タグ:インテリア ( 123 ) タグの人気記事

リスボンのスリ

b0076967_05170041.jpeg

夜のリスボンでスリに遭遇!
早めの夕飯を済ませて、夜景を撮ろうと街を歩いていた時、写真を撮る
ことに集中していて、すぐには気が付かなかった。
いつから後をつけられていたんだろう?
男1人女2人の若い3人組。
時間だってまだ夜の7時半。
周りに人がいっぱい歩いていたので、まだ良かったけど。
写真を1枚撮って振り返ると、3人組がすぐ後ろに不自然に立っていた。
チェコでも似た経験をしていたので、この異常接近距離絶対スリだ!と
すぐに思った。
大通りから急に人通りの少ない路地を50Mくらい入った所がホテルで、
路地に入ったら絶対危ないと思って、大通りでわざと立ち止まってみた。
すると 3人組も少し先で立ち止まって、話し込んでいる。
私が気が付いたと分かっているはずなのに、いつまでも動かない。
私が帰り道と反対方向の大通りを歩き出すと、彼らもそれに合わせて
こちらに歩き出した。
すぐそばのショップの入り口で、わざと立ち止まってみると、私の前を
こちらを見ながら通り過ぎて行く。
思いっきり怖い顔で1人ずつ睨んでやった。
さすがにその後は戻ってこなかった。
しばらく様子を見て、何回も振り返りながら大急ぎでホテルへ帰った。
正直凄く怖かった・・。
盗られた物がなくて良かったけど、夜のリスボンの撮影はちょっと
考え直すようかな・・。

ホテルの人に話すと、移民の犯罪が増えているらしい。
確かに純粋な白人の顔ではなかった。

写真はパン屋さんを兼ねているカフェの店内の様子。
1.5ユーロでおいしいカフェラテが飲めます。
手頃なのに店内はシャンデリアや、タイルの絵などとても豪華。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-11-01 04:36 | 旅が大好き☆

プティパレ

b0076967_18360985.jpeg

b0076967_18380801.jpeg

b0076967_18383808.jpeg

プティパレの様子をアップします。
特別展以外は無料で中に入れます。
本当に無料で良いの!?、というレベルの絵や彫刻が並びます。
その上この館内の凝った造り。
だいたいはこんな感じの建物が多くて、珍しい訳ではないけど、
改めてヨーロッパの歴史には感動します。
日本は木製が多かったので、火事や震災や戦争で無くなった物が
多く、残念です。
明治時代の洋館など、素敵な建物がいっぱいあったのに・・。

一枚目は中庭を囲むカフェです。
開放的でとても気持ちの良いカフェなんだけど、パリは今最高気温
7℃で風も強くて、テラス席は無理でした。

日本の家族や友達に安否確認も兼ねているので、出来るだけマメに
ブログ更新したいと思っています。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-10-29 18:35 | 旅が大好き☆

大阪のイングリッシュカフェ

b0076967_17173519.jpg
b0076967_09172094.jpg
b0076967_17175907.jpg

写真が前後しますが・・・。
大阪の娘に会いに行った時、奈良に住む友達とも待ち合わせして、半日を一緒に過ごしました。

写真はイングリッシュカフェ。
友達が教えてくれた大阪にある素敵なカフェだったけど・・・。
2度行ってみたけど凄い混みようで、入店は諦めました。
1度目は祭日だったせいもあって、2時間待ちだそう。
2回目は平日の開店間際だったけど30分待ち。
せっかくだから写真だけ撮らせてもらいました。

今まで知らなかったけど、友達に案内してもらって行った淀屋橋界隈。
とてもおしゃれな場所でした。
昔からの洋館を素敵に改造した建物がいくつもあり、それを活かしたカフェも沢山。
川沿いの公園を散歩したり、カフェで一休みしたり、ちょっと大阪らしくない(失礼)おしゃれ
な空間でとても気に入りました。

忙しくなってしまったので、又今度ゆっくり。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-10-22 09:32 | 旅が大好き☆

車山のヒュッテ

b0076967_08532776.jpg
b0076967_08554063.jpg
車山で泊まった鷲ヶ峰ヒュッテの朝。
部屋の窓から撮った写真。
ちょうど山の上から朝日が昇るのが見える部屋。
普段は寝てることが多い時間だけど、山の朝は早いので朝日が見れました。
感動的な朝でした。

鷲ヶ峰ヒュッテの一階リビングの朝も。
ウッディで落ち着くヒュッテです。
夜にはランプに灯りもともります。
ここのヒュッテが大好きで、数年ごとに車山に行く度に泊まっています。
色々な人を誘って、何回も行っているヒュッテ。
夜はなんとフランス料理のフルコースです。
オーナーの方の話しだと、毎年泊りに来る方もいらっしゃるそう。
私は色々な山に行きたいので数年に一度だけど、又何年か後に行くと思います。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-09-04 09:30 | 旅が大好き☆

フランス・トイレの実態

b0076967_04234598.jpeg

b0076967_03380129.jpeg

昨日はお風呂事情を書いたので、今日はトイレ事情を書きます。
フランスのトイレはとても個性的。

写真のようにレストランやカフェのトイレは、結構きれいな所も
あります。
ところがこれがくせ者・・!
鞄などを掛けるフックが付いてないのは当たり前。
手提げとカメラと暑いのでジャケットを持っている時など、どう
すれば良いの?と路頭に迷います。
他にもまだまだあります。
ドアのロックが掛かりづらい所や、掛かってるのか分かりづらい
所があります。
この前、私が中に居るのに、ガチャガチャと音がして女性が入って
来てしまいました。
相手もビックリして「オ〜! マンマミーヤッ!!」と叫んで飛び
出して行ったけど。
イタリア人か?
こっちこそ「オーマイゴッド!」だわ。
反対に鍵がしっかりし過ぎて動かなくなり、出られなくなることも
あります。
一瞬 一生このままトイレで暮らすのかと、真っ暗な気持ちになります。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-06-14 03:37 | 旅が大好き☆

