人気ブログランキング |

タグ:人物 ( 205 ) タグの人気記事

Parisのタクシードライバー

b0076967_12363631.jpg
さすが自由の国、フランス。
タクシードライバーのおにいさんもかなりラフ。
客待ちの間に外に出て、コーヒーで一服。
服装も私服でラフ感満載。
だけど、車の上の「TAXI」の表示灯が半分しか見えてないし、向うを走る車と重なってしまって
分かり辛い・・・。
ドライバーさんが居るのは、この前の「Elliott Erwitt風に撮ったつもり」のカフェのすぐ横。
私はこのカフェで、カメラを構えながらコーヒーを飲んで一休み中。
前を見るとこの前のワンちゃんを連れた人達、横を見るとこちらのタクシードライバー。
素適な絵になる人達で溢れているパリでした。

と言う訳で、明後日からスイス山歩きに行って来ます。
山歩き中心だから、こんな写真は撮れないけど。
向うからブログ投稿は続けるので、良かったら見て下さい(*'▽')


by jasminetea-m | 2019-06-23 09:22 | 旅が大好き☆

突然だけどParis

b0076967_07361663.jpg
前にパリで撮った写真。
この前、2月から通っているフォトサークルの講評会に出したので、思い出したようにアップします。
確か、前にアップはしてないと思う・・・。
季節的に花の写真を持って行きたかったけど、講評会に提出出来るほどの写真がなくて。
数えたら5回も花撮影に行ったのに、ほとんど出せるものがないなんて・・・。
腕が落ちたのかな・・・?
だけど、前にパリで撮った写真を見直すと、これなら出せるという写真が何枚もあって。
何なんだろう・・・?
パリの町は建物も美しく、人々はスタイルが良く、絵になり易いからかな。
パリを舞台に写真を発表したフォトグラファーは沢山居る。
やっぱりドラマチックな写真が撮れるからかな。
そういえば、先日行った写真展のフォトグラファーのトークショーで、面白いことを言ってました。
「海外で撮った写真は、1.5倍増しで良く見える」
・・・そうかも知れない。
普段の風景ではないから新鮮だし、こんな生活があるのかとそれだけで感動するはず。

という訳で、まだブログでアップしてなくて、見直して講評会に提出出来たレベルの写真が何枚か
あるので、暫くパリ写真のアップが続きます。
実は3年前に撮ったものですが・・・。


by jasminetea-m | 2019-06-17 09:20 | 旅が大好き☆

旅の実技4

b0076967_22443660.jpg
その後フランス人特有のクルクルした文字はワープロの文字に変わり、徐々に返事が
読みやすくなり、どんどん便利になって行きました。
今はBooking.comなど使えて、日本語であっという間にホテル予約出来る時代に。
こうなると語学オンチの私もさすがにサクサク予約完了。
時代の移り変わりって凄い。

時代の変化と言えば、私のような語学オンチの人にももの凄く役立つアイテムが、
どんどん出て来てるので助かります。
最初はスマホのGoogle翻訳、これはwi-fiが繋がる現地のホテルで、必要な言葉を
入力して、必要な時にその画面を見せて読んでもらったり。
かなり役に立ちました。
外でもいつでも言葉の変換が出来たら良いけど、どこでも使えるグローバルwi-fiは
結構な値段がするので、借りるのをいつもためらっていたけど。
フランス好き友達のMさんに教えてもらったグローバルwi-fi。
これが国にもよるけど、今までより50%~75%offになると知り、次の旅で早速
使ってみようと思ってます。
これが上手く行けば、本当にありがたい。
便利な時代ですね。

