人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

いつだって一人で行ける世界中5

b0076967_18240258.jpg
乗り継ぎのため、途中イギリスのヒースロー空港で飛行機を降りた。
乗り継ぎ用カウンターに行くと、さっきまで機内に沢山 居た日本人はどこにも居ない。
周りは全て白人。
イギリスが目的地だった人達はもう、出口に向かったのだろう。
もう日本語は通じない、こんな所まで来てしまったと改めて焦った。
ドキドキしながら乗り継ぎ手続きを済ませ、パリに向かう飛行機に乗った。
ヒースロー空港から、パリのシャルルドゴール空港までは数時間だった。
ブルーの誘導灯の煌めくシャルルドゴールは、すでに夜だった。
光りが瞬き、とても美しかった。
着いた、フランスだ。
子供の頃から憧れたフランスだ。
不覚にも誘導灯の光がジワッと滲んだ・・・。

送迎付きなので、空港でお迎えの40代ぐらいの日本人女性が待っていてくれた。
真っ赤な革ジャンとパンツの、全身真っ赤な女性。
凄い派手だなあ、日本には居ないな・・・フランスは自由の国なんだ。
他にそのツアーに参加した日本人は3人だけだった。
同じ飛行機で来たはずだったけど、初めてCDG(シャルルドゴール)で対面した。
キビキビとしたその真っ赤な女性に付いて、ホテルまで送ってもらった。
この後は迎えのある9日後まで100%フリータイム、自由行動。
初めてのフランス、さすがに少し緊張した。

*写真は横浜の洋館の一つです。


by jasminetea-m | 2019-04-30 09:21 | 旅が大好き☆

いつだって一人で行ける世界中4

b0076967_20422365.jpg
b0076967_20423618.jpg
子供の頃から憧れ続けたフランス。
行くことをまず決めてしまって、もう後戻りできない状態から準備を始めた。
後戻り出来なければ、前に進むしかない。
買った二冊のガイドブックは、どこに何が書いてあるか記憶してしまうほどに読み耽った。
現地に行ってからは、日本語しか話せないから、困ることがあっても聞ける人は居ない。
町の造りや地下鉄の路線図から始まって、レストランやホテルでのマナー。
行きたい場所や行き方も調べ、上手く現地ツアーを使うものと、自分で行ける所を分けた。
当時スマホなど便利な物はなく、同時に買った会話集。
一番最初に覚えたのは「Ou sont les toilettes? トイレはどこですか?」
5歳の子供が居るので、これだけは覚えておかなければ。
全て暗記は出来ないけど、必要最低限のいくつかを必死に覚えた。
出発までの数か月間は、フランスに関する下調べに、毎日のように時間を費やした。
だけど初めてのヨーロッパ、初めてのフランス。
行ってみないとどうなるか分からない。

いよいよ当日。
期待と不安な気持ちを抱えたまま成田に向かった。
オールフリーのツアーだったので、搭乗手続きを自分で済ませ、飛行機に乗り込んだ。
本当にフランスに行くんだ、大丈夫かな・・・。
少し緊張して来た。

*写真は少し前に撮った、こぶしの花と木です。


by jasminetea-m | 2019-04-27 09:22 | 旅が大好き☆

いつだって一人で行ける世界中3

b0076967_15060107.jpg
そうだ、フランスだっ! 
子供の頃から好きで見ていたTVの旅番組、毎週色々な国を案内してくれるけど。
「なんて素敵な所だろ、こんな所行ってみたい」と思う国は、必ずフランスだった。
自分でも不思議だった。
「好き」には理由がないと言うけど、自分の感性に合うから好きなんだろう。
大人になると益々惹かれるものがあった。
美しい街並みは勿論、パリで撮られた妖しさをも感じる写真、印象派の絵画にも。
そして文化服装学院の先輩でもある、高田賢三が活躍するフランスでもあった。

グァムで何も困ることなく楽しく過ごし、帰国したことで少し自信も出来た。
だけど、日本人も少ないだろうし、まったくフランス語もしゃべれない。
この時点でしゃべれるフランス語は、「Bonjour」と「Merci」の2つだけだった。
取りあえず最低限、ホテルと送迎とエアー(飛行機)の付いてるものにしよう。
そうすれば最悪でも、日本に帰り損ねることはないだろう。
そして、勿論オールフリーのもの。
5歳の娘はお母さんが居ないとイヤだから、一緒に行くと言う。
息子はもういいやと言うし、旦那さんは相変わらず興味なし。
今度は娘との二人旅になった。
夏に行ったグァムから数ヵ月、安くなる秋のフランス11日間を申し込んだ。

