人気ブログランキング |

タグ:インテリア ( 131 ) タグの人気記事

大阪で思ったこと

b0076967_06252010.jpeg

大阪の娘の所に来ています。
昨日娘家族と一緒に行った、イタリアンレストランのワインボトルの
ディスプレイが、きれいだったので一枚。
益々可愛いくなった娘の子の写真をアップしたいけど、残念だけど我慢。

大阪暑いです。
涼しくなったら大阪だけでなく、広島の原爆資料館や原爆ドームを巡る
旅をしようと思います。
ここまで来ているのに、広島には行ったことがなかった。
ポーランドにあるアウシュビッツや、ビルケナウには行ったのに。
日本人なのに・・・。
ただ、あの時はショックのあまり、途中で動けなくなってしまって・・・。

日本人なんだから、日本がされたことをきちんと直視しておこうと思います。


by jasminetea-m | 2019-08-07 09:25 | そのほか

チューリッヒ最後の一日

b0076967_00285146.jpeg

b0076967_00291653.jpeg

b0076967_00294249.jpeg

やっと、このホテルの朝食レストランの写真が撮れました。
一番好きなこの席は、人気の席みたいで、なかなか座れなくて・・・。
知らないどこかのおじさんも入っちゃったけど。

3枚目の写真は、チューリヒ駅の構内にあるシーフードレストラン。
山ばかりで海に接していないこの国で、貴重な海の幸ばかり扱う
レストランで、私は魚好きなので何回も行っています。
チューリッヒに到着したその日も行ったんだけど、すぐに英語が
出なくて、ましてドイツ語なんか1つも出なくて。
写真の奥に写っているおじさんに、「Beer Please」と言ったら、
英語で「ビンビール? 生ビール?」とかなんとか聞かれてるみたい
なんだけど。
良く分からなくて慌ててしまったら、おじさんがやれやれみたいな
顔をして、ちょっと嫌な感じだったんだけど。
旅が始まってだいぶ経つので、英語がすぐ出るようになって、今日は
カッコ良く「Draft Beer Please!」と決めてやりました。
おじさんもさぞかし、恐れ入ったことでしょう。
ガハハッ!


by jasminetea-m | 2019-07-11 01:28 | 旅が大好き☆

ツェルマットのホテル

b0076967_16401185.jpeg

b0076967_16403749.jpeg

b0076967_16393714.jpeg

ツェルマットまで来たら、絶対マッターホルンだと思うけど、
ホテルがとても素敵で感激したので、まずそちらの写真を。
上から順番に、私の部屋から見える景色と、皆んなが自由に
使えるリビングと、最後に私の部屋です。
booking.comで高評価だったので、駅から坂を登るのが大変
だったけど、ここにしました。
明日はマッターホルンの写真を、アップできると思います。
それも面白い角度から。

今から山歩きしてきます。
スイスの山は、ロープウェーやケーブルカーが充実していて、
あっという間に高い所まで登れます。
涼しい山道を、のんびり降るコースばかり計画しています・・。


by jasminetea-m | 2019-06-27 16:39 | 旅が大好き☆

いつだって一人で行ける世界中5

b0076967_18240258.jpg
乗り継ぎのため、途中イギリスのヒースロー空港で飛行機を降りた。
乗り継ぎ用カウンターに行くと、さっきまで機内に沢山 居た日本人はどこにも居ない。
周りは全て白人。
イギリスが目的地だった人達はもう、出口に向かったのだろう。
もう日本語は通じない、こんな所まで来てしまったと改めて焦った。
ドキドキしながら乗り継ぎ手続きを済ませ、パリに向かう飛行機に乗った。
ヒースロー空港から、パリのシャルルドゴール空港までは数時間だった。
ブルーの誘導灯の煌めくシャルルドゴールは、すでに夜だった。
光りが瞬き、とても美しかった。
着いた、フランスだ。
子供の頃から憧れたフランスだ。
不覚にも誘導灯の光がジワッと滲んだ・・・。