アルルのホテルと今日の出来事

b0076967_03413967.jpeg

b0076967_03410674.jpeg

今回アルルで泊まっているホテルの写真を少し。
入り口を入るとパティオになっていて、この季節はちょうどバラの
花が満開です。
ここで朝食が取れます。
庭で心地良い風に吹かれながら、食事をするのが大好きなので、
最初にニースで泊まったホテルと似てるかも。
値段も大体同じ80ユーロです。

今日1人で歩いていたら、向こうに少しロン毛のイケメンフランス人が。
やけにこちらを見てるなぁと思ったら、どんどん近づいてきます。
わあ!どうしよう・・ドキドキドキッ!
と思っていたら、ついに話しかけられました。
「おばさん、腹減ってんだけど、金くれない?」
ハアァァ・・! ざけんなよ!
何て言ってるか分からない⁈ とゼスチャーしてその場を慌てて
立ち去りました。
そう言えば昔のヒッピーみたいな、汚れたジーンズだし、何あいつ?
バカにしないでよ、フン!


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-28 03:40 | 旅が大好き☆

リル・シュル・ラ・ソルグのホテル

b0076967_02095235.jpeg

b0076967_13514585.jpeg

b0076967_02333568.jpeg
リル・シュル・ラ・ソルグで泊まっているホテルの写真を。
こちらでは1部屋いくらと言う値段になっているので、1人で借り
ても2人で借りても同じ値段です。
部屋には大きなダブルベッドがあるので、確かにもったいないん
だけど・・。
このホテルの1番の魅力は立地条件と安さ。
1枚目の写真の川に架かる橋の上で、朝食をとることもできます。
2枚目は私の部屋からの景色。
心が洗われる気がします。
3枚目は私の部屋です。
それにニースのホテルより5ユーロ高いだけの80ユーロ。
部屋の大きさは2倍はあります。

実は風邪が悪化。
早く治してスッキリしたいな・・。
この頃の体調考えると、もうこんなに長期の旅はできないと思う。
それでも予定通り動いて、ランチにはビールも飲んだりしてるん
だけど・・ハハハ・・。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-24 02:08 | 旅が大好き☆

一番好きなプロヴァンス

b0076967_06473139.jpeg

b0076967_03113639.jpeg

ニースからTGVとローカル線を使ってリル・シュル・ラ・
ソルグと言う街に来ました。

写真はニースで泊まったホテルの入り口と、二階からがアパートに
なっているようで、入り口の外にあるエレベーターです。
どちらも素敵だったので、写真を撮っておきました。
このエレベーター、アンティークでドアも自分で開けます。
アンティーク好きにはたまらない味わいがあります。
私も一度乗って、用も無いのに上まで行ってみました。

ニースでは空港に着いてホテルに向かう時、タクシー代をぼられ
ました。
昔はイタリア領だったらしいけど、建物もイタリアっぽいし、
国民性もフランスとはちょっと違うかも・・。
泊まったホテルは家族経営で、とてもよくしてくれたけど。
コートダジュールからプロヴァンスに来たので、人々が親切で
驚きました。
アビニヨンでは1人でも何とかなるのに、心配してくれておばさん
がつきっきりで、切符を買ったり電車に乗る場所を案内してくれたり。
1時間も付き合ってくれました。
自分が日本に行った時、皆にとても良くしてもらったからと
言っていました。
別れる時はウルウルしてしまいました。
嬉しかった、ありがとう。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-23 03:09 | 旅が大好き☆

守ってなんかくれない

b0076967_09503867.jpg
新潟で7歳の女の子が惨いやり方で、短い生涯を閉じさせられましたね・・・。
そのあまりのやり方に、日本中が驚き哀しみに暮れた事件。
本人のその時の怖さ、親の気持ちを思ったら、もう・・・。

日本は何故本質的に子供を守れないのだろう。
学校やPTAからのうるさいほどの連絡事項は多いけど、そんなことではなく本質的に子供を
守る気はあるのか?
誰もが学校への登下校時に犯罪に巻き込まれることが多いと分かっているのに、集団下校とか
ボランティアの見守り隊とかでなく、もっと本質的に。
他の国のことは知らないけど、フランスのように親の学校への送り迎えを義務付けたら良いのに。
フランスではお父さんやお母さんと通学する子供の姿が、毎朝当たり前のように見られるのに。
仕事優先ではなく子供優先、当たり前のことではないのか?
それが出来ない日本企業、そして日本という国、おかしいよね・・・。
親にとって一番大切なのは勿論子供、それはこれから国を担ってくれる日本という国にとっても
同じはず。
出来ない話ではないでしょ?


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-13 09:51 | そのほか

春を待つ

b0076967_08203792.jpg
夏が苦手で、いつも「この夏乗り越えられるのかなあ・・・?」と不安になるけど、
この寒さはさすがにもうよいわ・・・。
早く暖かくなあれ。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-02-11 09:19 | うちの雑貨達