タグ:街並 ( 283 ) タグの人気記事

ローヌ川は穏やかだったけど・・・

b0076967_09042305.jpg
アルルのローヌ川。
ゆっくりと船が流れる。
美術館の窓からそれを見てる静かな時間。

話は全然変わりますが・・・。
西日本の豪雨災害の中。
倉敷市真備町で水上バイクで15時間にわたって、取り残された人々を助けた男性がいらっ
しゃいます。
迫りくる濁った水に怯えながら屋根の上まで逃げた人々。
泳げないお年寄りを抱き抱え、水上バイクまで運び。
暗い中バイクが転倒しても未明の4時まで走り、その間に助けられた方達は120人。
本当に本当に頭が下がります。
彼の仲間も釣り用ボートで100人を救助し、そして今も彼等は炊き出しや片付けを手伝って
いるそうです。

今せめて、自分に出来ることは何だろう・・・?
現地に行っても体力がなくて、おそらく一番先に熱中症で倒れるだろう私にも、出来ることは
あります。
こんな私でも出来ることはあるのです。
自分に出来ることを一人一人がしたら、災害に合われた方達は少しでも救われるはず。
お時間のない方も、体力のない方も、せめて義援金だけでも・・・。
お願いします。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-07-19 09:22 | そのほか

アルルの窓から

b0076967_09210315.jpg
b0076967_09203775.jpg
フランス旅の続きに戻ります。
2枚目の写真は、アルルのMusee Reattu(レアチュー美術館)の窓から、泊まっている
ホテルの自分の部屋を写したもの。
細い道を挟んですぐ向かいにある建物。

帰国してからもう一か月経ったけど、写真をいっぱい撮ったのでフランス写真まだ暫く
続きます。



[PR]
by jasminetea-m | 2018-07-17 09:37 | 旅が大好き☆

大阪ベイエリア

b0076967_09211487.jpg
昨夜大阪から帰りました。
ベイエリア近くに越した娘家族の案内で、フェリー乗り場近辺を散歩した時の写真です。
たまには良いね、大阪も。
これからは娘が東京に、私が大阪にと交代で時々行くことになると思います。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-07-15 09:35 | 旅が大好き☆

Niceはヌードで

b0076967_08380243.jpg
b0076967_08374684.jpg
Niceの海の近くにヌーディスト・ビーチがあるらしいけど、Niceの海岸にもそれらしい
女性がちらほら・・・。
海沿いのレストランで食事をしていると、向うにいるカップルの女性が上半身何も付けず
にお食事。
それも欧米の若く美しい女性。
私は見慣れない状況に目が点。
本当にこういうことってあるんだ・・・。
だけど驚いているのは私だけ。
レストランのウエイターのお兄さんも、平気な顔をしてオーダーを取りに行ってる。
目のやり場に困らないのかなあ・・・とその様子を見てる私。
全然困ってなかったです。
世界は広い!
目の前で今までまったく見たことのない世界がくり広げられていました。
きっとNiceでは日常的な風景なんだろうな・・・。

カーニュ・シュル・メールの入り組んだ趣のある街並みも一枚。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-07-06 09:23 | 旅が大好き☆

St-Paulをもう少し

b0076967_08331981.jpg
b0076967_08330208.jpg
St-Paulの街並みの続きです。
メインの通りにある噴水と坂道と、面白い立体的な造りの広場。
白いパラソルの所はオープンレストランになってます。
レストランの下の2つ並んだアーチの中は、小さいプールの様なものがあって、おそらく昔
の馬の水飲み場だったよう。
ニースからバスで1時間という立地が、4世紀近く経ってもこの村を昔のままの姿で保って
くれたのでしょうね。
当然列車の線路は来ていません。
プロヴァンスにはこういう村が結構あって、移動はバスを乗り継ぐかレンタカーになります。
10数年前にレンタカーを借りて、バスも通ってない田舎町を巡ったことがあったけど、慣れ
ない左ハンドルで怖い目に何回かあって、それきり運転はしていません。

今は重たいスーツケースをゴロゴロ引きながら、バスでのんびり巡ってます。
その方が気は楽です。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-06-23 09:08 | 旅が大好き☆