*写真は横浜の桜です。


by jasminetea-m | 2019-04-24 09:05 | 旅が大好き☆

いつだって一人で行ける世界中2

b0076967_16360516.jpg
私が初めて海外に行ったのは、もう30年も前のこと。
まったく海外に興味ない旦那さんを置いて、5歳の娘と小学生の息子を連れての3人旅。
初めての海外で、子供2人を連れて行くことに責任を感じて、目的地はグァムにした。
行ったことのある友達に、「日本人だらけだった、レストランのメニューも日本語だよ」
と情報を得て、英語オンチの私でもなんとかなりそうな気がしたから。
その上、飛行機と送迎とホテルがパックになったお気楽セット。
だけど滞在中はオールフリーにした。
旗を持った添乗員に、子供のように連れ回されるのだけはイヤだった。
滞在中は自由に泳ぎに行ったり、町を散策したり、マイペースで過ごせて、時間に追われ
ことはなかった。
そして、全部がセットになっている安心感、これも初めてだから良かったと思う。
帰国の日も約束の時間にホテルのロビーに行けば、お迎えが来て飛行場まで連れて行って
くれる。
後は飛行機に乗れば、何の心配もなく日本だ。

帰国して思った、思ったより簡単だった、何も心配することはないな・・・と。
私のように英語が出来なくても、楽しく自由に過ごすことが出来る。
最初の一歩を踏み出す勇気、必要なのはそれだけ。
踏み出してしまったら、何とかなる。
何とかしなくちゃいけないから、何とかする、だから何とかなるんだ。

そして思った、次はフランスだっ!・・・と。

*今年は桜の時期が長いので、まだ桜写真アップします。


by jasminetea-m | 2019-04-21 09:20 | 旅が大好き☆

いつだって一人で行ける世界中

b0076967_20425163.jpg
この前、シリーズで物語風にブログを書いたのが、自分でも気に入ってしまって。
又、何か書きたいっ!と思いました。
写真撮るのは大好きで、ブログは拙いなりに写真を発表出来る大切な場だけど。
そう言えば、文を書くことも好きだった。
子供の頃は学校の作文の時間が大好きで、高校生の頃は小説なんかも書いてたっけ。

書くならやっぱり「旅」のこと、そしてせっかくだから海外。
よく人に言われること・・・
「一人で怖くないの?」「語学堪能なんでしょ?」「度胸良いね」。
だけど、実はそんなに大変なことは何もしていない。
おそらく明日にでも誰でも行ける、その気にさえなれば。
そんなことをつらつらと書いて行こうかな。
読んで下さった方が一人でも、「なんだあ、じゃあ私にも行けそう!」と思ってくれたら
嬉しいけど・・・。
好きなことばかり書いてるのも良いけど、少しは役に立つことも書こうかなと思って。
ただし、行く時は自己責任でお願いしますね(^_-)

*写真の木に咲いてるのはこぶしの花です。


by jasminetea-m | 2019-04-18 09:23 | 旅が大好き☆

トイカメラ風の桜

b0076967_15304804.jpg
b0076967_15303367.jpg
この前撮った写真。
同じ写真をCANON70D内の「トイカメラ風」加工した物とノーマルの物。
がトイカメラ加工したほうです。
トンネル効果というか不思議の国というか・・・、面白いです。

結構不思議な写真が好きで、レンズベビーを買ってボケのきれいな写真を撮ろうと
思って、張り切っていたんだけど。
色々調べたら、センサーがフルサイズじゃないと、効果が表れ辛いと分かり。
・・・只今、奈落の底に突き落とされ中。
もう・・・ガッカリ。


by jasminetea-m | 2019-04-15 09:22 | 緑とお花の日々

その3

b0076967_12054172.jpg
b0076967_12060162.jpg
b0076967_12062796.jpg
お天気の良い日を選んで、花の咲く広大な庭のあるカフェに行って来ました。
ご主人がイギリスから部材を輸入して、本格的なイギリスの家の建築を仕事にしています。
奥様はサンプルも兼ねるその家を活かして、素敵なカフェレストランを営んでいます。
建物の中は勿論、庭のテーブルで食事やお茶が出来ます。

ここに久し振りに行ったのは、庭までなら犬もOKだったから。
Nさんが犬も連れて行きたいと言ったから。
庭で気持ち良い風に吹かれながら、食事をしたりコーヒーを飲んだり。
私はカメラを持って行ったので、庭を散策しながら写真を撮ったり。
カメラマンを一時は目指したNさん、触発されてやる気になったら嬉しいなと思って、私は
写真を通じて友達や世界が広がった話しをしてみたけど・・・。
「友達・・・あまり興味ないなあ、今も一人も居ないし」と。
病気も快復したし、友達や趣味があったら、生活が楽しくなると思うんだけど。
犬の散歩以外は家に居て、一日中TVを見てるのが好きで、本も読まないと言っていた。
ムムム・・・。