by jasminetea-m | 2019-06-11 09:22 | 旅が大好き☆

旅の実技2

b0076967_22454517.jpg
海外に行く時のエアーチケットは、ここ十何年かは「トラベルコちゃん」のサイトから
選んでます。

「トラベルコちゃん」の中から、3つの某国以外の運行する飛行機で、出来るだけ安い
もので、出来たらスターアライアンス系で、マイレージの貯まる航空会社のものを選ぶ
ようにしています。
ANA(全日空)に乗れるのは、マイレージが溜まった時だけ。
いつもは出来るだけ安いものを選ぶので、まず直行便には乗れないです。
航空会社の所属する国で乗り継ぎをすることになるけど、今まで行ったことのない国の
様子が空港内とはいえ垣間見えて、これも結構楽しい時間。
最近(3年前)一番安かったのは、アラブ首長国連邦の運行するエミレーツ航空。
今まで縁のない国で少し不安だったので、クチコミなど色々検索しました。
評判は悪くなく、数件の例外を除いておおむね良い評価でした。
エミレーツに決めて、結果良かったです。
機内も清潔で、キャビンアテンダントは親切で、機内食も普通に美味でした。
い帽子から白いスカーフが、フワリと首元に伸びる女性乗務員の制服もおしゃれ。
その上、スイスまで往復7万円でした。
燃油サーチャージは高くはないけど、別だった記憶があります。
ただ同じような距離を飛ぶ飛行機なのに、航空会社によって燃油の値段は変わります。
大手ほど高い傾向にあって、せっかくマイレージを貯めてANAに乗れても、65000円
ぐらい燃油代を払うので、エミレーツのエアーチケットと変わらないっ!と泣くはめに。
エミレーツはスターアライアンス系ではなかったけど、この安さなら納得。
安くないと毎年海外に行けないから、私も必死です。

by jasminetea-m | 2019-06-04 09:18 | 旅が大好き☆

旅の実技

b0076967_21190415.jpg
今度、旅の実技編を書こうと思います。
早ければ次回ぐらいに。
今日はまだ一休み、一休み・・・。


by jasminetea-m | 2019-05-31 09:28 | 旅が大好き☆

いつだって一人で行ける世界中6

b0076967_18230669.jpg
b0076967_18233465.jpg

初めてのパリの夜を無事終えて、ホテルで朝を迎えた。
ホテルまで連れて来てもらってるんだから、無事に決まっているけど(*´ω`) 
私達の部屋はカーテンと壁紙が同じ柄、赤い大きな花柄の凝った造り、そしてやけに広い。
場所はエルメスやカルティエなど、ブランド店がひしめくフォーブール・サントノレ通り。
ここ、かなり高級な地区みたい。
「高級」や「ブランド」には興味も縁もない私。
もったいないなあ・・・、もっと小さい部屋で場所も外れで良いけど・・・。
ホテルがセットになっているので、勿論このホテルに泊まるけど。
高級志向に反して、ホテルの朝食の簡素なことったら。
クロワッサンとコーヒーとジャム、以上。
話しには聞いていたけど、本当なんだ・・・。
(最近はハムやチーズが付くようになりました)

今日から5歳の娘と二人だけ、頼れる人は誰も居ない。
日本で散々調べて得た知識と、コピーしてきた地図やメトロ路線図だけが頼り。
せっかくのパリだから、朝食後に地図片手に早速出掛けることに。
まずメトロの駅を探そう、ホテルの近くにコンコルド駅があるはず。
地図通り歩くと、ちゃんとそこにメトロ駅の入口があった、良かった。
パリのメトロは治安の心配もなく、とても分かり易い、初めてでもまず心配ない。
乗り継ぎは路線図を結べばどこへでも行ける。
10枚つづりのメトロチケットはお手頃なので、それを窓口のフランス人から買うことに。
ドキドキしながら「un carnet s'il vous plaît. 」と言うと、これがいきなり通じたっ!
凄く嬉しかった、やれば出来るじゃない私。
まず第一段階突破、なんだあ心配することはなかった。
娘の手だけは絶対離さないように、パリで迷子なんて、行方不明になったらお終いだ。

*写真は横浜の洋館周辺とその中。
 モデルはtomoさん。


by jasminetea-m | 2019-05-03 09:15 | 旅が大好き☆

いつだって一人で行ける世界中5

b0076967_18240258.jpg
乗り継ぎのため、途中イギリスのヒースロー空港で飛行機を降りた。
乗り継ぎ用カウンターに行くと、さっきまで機内に沢山 居た日本人はどこにも居ない。
周りは全て白人。
イギリスが目的地だった人達はもう、出口に向かったのだろう。
もう日本語は通じない、こんな所まで来てしまったと改めて焦った。
ドキドキしながら乗り継ぎ手続きを済ませ、パリに向かう飛行機に乗った。
ヒースロー空港から、パリのシャルルドゴール空港までは数時間だった。
ブルーの誘導灯の煌めくシャルルドゴールは、すでに夜だった。
光りが瞬き、とても美しかった。
着いた、フランスだ。
子供の頃から憧れたフランスだ。
不覚にも誘導灯の光がジワッと滲んだ・・・。

