タグ:色 ( 209 ) タグの人気記事

ナザレの虹

b0076967_05440478.jpeg

ナザレのホテルは海に面した通りにあって、朝食のレストランは1番
海に近い場所にあります。
今日朝食を頂いている時にふと見たら、夜中の雨が上がったせいで
雲の間から虹が出てきました。
スマホしかなかったけど、虹が消えぬ間に写真を撮りました。
ちょうどおじさんと犬が通りかかって、絵になってくれました。
朝食の時は一眼ミラーレスを持ち歩いていないので、とても残念だった
けど、とりあえずその時の写真をアップ。

バスを乗り継いで、今日からオビドスと言う町に来ました。
城壁に囲まれた小さな町です。
時代から取り残されたように、昔のままの形を留めた素敵な町です。
オビドスの写真はまた明日にでも。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-11-08 05:43 | 旅が大好き☆

フランスの野菜の扱い方

b0076967_05340310.jpeg

b0076967_05345073.jpeg

パリの街を歩いていると、いろいろな所で素敵なディスプレイを見るけど、
特に野菜の扱い方がとても綺麗で感心します。
写真はギャラリーラファイエットのメゾン&グルメ館で見た野菜売り場の
陳列の仕方。
吹き抜けの所から下を見ると、ちょうど見える位置に並べられていてる
野菜コーナー。
床を黒くしているのは、上から見た時に野菜の色が映えるようにだと思う、
きっと。
この計算された感じ、凄いなと思う。

二枚目は同じ館内のケーキとパンのお店の商品。
パイ生地風のパンをくり抜いて、そこに野菜やサーモンを入れて焼いて
いるみたい。
凄く斬新で綺麗で、お腹が空いてなくてもつい食べたくなる作り。
お店のお姉さんに撮っても良いと聞いて、すぐ良いよと言われたので
撮っていたけど、今度はお店のお兄さんが来て、「もっと上から撮ったら
良いよ。その方が良く撮れるよ」と言ってくれて。
写真を撮っているだけなのに、新作のパンの試食を食べてと言ってくれ
たり、「c'est bon!(美味しい!)」というととても喜んでくれたり、こう
いう受け答えがとても楽しいフランス。
特に男性は女性に優しくするように、子供の頃からしつけられている
らしいけど、日本にないこの楽しさ、心が弾んできます。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-10-25 05:33 | 旅が大好き☆

藤田嗣治の乳白色の肌

b0076967_08410375.jpeg
7月からやっていたのに終了間際になってしまったので、絵画好き友達を誘って慌てて行って来ました。
藤田嗣治の絵画展です。
数年前にも藤田嗣治の半生が映画になりましたね。
オダギリジョーさんが見事になり切って演じていました。

乳白色の肌の女性のヌード、初めて本物を見ました。
美しかった・・・。
絵の勉強をする学生は写真も学ばされるそうだけど、絵画と写真、構図や感性、互いに色々勉強になるはず。
実際絵画をやっていた人は写真も上手いです。
反対に写真を絵のように撮る写真家もいますが、とても幻想的に仕上げていて感動します。

良い物をいっぱい観る、観る、感じる、感じる、いつか自分の体の中に染み入って、自分の一部になって、
自分の作品に何かしら影響される、はず。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-10-05 09:34 | そのほか

大阪ベイエリア

b0076967_09211487.jpg
昨夜大阪から帰りました。
ベイエリア近くに越した娘家族の案内で、フェリー乗り場近辺を散歩した時の写真です。
たまには良いね、大阪も。
これからは娘が東京に、私が大阪にと交代で時々行くことになると思います。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-07-15 09:35 | 旅が大好き☆

パリの映像美術館

b0076967_05002688.jpeg

b0076967_05010737.jpeg

b0076967_05015325.jpeg

私より少し前にフランスに来て、もう帰ってしまった奈良の友達が
教えてくれた、Atelier des Lumieres という所でやっている映像が
楽しめる美術館へ行ってきました。
クリムトの絵が中心だけど、ゴッホやモネの絵も動いたり、どんどん
映像が変わって行くの。
壁だけでなく床も全部変わるので、自分がどこにいるのか分からなく
なるような不思議な世界でした。
言葉ではうまく言えないけど、バックに流れる音楽も良く感動的でした。
期間限定で秋ぐらいまでやってるらしいです。