「いつか又 カフェをやりたい」と言っていたので、その話しもしてみたけど。
「嫌なことも多いしな・・・」と言うので、聞いてみると。
「コーヒー一杯でいつまでも居るお客さんとか」って。
ムムム・・・、それってワガママなんじゃ。
誰も居ない店のほうが入り辛いから、私はありがたいと思うけど。

何でも自分のことをよくしゃべるNさんだけど・・・。
数年前に家を建てた時、結婚まで考えて一緒に暮らしていた女性が居たらしい。
だけどある日、「じゃあ、もう一緒にやって行くのは無理ね」と出て行ったそう。
ムムム・・・、やっぱりきっとワガママだ。

ムムム×3
勝手に自由に、一人で生きて行くのが合っている人みたい。
人それぞれなんだから、それはそれできっと良いんだろう


by jasminetea-m | 2019-04-12 09:19 | そのほか

さくら さくら

b0076967_21212197.jpg
b0076967_03222021.jpg

朝は雨が降っていて、どうなるかと思ったけど、友達と3人で桜を撮りに行って来ました。
天気予報通り到着する頃には雨も止んでいて、まだ花先にはしずくが付いていて凄くきれい。

日本人は桜が好きだよねと思っていたけど、やっぱり私も桜が好き。
特に八重咲きの桜は薄いピンクの花びらが重なり合って、ピンクのグラデーションの美し
さったら・・・。

「その3」は次ぐらいに書けると思います。



by jasminetea-m | 2019-04-09 09:20 | 緑とお花の日々

その2

b0076967_19252022.jpg
メールで日にちの約束をして、Nさんのお宅を訪ねました。
google maps を使っていたのに、道に迷ってしまって、電話をしたら家の前で待っていてくれました。
この前「美味しいコーヒーを淹れるよ」と言ってくれたので、私はケーキ持参で。

生活感の無い人だと思っていたけど、家の中もシンプルで生活感全然無し。
このままフォトスタジオとして撮影に使える。
窓からの光の入り方、階段の形状、吹き抜け、並んだドア・・・絵になる。
さすが・・・。

コーヒーとケーキを囲んで、長い間話しをした。
こんなにしゃべる人だったっけ?
だけど、好きだと言っていたフランスには、若い頃に1回行っただけだそう。
せっかく通った写真の専門学校、カフェを経営していたのだからプロになるのは辞めたのだと分かって
いたけど、今はもう写真を撮る意欲はないみたい。
あっ・・・ちょっと違った。
最近は外に出るのも億劫で、ワンちゃんの散歩以外は家で過ごしているそう。
体調は戻っているはずなのに、インドア派になってしまったのかな。
2時間も経っていたので帰ろうとすると、他の話しが始まってなかなか帰れない。
やっぱり話し相手が必要なんじゃないのかな・・・。
3時間して、さすがに帰ることにした。
今度ワンちゃんもOKな花が咲き乱れる広大な庭のあるカフェに、一緒に行こうという話しになった。

*桜の花にピントが合ってないぃ~!


by jasminetea-m | 2019-04-06 09:21 | そのほか

その1

b0076967_09233986.jpg
初めて会ったのは・・・、おそらく30年ぐらい前。
たまたま入ったカフェ。
店内はとてもおしゃれな造りで。
前から建築物に興味があった私は、オーナーの男性に思わず話し掛けたっけ。
それから近所のそのカフェに、時々行くようになって。
オーナーのNさんのクールな雰囲気に、ファンの女性も多かったのでは・・・?
7~8年前に自分でカフェを開くことになった時は、挨拶にも行った。
だけど、暫くして久し振りにそのカフェの前を通ったら、すでに店は閉店していた。
それから何年も会うことはなかった。

だけどある日、近所のホームセンターでバッタリ。
少し長めの髪だったのをバッサリ切って、痩せていたのでその人だとはすぐ気が付かなかった。
Nさんが私を見つけてくれて、話し掛けてくれた。
病気でカフェも閉店して、療養をし、ようやく体調が戻って来たそう。

数ヵ月して、うちのそばで又 バッタリ会った。
ワンちゃんを連れて散歩していた。
私は向うの早咲きの桜に見とれていて、初めに気が付いてくれたのは又Nさん。
まだ寒い日だったけど、Nさんは言葉がどんどん溢れて来るようで、話しは終わらず、その場で
2時間も話し込んでしまった。
その中で、写真が好きで写真の専門学校を卒業して、著名なカメラマンの助手をしていた話し。
フランスが好きで旅をした話しが出て。
好きなものが一緒で驚いてしまった。
数年前に家を建てた話しに、Nさんなら素敵な家を建てたんだろうなと思い、今度見せてもらう
約束をした。


by jasminetea-m | 2019-04-03 09:06 | そのほか