送迎付きなので、空港でお迎えの40代ぐらいの日本人女性が待っていてくれた。
真っ赤な革ジャンとパンツの、全身真っ赤な女性。
凄い派手だなあ、日本には居ないな・・・フランスは自由の国なんだ。
他にそのツアーに参加した日本人は3人だけだった。
同じ飛行機で来たはずだったけど、初めてCDG(シャルルドゴール)で対面した。
キビキビとしたその真っ赤な女性に付いて、ホテルまで送ってもらった。
この後は迎えのある9日後まで100%フリータイム、自由行動。
初めてのフランス、さすがに少し緊張した。

*写真は横浜の洋館の一つです。


by jasminetea-m | 2019-04-30 09:21 | 旅が大好き☆

CP+トークショー

b0076967_08182318.jpg
b0076967_08180499.jpg
CP+で行われたT先生のトークショーに、tomoさんと行って来ました。
ソニーのブースで大きく映し出された写真の横で、説明して下さってるT先生。
10枚ほどの写真を次々と見せて下さり、色々と得ることの多いトークショーでした。
その後はステージを降りた先生を囲んで、他の写真を見せて頂いたりの個人トークショー。
今まで3回 一日撮影会に参加してたので、知ってる方が何人も先生を囲んでいました。
気さくで優しい先生のファンは多いんだな。
写真家って気難しい人や偉そうな人も居るけど、T先生の気遣いや優しさにはいつも感謝です。

*一枚目の写真はおまけです。


by jasminetea-m | 2019-03-03 09:17 | そのほか

ロングヘアー2

b0076967_08284833.jpg
b0076967_08294281.jpg
この前若い時の素敵な写真をアップしたお二人のその後です。
1枚目はエリック・クラプトン。
2枚目はピーター・フォンダ。
歳を重ねても今も尚、それぞれ魅力的な二人ですが。
でも・・・やっぱり若い時の方が素敵かな。

おそらく一生で一番感受性の強い15歳から19歳ぐらいまで。
一番感動したり、物事が心に響く時期。
その時に接して好きになったものは、一生の好みを左右すると思う。
私がその頃は、反体制・新しい音楽としてビートルズなどのロック・自由の象徴としてのロング
ヘアー・学生運動・ヒッピーなど。
思い切り影響を受けて、それが今も続いているんだと思う。
ともかく熱い時代だった
私達のあとは「三無主義」とか「四無主義」という時代になって。
「無気力・無関心・無責任」それにプラスして「無感動」とか言うらしいけど。
それってつまらなくない?
いやな時代だ。


by jasminetea-m | 2019-02-25 09:22 | そのほか

ロングヘアー

b0076967_23541276.jpg
b0076967_07513839.jpg
b0076967_07520508.jpg
前に友達に「ロングヘアーの男性が好き」と言ったら、「こんな人好きでしょ?」とか
「あの人jasさんの好みでしょ?」と言われるけど。
でも・・・全然違うの。
髪が長ければ良いというものじゃない。
「ロン毛」とか言う言葉もまだ無い「ロングヘアー」と言われた時代。
ここに載せた写真のような男性が好きなの。
1番上はエリック・クラプトンの若い時。
「もっとも偉大なギタリスト」「世界三大ロック・ギタリストの一人」などと呼ばれた人。
2枚目と3枚目はピーター・フォンダの若い時。
写真は映画「イージーライダー」に出演した時のもの。
二人共素敵でしょ?
何が違うかと言うと、「目」かな?
鋭くて、それでいてナイーブで繊細。
自分に自信を持って自由に生きているタイプ。
その生き方に付随しての象徴のロングヘアー。
生きざまが目や髪形や身のこなしに現れてる。
中身が魅力的じゃないと、こういう顔付にはなれない。

注1 別に白人好きではないです。
   生き方を規制されてる日本人は、なかなかこんな顔付になるのは難しい。
   ただ自由に出来るアーティスト系の人は、魅力的な人多いです。
   安定より好きな仕事、自分にとって魅力的な仕事、自由な時間を選んだ人の顔付き。
注2 ピーターフォンダは役の演出ですが。


by jasminetea-m | 2019-02-22 09:22 | そのほか