話は全然変わるけど、こちらのお風呂事情が面白かったので、その事を。
ホテルによってはシャワーのお湯がチョロチョロしか出なくて風邪
引きそうな所もあるけれど。
この前のホテルは、髪の毛を洗う間寒くならないように、背中にシャワー
を浴びせていたんだけど・・。
これが凄い水圧で、ふっ飛ばされてタイルの壁に激突しそうな勢いで。
目をつぶっているし、床はシャンプーでツルツルしてるし、結構本気
で怖かった。
フランスの大らかさというか、大雑把さには驚かされる事ばかり。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-06-13 04:59 | 旅が大好き☆

守ってなんかくれない

b0076967_09503867.jpg
新潟で7歳の女の子が惨いやり方で、短い生涯を閉じさせられましたね・・・。
そのあまりのやり方に、日本中が驚き哀しみに暮れた事件。
本人のその時の怖さ、親の気持ちを思ったら、もう・・・。

日本は何故本質的に子供を守れないのだろう。
学校やPTAからのうるさいほどの連絡事項は多いけど、そんなことではなく本質的に子供を
守る気はあるのか?
誰もが学校への登下校時に犯罪に巻き込まれることが多いと分かっているのに、集団下校とか
ボランティアの見守り隊とかでなく、もっと本質的に。
他の国のことは知らないけど、フランスのように親の学校への送り迎えを義務付けたら良いのに。
フランスではお父さんやお母さんと通学する子供の姿が、毎朝当たり前のように見られるのに。
仕事優先ではなく子供優先、当たり前のことではないのか?
それが出来ない日本企業、そして日本という国、おかしいよね・・・。
親にとって一番大切なのは勿論子供、それはこれから国を担ってくれる日本という国にとっても
同じはず。
出来ない話ではないでしょ?


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-13 09:51 | そのほか

感化される

b0076967_08370141.jpg
b0076967_08363810.jpg
GWのある日、渋谷ヒカリエで行われている写真展に、友達を誘って行って来ました。
これが良かった・・・、久々に良かった・・・。
一枚一枚が見応えあり、素晴らしい作品ばかり。
facebookの写真サークル「東京カメラ部」の作品展です。

持って生まれた才能が一番大きいと思うけど、上達の大切なポイントは良い作品をいっぱい
観ることだと思う。
ともかく良い作品をいっぱい観て、感動して感化されること。
GWということもあったと思うけど、中はもの凄い人出でした。
協賛もそうそうたるメーカーが並んでいました。

私も友達もこの感動を持ち帰りたかったので、出品作品の写真集まで買ってしまいました。
お互いに知っている人も参加してて、嬉しかったです、おめでとうございます♪
5月6日で終了してしまったけど、お時間あったら検索してみて下さいね。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-07 09:20 | フォトサークル

自然に咲く花

b0076967_07145251.jpg
何でもない雑草みたいだけど、群生して風に揺れる姿は可憐・・・。
しずく写真も好きだけど、ピント合わせに目がシバシバして、少しお休み。

春という季節もあるけど、花写真ばかり続き過ぎたかな・・・?
5月17日からは全然違う写真をアップすると思います。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-04 09:14 | 緑とお花の日々

ボケ写真は好きだけどボケちゃダメ

b0076967_09041404.jpg
講評会では、「花の下の葉がいらない」と言われた写真です。
確かに・・・。
詰めが甘いなあと自分でも思う。
うっかりが多いのよね。
これって性格だんだろうな。
日常生活ではしっかりしてるつもりなんだけど・・・。
「クククッ!」と笑ってるそこのあなたっ。
「そうでもないよ」と思ってる?
そう言えば確かに学生の頃から「天然」と言われていたのが、それだけじゃない何かが
最近忍び寄って来てる気もする・・・。
やれやれ・・・。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-05-01 09:22 | 緑とお花の日々

撮れた撮れた♪しずくだよ♪

b0076967_07515813.jpg
しずく写真に初めて本格的に挑戦してみました。
せっかく浅井美紀さんの「しずく作品集&撮影テクニック」という本を買ったので。
とても詳しく撮り方のノウハウが書いてあって、せっかく自分が苦労して会得した
テクニックを、こんなに公表してしまって良いのかな・・・?、とさえ思いました。
今現在はプロでなく、会社員としてお仕事も続けているそうです。
だからオープンなのかな・・・。
おかげで私もそれらしい写真が撮れました。
まだまだだけど・・・。
嬉しかったので取り合えずアップします。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-04-28 09:22 | 緑とお花の日々