フランスの優しさ

b0076967_06293798.jpg
Niceからバスに乗って1時間、St-Paul(サンポール)という村に行きました。
16~17世紀の建物がそのまま残った、人口3500人の小さな村です。
美しい街並み・・・、全てがこの写真のような造りです。
ガイドブックの紹介文は「中世の街並みと現在美術の村」とのことでした。
好きで何年か前にも行ったことがあるんだけど、正直その頃の方が好きかな・・・?
趣のある石造りの建物が沢山アートショップになっていて、街の雰囲気に違和感が・・・。
でもこの日はアーティストの集まりがあるようで、広場が人々で溢れていました。
皆んな個性的で、活き活きとした魅力的な笑顔。
この村でアートを探究することに価値があるんだろうな・・・。

フランスからスマホでブログ更新してた後半は、本当のことだけど面白おかしく
フランスの大雑把やマイペースさを書いたけど・・・。
こんな話しも付け足しておきたいと思います。
旅の間フランス好き友達のMさんとマメにLineしてたのだけど、彼女に聞いた話しです。
彼女がフランス語習得のため留学していた頃の話しだそうです・・・
他の町に移動するため駅の切符売り場に並んでいたけど、やはり7人前の女性が駅員と
話し込んでいて、なかなか順番が回って来ず。
列車の時間が迫ってハラハラ・・・。
「私時間がないんです!」と誰ともなしに大きな声を出したら、間の6人全員がさっと
どいて、「お先にどうぞ」と言ってくれたそう。
こんな親切なことを当たり前のようにしてくれる。
他の国ではなかなかあり得ないのでは・・・?
フランスの大らかさ、優しさ、素晴らしさ・・・です。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-06-21 09:23 | 旅が大好き☆

パリで買った可愛いナイフ

b0076967_21004109.jpeg

b0076967_21012145.jpeg

無事シャルルドゴール空港のネットに繋がりました。
前に一度繋げたことがあったせいか、「再接続しますか?」と
日本語で出て、そこをタップしたらあっと言う間に繋がって驚き!

だけど立ち直れないぐらいショックなことがあって・・。
寝込みそうです。
手荷物に入れていたこちらで買った食器類。
その中に可愛い柄のナイフ3本も、柄が陶器だったので念の為こちらに。
だけど手荷物検査で全部取り上げられちゃった!
あああぁ〜! 私がアホだった・・。
今時常識なのに・・。
頼んでもダメで。

暫くして検査がたて混んで来たので、そ〜と向こう側に回って、まだ
カウンターの向こうに置いてあったナイフをサッと掴んで逃げようと
したけど、ガシャガシャと音がして見つかっちゃった。
二人がかりで怒られて、他の乗客に「エッ〜!」て顔で見られて、
あえなく撃沈!
もうちょっとだったのに・・。
最後の最後に、ショックだわ・・。

写真はこちらのマルシェの様子。
朝起きると、昨日までの遊歩道がマルシェ会場になっていました。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-06-16 20:59 | 旅が大好き☆

サンジェルマンのセルジュの家

b0076967_01185887.jpeg

b0076967_01193913.jpeg

b0076967_01203532.jpeg

フランス滞在最終日の今日は、サンジェルマン界隈を歩いて来ました。
ロマネスク様式のサンジェルマン・デ・プレ教会が目を引く、おしゃれ
な地域です。
カフェ・ビエノワを飲みながら一休みした時の写真をアップ。
このクリームたっぷりが美味しくて大好き。
どちらかと言うと実は、パリの人達を入れた写真を撮りたかったの。
そして行って来ました。
セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンが一緒に暮らしていた家に。
教会からは歩いて6〜 7分の所。
こんな近くに住んでいたなんて。
噂通り壁には彼らを描いた絵や、セルジュを偲ぶ言葉がいっぱい。
亡くなって20年以上経ったそうです。
だけど今も沢山の人に愛されているのね・・。
建物は今は何かに利用されているようで、女性が出入りしていました。

明日は帰国です。
空港でWi-Fi接続がうまく行くようだったら、待ち時間にまたフランス
最後のブログをアップしますね。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-06-16 01:18 | 旅が大好き☆

