上まで行ってみました。

ニースでは空港に着いてホテルに向かう時、タクシー代をぼられ
ました。
昔はイタリア領だったらしいけど、建物もイタリアっぽいし、
国民性もフランスとはちょっと違うかも・・。
泊まったホテルは家族経営で、とてもよくしてくれたけど。
コートダジュールからプロヴァンスに来たので、人々が親切で
驚きました。
アビニヨンでは1人でも何とかなるのに、心配してくれておばさん
がつきっきりで、切符を買ったり電車に乗る場所を案内してくれたり。
1時間も付き合ってくれました。
自分が日本に行った時、皆にとても良くしてもらったからと
言っていました。
別れる時はウルウルしてしまいました。
嬉しかった、ありがとう。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-23 03:09 | 旅が大好き☆

実はいろいろ大変

b0076967_06462431.jpeg

b0076967_06470376.jpeg

実は色々あって大変です。
出発前に風邪気味だったのが、こちらに来てからの昼と夜の
温度差に体が追いつかなくて、風邪がすっかり悪化しました。
持ってきた薬を飲みながら、何とかやっています。

レストランで食事をする時、写真を撮ろうとカメラを出して、
小さな椅子だったのでカメラが滑り、石畳の床に落ちて。
望遠はなんでもないんだけど、広角側はピントが合いません。
日本に帰ったらすぐメーカーに持っていかなきゃ。
直ると良いなぁ・・。

写真は今日行った海を見下ろせる庭が素晴らしい大邸宅。
一枚目はiPhoneの機能を使って、ボケフォトにしてみました。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-22 07:08 | 旅が大好き☆