送迎付きなので、空港でお迎えの40代ぐらいの日本人女性が待っていてくれた。
真っ赤な革ジャンとパンツの、全身真っ赤な女性。
凄い派手だなあ、日本には居ないな・・・フランスは自由の国なんだ。
他にそのツアーに参加した日本人は3人だけだった。
同じ飛行機で来たはずだったけど、初めてCDG(シャルルドゴール)で対面した。
キビキビとしたその真っ赤な女性に付いて、ホテルまで送ってもらった。
この後は迎えのある9日後まで100%フリータイム、自由行動。
初めてのフランス、さすがに少し緊張した。

*写真は横浜の洋館の一つです。


by jasminetea-m | 2019-04-30 09:21 | 旅が大好き☆

楽しくなくっちゃね

b0076967_08283419.jpg
2月から加入するつもりだったフォトサークル。
1つは厳しいながらも楽しく続けています。
が、もう1つは入会寸前で止めてしまいました。

理由は先生が高圧的過ぎること。
そして他の会員があまりに低姿勢で、先生を助長していること。
それでも勉強になりそうだったので、入会することを考えていたんだけど。
入会事務手続きをする方に、「大先生だから謙虚にね、謙虚にやってね」と念押しされたこと。
無理だ・・・。
日本を代表する有名写真展の正会員で、入選者を選ぶ権限があるような方だとしても。
あんなに委縮した雰囲気で、何を言われても耐えて続けるなんて無理。
プロを目指してる訳ではなく、楽しく学びたいだけ。
今どき、徒弟制度じゃないんだから。

という訳で、楽しく勉強になって仲間とワイワイ出来る、K先生の所で頑張ります。


by jasminetea-m | 2019-03-24 09:28 | フォトサークル

雪の中の温泉

b0076967_09061638.jpeg

b0076967_09052711.jpeg

茅野の温泉に来ています。
まだスキー場には雪が残っているので、幻想的な写真が撮れたら良いなと
思っているんだけど・・。

写真は旅館のチェックインロビーです。
ここに座って、ウェルカムドリンクを飲みながらチェックインします。
飲み物は何種類か選べて、私は着いた早々ビールを頼んじゃった。

さっき頂いた朝食の写真も一枚。
凄いなぁ、日本の旅館て。
フランスだったら1500円もして、パンとコーヒーだけだったりするのに。

雪山の良い写真が撮れたら、ブログにアップしようと思っているけど、考え
たらもう3月も中頃。
お花の季節だよね。
やっと時間が出来て飛んできたけど、考えたらちょっとずれてた・・。

ちなみに夕食はもっと豪華で、露天風呂も沢山あって、料金13800円ぐらい。
良い所見つけました。
ポイント貯めようかな。


by jasminetea-m | 2019-03-12 09:06 | 旅が大好き☆

遺伝子がおかしい

b0076967_21370006.jpg

自分の子供を虐待して、死に至らしめた父親が居た。

もう10年以上前に読んだ遺伝子の本、全てを明確に覚えている訳ではないけど・・・。
「人間は遺伝子に操られている」
「遺伝子にとって人間は単なる乗り物である」
「遺伝子を子孫に受け継がせ、遺伝子は生き延びて行く」
この部分は覚えている。
そういう意味で、あの事件は不思議だ。
再婚相手の女性の連れ子を虐待する事件はあるけど、自分の遺伝子を持った子供は生き延び
させたいはずだ。
何としても守りたいはずだ。

遺伝子の力が弱って来ているのか?
遺伝子が狂い始まっているのか?
自分さえ良ければ構わないという人間が増えているのか?

あの事件の父親は、実の父ではないのでは?という説まで出ている。
本当のことは分からない。
ただ、あの子の辛い気持ちだけは本物。
今度は優しい両親の元に生まれて来て・・・。


by jasminetea-m | 2019-02-28 09:18 | そのほか

福生 米軍ハウス

b0076967_08303627.jpg
b0076967_08313453.jpg
b0076967_08310943.jpg
b0076967_08320624.jpg
ブログから立ち上がったフォトサークル「光りのほそ道」
エキサイトでのサークルページが終了して、mixiに移行してから初の撮影会。
今までも個人的に数人で集まって、撮影や山登り、写真展へ行ったり、ランチしたり、そんな
小規模な集まりはあったけど、『皆で集まろうよ』とイベントを立ち上げました。
結果都合のついた6人のメンバーが集まって、福生の町を撮り歩きました。