フランスの当たり前にイライライラ

b0076967_04211219.jpeg

b0076967_04214340.jpeg

パリ北駅から列車で30分、シャンティイへ行ってきました。
シャンティイ城と競馬場があるので有名な町です。
列車の時間に合わせて、駅前から無料バスが出ると言うことだった
けど、お昼休みなのかどこにもバスはありません。
仕方なく歩いたけど片道45分、結構遠かった。
城の中は絢爛豪華で興味は無いので、庭の方を歩きました。
イギリスのチューダー様式の建物が集まった集落のような所があって、
緑の中に建物が何件も並び、散策するのにとても良い所。
建物の1つがレストランになっていて、そこで食べたタルティーヌ
(オープンサンド)の写真も 1枚。
広大な庭を3時間ぐらい歩いて結構疲れたけど、川が流れていたり
緑の豊かな素敵な所です。
帰りもバスの姿はどこにもなく、やはり45分歩いて駅まで。
さすがに1日に22,000歩は疲れた・・。
駅に着くとタイミング良く、20分後に列車が出ると言う表示があり、
切符売り場に並んだけど・・。
切符を買うおばさんと販売員の人が何やら話していて、全然順番が
まわって来ない。
2つある窓口のもう一つも似たような感じで、何を話しているのか
1人5〜6分はかかっています。
さっきのおばさんの方は既に10分以上は経っていて、販売員と2人
で笑ったり、全然終わる気配はありません。
列車の時間になっちゃうので、この時点でかなりイライラ。
私の後にもすでに6人ぐらい並んで、みんな困った様子。
だけどこれってフランスの日常、どこでもいつもこれに近い感じ。
列車の時間があったので、さすがに今日はイライラがピーク。
おばさんに後から蹴りを入れてやろうかと思った。
だけどさすがにそれは我慢して、終わった時日本語で「長いよ!」
言っただけ。
おばさんは不思議そうにこちらを見て、行っちゃった。
フランス語の「長いよ」が分からなかったので、これが精一杯。

近い所は販売機で買うようになっているのかな・・?
行きは販売機で買えたんだけど、帰りは英語表記にならなくて、
分からないフランス語が画面にいっぱい出てちょっと無理だった・・


[PR]
by jasminetea-m | 2018-06-15 04:20 | 旅が大好き☆

モンマルトル散策

b0076967_18040482.jpeg

b0076967_18042963.jpeg

b0076967_18052174.jpeg

さっき移動して、同じパリなんだけど他のホテルに来ました。
ここのWi-Fi環境はとても良くて、ブログもまた再開できます。
良かった、ほっとした、嬉しい〜!

パリでは二ヶ所のホテルに5泊づつします。
モンマルトルのホテルをチェックアウトする時、「日本に帰るの?」
と聞かれ、タクシーを呼ぶ都合で行き先を言わなければいけなくて、
「他のホテルに行く」と言ったらガッカリして、「ここは良いホテル
じゃなかった?」と言われてしまいました。
「違うの、いろいろなホテルに泊まってみたいの、ごめんなさい」
と言うと、納得してニッコリしてくれました。
何だか・・、人情味があってこういうのって嬉しい・・。
冷たく見える時もある白人特有の顔も、ニッコリしてくれると本当に
優しそうで・・。
1人旅で大変なこともあって、疲れる時があるけど本当にこんな時
嬉しいです。

写真は昨日歩いたモンマルトル界隈。
サクレクール寺院の前はいつも観光客でごった返しています。
白い銅像は実は人間。
時々動いて人を驚かせたり笑わせたり。
シトロエンが 3台並んでお客さん待ちをしていました。
乗せてくれてモンマルトルの街を回ってくれます。
昔のデザインってなんでこんなに素朴なのに美しいんだろう・・。
物も人も地球も、これ以上悪いほうに向かわなければ良いけど。
最後の写真はモンマルトルの坂道の階段を利用してできたカフェ。
注文を取るのもお会計もいくら待っても来ないので、隣のフランス人の
おばちゃんと一緒に笑っちゃった。
大体どこのカフェでも凄いマイペースなんだけど、ここは本当に
超一流に凄かったです。
だけど喰い逃げする人は誰もいなくて、みんな店員さんを店内まで
探しに行っていました。
チーズケーキがとても美味しかったです。


[PR]
by jasminetea-m | 2018-06-11 18:03 | 旅が大好き☆