福生は横田基地を持つちょっとアメリカンな町。
基地の中に納まりきらなくなった米軍人のために、基地の外に彼等用に米軍ハウスを建てたけど、
軍の縮小に伴って空いたハウスを日本人に貸し出しました。
私がそこへ住みだしたのは、何と45年前。
1枚目の写真のように広い芝の庭には大きな木があり、異国情緒たっぷり。
当時の日本家屋にはない洋間だけの3LDK。
広い空間を活かして、カメラマンがスタジオにしたり、バンドが住居&練習場にしたり。
当時ヒッピーと呼ばれたロングヘアーの若い人が集り、そこかしこからバンドの曲が流れて来て、
とても自由な空気に包まれていました。
一種のアーティスト村になって、自由な考え方をする人で溢れていました。
当時住んでいた人には大瀧詠一も居て、山下達郎が練習場所として通っていました。
五味太郎や村上龍など、結構有名人もハウスに住んでいた人達です。
2枚目の写真は1枚目のハウスの中です。
今は当時の様子を伝える貴重な博物館的役目を果たしているみたい。

3枚目と4枚目は、16号沿いに並ぶショップの一部を切り取ったもの。
アメリカンな店が連なっています。
だけど、ハウスはほとんどが壊され普通の日本家屋に変わり、ショップも前の様な勢いは
感じられませんでした。
一つの時代が終わったんだ・・・と、寂しい思いでした。


by jasminetea-m | 2019-01-29 09:26 | フォトサークル

リスボンのスリ

b0076967_05170041.jpeg

夜のリスボンでスリに遭遇!
早めの夕飯を済ませて、夜景を撮ろうと街を歩いていた時、写真を撮る
ことに集中していて、すぐには気が付かなかった。
いつから後をつけられていたんだろう?
男1人女2人の若い3人組。
時間だってまだ夜の7時半。
周りに人がいっぱい歩いていたので、まだ良かったけど。
写真を1枚撮って振り返ると、3人組がすぐ後ろに不自然に立っていた。
チェコでも似た経験をしていたので、この異常接近距離絶対スリだ!と
すぐに思った。
大通りから急に人通りの少ない路地を50Mくらい入った所がホテルで、
路地に入ったら絶対危ないと思って、大通りでわざと立ち止まってみた。
すると 3人組も少し先で立ち止まって、話し込んでいる。
私が気が付いたと分かっているはずなのに、いつまでも動かない。
私が帰り道と反対方向の大通りを歩き出すと、彼らもそれに合わせて
こちらに歩き出した。
すぐそばのショップの入り口で、わざと立ち止まってみると、私の前を
こちらを見ながら通り過ぎて行く。
思いっきり怖い顔で1人ずつ睨んでやった。
さすがにその後は戻ってこなかった。
しばらく様子を見て、何回も振り返りながら大急ぎでホテルへ帰った。
正直凄く怖かった・・。
盗られた物がなくて良かったけど、夜のリスボンの撮影はちょっと
考え直すようかな・・。

ホテルの人に話すと、移民の犯罪が増えているらしい。
確かに純粋な白人の顔ではなかった。

写真はパン屋さんを兼ねているカフェの店内の様子。
1.5ユーロでおいしいカフェラテが飲めます。
手頃なのに店内はシャンデリアや、タイルの絵などとても豪華。


by jasminetea-m | 2018-11-01 04:36 | 旅が大好き☆

プティパレ

b0076967_18360985.jpeg

b0076967_18380801.jpeg

b0076967_18383808.jpeg

プティパレの様子をアップします。
特別展以外は無料で中に入れます。
本当に無料で良いの!?、というレベルの絵や彫刻が並びます。
その上この館内の凝った造り。
だいたいはこんな感じの建物が多くて、珍しい訳ではないけど、
改めてヨーロッパの歴史には感動します。
日本は木製が多かったので、火事や震災や戦争で無くなった物が
多く、残念です。
明治時代の洋館など、素敵な建物がいっぱいあったのに・・。

一枚目は中庭を囲むカフェです。
開放的でとても気持ちの良いカフェなんだけど、パリは今最高気温
7℃で風も強くて、テラス席は無理でした。

日本の家族や友達に安否確認も兼ねているので、出来るだけマメに
ブログ更新したいと思っています。


by jasminetea-m | 2018-10-29 18:35 | 旅が大好き☆